掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Top Index

2014年04月13日
MConfigをNuGetで公開しました
mconfig

MConfig NuGet

https://www.nuget.org/packages/MConfig/

作業方法については前回の記事を参照してもらうとして、
注意点や感想などを書いておきます。

・NuGetにアップロードされたファイルは取り消すことはできない
アップロードした後に間違いに気づいても取り消すことができません。
(バージョンをインクリメントして改定するしかない)
ですので、こちらのサイトを参考にし、
ローカルでテストすることを強くお勧めします。

・ローカルでテストするときの注意点
NuGetからインストールするとpackagesにキャッシュが残るので、再テストするときはこれを削除すること。

・インストール時何か処理を行いたい場合
/toolsに「Install.ps1」ファイルを配置して、そこに処理を記述する。
サンプルは以下参照。
(キャッシュを削除し忘れたり、定数値を探りながらやったので結構時がかかった。)
出力ディレクトリにコピー 'Copy To Output Directory'
1:常にコピーする     Always
2:新しい場合はコピーする Copy if newer
3:コピーしない      Never
ビルドアクション     'Build Action' to 'Content'
0:なし          None
1:コンパイル       Compile
2:コンテンツ       Content
3:埋め込まれたリソース  Embedded Resource
ビルドアクションはもっと種類がありますが、
有名どころさえ押さえとけばよいでしょう。

・.NET Frameworkのバージョンごとにバイナリファイルを用意するのが結構面倒
スクリプトなりマクロか何か作ったほうがいいかもしれない。
ちなみにわたしのVS2010Proではなぜかマクロが動作しなかった(壊れてる?)ので手作業。

・配布は面倒だが再利用性は抜群
DLLの参照設定などは大した手間ではないですが、
自動化で組み込まれるのはとても気持ちがいい。
ファイルサーバーで動作させることもできるので、
一般公開を前提としない社内フレームワークの配布にも使えそうです。

・依存関係も自動で補完
MConfigに依存関係はないので設定の仕方は確認していませんが、これも便利な機能です。
どこかで使ってみたいですね。
※ORMのKairyuは「MConfig」に依存させる予定。
[ 投稿者:mk3008 at 19:52 | フリーウェア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

DLLをNuGetで公開しよう
リンク集です。

MSDN
NuGet でプロジェクト ライブラリを管理する

qiita.com
プロジェクトをNugetパッケージにして公開する

しばやん雑記
NuGet パッケージを作って公開する

Do Design Space
NuGet パッケージを作成して公開する

蒼の王座・裏口
Nugetがより快適になるNuget Package explorer

neue cc
NuGetパッケージの作り方、或いはXmlエディタとしてのVisual Studio

TFC
NuGetパッケージを企業内、チーム内だけで配布する方法・・・を超早でまとめ

@IT
特集:.NET開発の新標準「NuGet」入門(後編)
NuGetをさらに便利に使う方法とパッケージの公開


qiitaがわかりやすいですかね。
@ITは入門編っていうタイトルから読んでなかったですが副題がそれっぽいので後で読んでおこう。

付け加えるなら、
NuGetにパッケージをアップする前にいNuGet Package Explorerを使って、
パッケージファイルを見てみるといいでしょう。

詳しいことはわかりませんが、NuGet Package Explorerでないと
ライセンスのリンクが付けられなかったり、
複数の.netバージョンのサポートができなかったり
するような気がします。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 00:51 | VS.NET Tips | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年04月12日
MConfig ver1.0 リリース
VS2010+.NET4
https://mconfig.codeplex.com/
Codeplexに「MConfig」プロジェクトを作って、ソースを公開しましたのでご紹介。

はじめに

システムで用いる定数は「開発(for develop)」、「本番(for release)」などの実行環境に合わせて、変更することが多くあります。
これは「ソースコードをコメントアウトする」などのような力技で実現は可能ですが、保守面では
・切り替えるべき定数が把握しづらい
・定数が複数ある場合、切り替え漏れが起きやすい
などの問題があり、要らぬトラブルを招くことになります。
これを解決するために「MConfig」を開発しました。

仕様

・環境(開発、本番など)を定義し、環境別に定数を定義できます。
・実行時に、どの環境を使用するかを定義できます。
・環境を動的に変えることはできません。
・定数名や個数に制限はありません。

app.config設定例



なんとなくわかると思いますが、
develop用の定数群と、release用の定数群がそれぞれ定義され、
execution要素で使用する環境を明示しています。

環境の切り替えでコードの変更が必要なのは変わりありませんが、
グループ化されているので1行(というか1単語)書き換えるだけで済みます。

使い方

参照設定などはソースコードに含まれるサンプルを見ていただくとして、
要点だけ記載ます。

これだけ。
戻り値はアプリケーションファイルの設定次第です。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 17:06 | フリーウェア | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2014年04月06日
ファイルをドロップしてパスを取得する(WPF+MVVM)
filedrop

VS2010+.NET4


参考:KatsuYuzuのブログ - ファイルのドラッグ&ドロップをビヘイビアーで。
http://katsuyuzu.hatenablog.jp/entry/20111219/1324313500

このサイトに解説付きで載ってます。
大変参考になりました。
んで改造してこんな感じにしてみました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 15:29 | WPF | コメント(0) | トラックバック(0) ]

GitGistでブログにソースコードを表示しよう
Syntaxhighlighterがいいと思ってたけどCSS使えないブログでは使えない。

それでソースコードの整形貼り付けは面倒だからやらなくなったんですが、GitGistなら簡単にやれることが判明!

参照:YoheiM.NET - 世の中のWeb情報に、体験と意見を添えて発信します
[git] gitのソースコードをブログで綺麗に表示するために、GitGistを使ってみる

参照元にも記載がありますが、GitHubで公開してあるソースでなくてもOK。
というかGitGist内にテキストボックスがあるので、そこにソースコードを貼り付けたら終わり。
なんという手軽さ…

愛用したいと思います。
[ 投稿者:mk3008 at 13:34 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Git VisualStudio用無視ファイル設定
.git/info/excludeに以下の内容を突っ込んでおけばOK
https://github.com/github/gitignore/blob/master/VisualStudio.gitignore

[ 投稿者:mk3008 at 13:20 | VS.NET Tips | コメント(0) | トラックバック(0) ]