掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Top Index

2008年10月03日
ユーザーコントロールにスマートタグを追加する
コントロールをすばやく編集するのに便利な「スマートタグ」を独自実装を試してみたいと思います。

MSDNにとても参考になるページがあるのでまずはこちらを見てみましょう。

  MSDN Windowsフォームコンポーネントにスマートタグを追加する。
  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms171830.aspx

MSDNを見ると、実装手順は以下のようになっています。

1. System.Design.dll を参照設定に加える。(忘れずに・・・)
2. スマートタグに表示される名称とそのロジックを定義したクラス(ColorLabelActionList)を作る。
3. スマートタグ用のデザイナクラス(ColorLabelDesigner)を作り、[2]のクラスをアクションリストに追加する。
4. ユーザーコントロールのデザイナに[3]のクラスをセットする。

スマートタグを実装するには少なくとも2クラスが必要のようです。

ではコレを元に、汎用性の高そうなデータソースを編集するためのスマートタグ(上述の工程でいうところの[2]と[3]のクラス)を作ってみます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 00:22 | コントロールTips | コメント(0) | トラックバック(0) ]