掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Top Index

2014年08月31日
SQLを書くときはString派?StringBuilder派?それとも…
VB2010+.NET3.5以上

VBからDBを操作しようとした場合、何かしらの方法でSQL文(文字列)を記述する必要があります。

その方法は3種類ほど考えられまして、
1. String型を使う
2. StringBuilder型を使う
3. リソースファイル化する
が一般的だと思うのですが、
なんと第4の方法「XMLリテラル」があったのです。びっくり。

元ネタはこちら
Mutliline String Literals in VB.NET
http://www.codeproject.com/Articles/292152/Mutliline-String-Literals-in-VB-NET
ではXMLリテラルを使ったコードを見てみましょう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 02:53 | VB.NET | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年08月16日
WebAPIを使ってBacklogの課題、コメントを取得する
VB.NET+VB2010+.NET4

課題管理ツールBacklog(http://www.backlog.jp)の情報を
WebAPIを使ってVB.NETから取得してみたいと思います。

BacklogのWebAPIの仕様はこちらで公開されています。
http://developer.nulab-inc.com/ja/docs/backlog/api/2/get-space

事前準備


Backlogのヘルプ「APIの設定(事前準備)」を参照し、APIKey文字列を取得しておいてください。
これがないと始まりません。

以下、サンプルコードの抜粋と説明。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 22:16 | VB.NET | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年08月15日
動的SQL文(2way-SQL)パーサーを作る
VB.NET+VB2010+.NET4

2way-SQLってなに?って方はぐぐってください(説明放棄)

で、本題。
2way-SQLはAND、OR条件が複雑なデータ検索処理を簡単に実装することができる素敵なSQLなのですが、
.NETのパーサー(2Way-SQLを解析するプログラム)ってのが単独で存在するのかしないのかよくわかりません。
Seasar2や、DBFluteの機能の一部に存在するのは知っていますが、
パーサーだけ提供されているか不明。
というわけでIDbCommandを吐くところまでしか行わない(O/Rマッピングなどはしない)、
手軽にどのプロジェクトにでもぶち込めるパーサーを作ります。

以下構文とか、ソースコードとか。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 21:49 | VB.NET | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2014年08月14日
StringBuilderに区切り文字を追加する拡張メソッド
大したコードではないです。個人的によく使うのではっときます。

StringBuilderが空かどうかを判断して、空でない場合は区切り文字を追加します。
ちなみにLengthプロパティの値評価は高速です(StringBuilderのLengthプロパティは遅いか?速いか?

使用例

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 21:58 | VB.NET | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2014年08月10日
Magick.NETでPDFのサムネイル画像を作る
VB.NET+VB2010+.NET4


PDFのサムネイル画像を作ろうといろいろネットを探してみて、
Magick.NET(codeplex)というライブラリがあることを見つけました。
サンプルコードもあるし、まぁ楽勝だろうと思っていたら「環境構築」で嵌ってしまいましたので、
メモ書きしておきます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 15:59 | VB.NET | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年08月03日
処理の開始、終了、異常のログを取る(NLog)
VB.NET+VB2010+.NET4

NLogというライブラリを使用してロギングを実装します。
といっても、NLogがかなりいい感じでやってくれますので、

'1. NLogに処理開始ログを出力
'2. メインの処理
'3. NLogに処理完了ログを出力

ぐらいで終わる話です。
さすがにこのまま実装するの味気ないので、
拡張メソッドで処理の前後に自動的にロギング機能を差し込みます。

わざわざ拡張メソッドにした理由はこんな感じ。
・既存のコードの変更点は少な目(デリゲートにするだけ)
・新規にコーディングするにしても、特に気を付ける点なし
・ログ設定をNLogとその設定ファイルに任せるため、ソースコードの改変は不要。
 使い回しがしやすい。

余談ですが、log4netではなくNLogを使用している理由に深い意味はありません。
「NLogの方がNuGetで取れるから」ぐらいなもんです。
導入が楽なのはいい。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 16:21 | VB.NET | コメント(0) | トラックバック(0) ]