掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Top Index

2014年08月03日
処理の開始、終了、異常のログを取る(NLog)
VB.NET+VB2010+.NET4

NLogというライブラリを使用してロギングを実装します。
といっても、NLogがかなりいい感じでやってくれますので、

'1. NLogに処理開始ログを出力
'2. メインの処理
'3. NLogに処理完了ログを出力

ぐらいで終わる話です。
さすがにこのまま実装するの味気ないので、
拡張メソッドで処理の前後に自動的にロギング機能を差し込みます。

わざわざ拡張メソッドにした理由はこんな感じ。
・既存のコードの変更点は少な目(デリゲートにするだけ)
・新規にコーディングするにしても、特に気を付ける点なし
・ログ設定をNLogとその設定ファイルに任せるため、ソースコードの改変は不要。
 使い回しがしやすい。

余談ですが、log4netではなくNLogを使用している理由に深い意味はありません。
「NLogの方がNuGetで取れるから」ぐらいなもんです。
導入が楽なのはいい。


ポイントは「NLog.config」の28-30行目。
クラス名をフィルタすることで、今回追加した拡張メソッド専用の設定をしています。

メモ:ErrorLevel
Trace -> Debug -> Info -> Warn -> Error -> Fatal
[ 投稿者:mk3008 at 16:21 | VB.NET | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.44/a02480/0000446870.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.44/archives/0000446870.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら