掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年06月15日
香龍会参加記
昨日は、久しぶりに香龍会に参加して来ました。
前回の参加がいつだったのかはにわかにはわかりかねます。
先日の記事にも書きましたが、今回は若手詰将棋作家を会合デビューさせるのが主目的でした。
その若手詰将棋作家(以下D君とする)は今春からこちらの大学に通っています。そして彼が解答選手権松本会場に参加したとき、終了後に少しだけ話をしました。
その後、私の方からいろいろアプローチして今回会合デビューの運びとなりました。

D君とは、6時に待ち合わせをして、私の車に乗って一路名古屋へ。
車中では、詰将棋を始めたきっかけだとか、普段は詰将棋に関してどういう活動をしているかとか、時々、指将棋の話も交えつつ、事情聴取をしました。
名古屋に着いたのは9時半頃で、ひとまず東海団体リーグの会場に行きました。そこで将棋を2局指して(内容は割愛)香龍会の会場へ向かいましたが、13時開始だとばかり思い込んでいて、電車に乗ってから詰パラの会合案内を見たら14時と書いてあってびっくりしました。会場の最寄りの池下には12時半くらいに着いてしまったので、のんびりと昼食を食べながら、二人で神無一族の氾濫の問題を考えたりして、時間を見計らって会場に向かいました。

今回の会場のルブラ王山に着いたのは13時40分くらいで、誰か来ていないかと注意してみてみたら、凡骨生さんらしき人が座っていました。近付いてみると詰パラを手に持っていらっしゃったので、凡骨生さんだと確信して声をかけました。しばらく凡骨生さんとお話をしていると、中京詰将棋界の御大が登場。その後、香龍会常連の皆さんが続々と登場されました。

凡骨生さんに、今回はどこか部屋を取ってあるのか聞いたら、取ってないということだったので、どこで会合をするのかと思っていたら、2階にある休憩コーナーみたいなところで全国大会の打ち合わせが始まりました。ここなら利用料金を払わなくても会合ができる?(笑)
打ち合わせが始まってすぐに、詰パラに載せるレポートの担当に指名されました。レポートは昨年も書いているので、即答でOKしました。昨年はアクシデントでレポートの仕事が回ってきたので大変でしたが、今回はしっかり取材をして書くことができるので、前回よりは楽な仕事だと思います。
以下、アトラクションのこととか、一人一言のこと、懇親会のことなどが話し合われました。一人一言については、長時間しゃべる人がいて時間が押すから、という理由で、今回はやめましょう、という意見が出ましたが、私が、これ(一人一言)だけが楽しみで全国大会に来ている人もいるからやるべきだ、と強硬に主張したら、あっさり折れてくれました。
最後に、全国大会で使用する部屋チェックをして、一次会は終了。

二次会は名古屋駅に移動して、松坂屋の7階レストラン街の北浜で会食。常連の方に聞いたら、これが最近の定跡手順なんだそうです。
二次会は、ほぼ御大の一人舞台でした。アルコールが入ったせいなのか、どんどんと口が滑らかになっていっていました。御大といえば、難解な作品を作り込むというイメージですが、御大いわく、今年からは気楽に創作に取り組むようにした、とのことで、なんでも1月から1日1作・月20作(ときどき休みが入る)を目標に作っていて、今までに100作強の詰将棋を作ったそうです。御年73だそうですが、このバイタリティはすごい!
最後になってD君が創作ノートを出したら、世話人のI氏が「なぜそれをもっと早く出さない?」と言ったのが印象的でした。まあ、たしかにその通りなんですけど、今回はイレギュラーな進行で出すタイミングがわかりにくかった部分もあるので、仕方がないところです。

名古屋駅で皆さんと別れて帰路に就きました。
帰りの車の中では、会合デビューの感想とか、全国大会はどうするかとか、時々、東海団体リーグの反省も交えつつ、ずっとしゃべってました。往復で計8時間くらい運転していましたが、ずっと詰将棋や将棋の話をしていたので、精神的な疲労感を感じなくてよかったです。一人で長時間の運転は辛いものがあるので、誘ってよかったです。
次回の香龍会は全国大会の前の週の7月12日ですが、私は多分行かないと思います。いかんせん、松本から名古屋は遠い(笑)。全国大会に関しての私の役割は当日以降のことなので、12日は行かなくても大丈夫という判断もあります。
[ 投稿者:雲虚空 at 21:48 | 詰将棋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
お疲れさまでした
遠方からの参加ご苦労さまでした。
大会当日は、よろしくお願いいたします。
投稿者: 凡骨生 at 2009-06-16 15:45:20
無題
>凡骨生さん

お世話になりました。
当日はレポートの取材のほかにも、皆さんのサポートをしていきたいと思います。
凡骨生さんは大役が控えていて大変だと思いますが、よい大会になることを期待しています。
投稿者: 雲虚空 at 2009-06-16 20:12:09

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.11/a05378/0000285607.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.11/archives/0000285607.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら