掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Top Index

2008年09月14日
C#のソースコードをVB.NETに変換する(逆も可)
C#のソースコードが読めない/読みづらいVB.NETプログラマ、
または、VB.NETのソースコードが読めない/読みづらいC#プログラマの方に朗報です。

C#/VB.NETのソースコードをVB.NET/C#に変換するWebサイトがあります。
※今まではローカルで動作するものならありましたが、Web上でできるので、お手軽です。

DEVELOPER fusion Convert C# to VB.NET
http://labs.developerfusion.co.uk/convert/csharp-to-vb.aspx

変換したコードが100%コンパイルを通るかはわかりませんが、ソースコードからロジックを読み解くのには十分使えます。
[ 投稿者:mk3008 at 18:08 | IT News | コメント(0) | トラックバック(0) ]

.NETで編集画面を効率よく作成する方法-カスタマイズ編
(VisualStudio2008 Standard Edition にて検証)

前回はデータソースからUIを自動生成する方法について説明しました。
今回はデータソースから任意のUIを出力する方法について説明したいと思います。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 17:59 | フォームTips | コメント(0) | トラックバック(0) ]

.NETで編集画面を効率よく作成する方法
(VisualStudio2008 Standard Editionにて検証)

編集画面といえば、一般的に以下の作業が必要とされます。

ⅰ.各項目ごとの見出し用コントロールと、編集用コントロールの配置
 (具体的にいうとラベルと、テキストボックスやチェックボックスなど)
ⅱ.「ⅰ」で作成したコントロールと、編集用のクラスとのバインド
ⅲ.編集用クラスのIO処理。
ⅳ.その他(コントロールのアクセス制限など)

このうち、「ⅰ」、「ⅱ」については、「データソース」、「データソース構成ウィザード」を用いることで、その作業のほとんどを自動化できます。
※データソースは、データベースを使わないアプリケーションでも利用できます。

では、データソースの作り方から順にやっていきましょう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:mk3008 at 17:20 | フォームTips | コメント(0) | トラックバック(1) ]