掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Top Index

2008年08月30日
カスタムクラスをDataGridViewに表示する
一度にたくさんのデータを表示させたい場合に、DataGirdViewが使われますが、
DataGirdViewのサンプルは主にデータベースを用いたもの(DataSet、DataTableを用いたもの)が多く、
独自のクラス(カスタムクラス)の表示方法を解説するページはあまりないなぁ
なんて思っていたらMicrosoftのサイトにドンピシャな情報がありました(TT

カスタム データ バインド
http://www.microsoft.com/japan/msdn/columns/winforms/winforms11162004.aspx

カスタム データ バインド (第 2 部)
http://www.microsoft.com/japan/msdn/columns/winforms/winforms02182005.aspx

簡単にいうと、
クラス定義さえ作っておけば、
そのクラスをDataGridViewに表示するためのコードを自動生成
してくれるというのです。

恐ろしいほど簡単にできますので、詳細手順についてはぜひリンク先を見てください。

ちなみに、この記事は2005年の記事でVS2005がまだベータの頃の話だそうです・・・
こんな機能を今まで知らなかったなんて損してたなぁ・・・
[ 投稿者:mk3008 at 22:08 | VS.NET Tips | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2008年08月02日
AttributeORM ver0.4.0 リリース
O/Rマッピングフレームワークをver0.4.0に更新しました。

が、別段大きな変更点はありません。
どっちかというとGenerator(ソースコード自動生成ツール)が大きく更新されています。

( 自動生成するユーザーコントロールのまとまりがでかすぎたので、
( 利用しやすいよう細かくしました。

興味がある方は左のメニューから「AttributeORM」をクリックして、ダウンロードサイトへどうぞ。

今後の展開・・・
  Objectを閲覧するためのビューアー。
  VisualStudioアドイン化。
  GeneratorのModel構造の見直し。
  テーブル定義書のXML化。
とか考えてます。


※2013/2/4追記
現在AttributeORMの公開は終了いたしました。ごめんなさい。
代わりにKiaryuというO/RMを公開しておりますので、よろしければこちらを見てください。
http://kairyu.codeplex.com/
[ 投稿者:mk3008 at 17:24 | フリーウェア | コメント(0) | トラックバック(0) ]