2019年09月24日
大平宿に行ってきました
右に見える八ヶ岳。

image0001



左に見える南アルプス。

image0002

あぁぁぁぁあ! 南アルプス、超じゃま!

こいつのおかげで、かなり遠回りしなくてはなりません。

まぁ、そうは言っても、高速道路を作ってどこでもチョチョイのチョイで行ける様になると味気ない気もします。

つまり、秘境は秘境で残しておいてほしいと言うわがままなリクエストです。

なので、一般道で3本ぐらい山越えルートを造ってほしい。





そんな話はいいとして、ネットで見つけた大平の写真です。

image0003

N○Kさんが、昭和45年(大平宿廃村直後)に撮った物らしいです。


場所は、飯田峠頂上から10mぐらい大平宿寄りと言うことで、現在の道標を撮影してきました。

在りました。

image0004

側面に明治32〜38年に行われた回収のことも刻まれているようなのですが、こけがひどくて判別不可能でした。

旧道と明治に作られた新道(?)の接点はココだけのようですが、ここから飯田市側の旧道は崖崩れでかなり寸断されており、松川ダム上流にある「旧道入り口」にでるのは不可能なようです。

逆にここから大平宿に向かう旧道は健在のようですが・・・

image0005

↑草に覆われこの時期は歩けませんね。

歩くなら雪解け直後がいいかもしれません。

ちなみに新道より旧道のほうが、かなり近道です。

ではなぜ遠回りの新道を作ったのか・・・

・・・車(車と言っても当時は荷車がメイン)を通すために新道を作ったそうです。




そんな歴史にふれつつの釣りですが、

・・・・・釣れません(-_-;;

このごろ毎回そんなこと言っているような気もしますが、囲炉裏端宴会がメインなのでまあいいか


かろうじて釣れたイワナ

image0006

↑こいつのおかげで幻の3位に滑り込んだようです。


image0007


囲炉裏で焼くと何でも美味しくなる気がします。

image0008


今回の参加者は7名ですが、山師君は前半、matsuと千葉支部さんは後半なので、ちょっと寂しい感じもします。
image0009



貴重な大平塾の建物がかなり傷んできています。

今回泊まった「からまつ屋」も雨漏りがありました。

アルスのオッチャンが管理していたときの方が、こまめに手を入れてくれていたような気がするのは私だけでしょうか・・・

image0010

[ 投稿者:matsu at 18:18 | Fishing | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
お疲れ様でした!
お互い、釣り足らないと思うので、近いうちにうらたん行きましょう!
投稿者: 千葉支部 at 2019-09-29 14:06:13
千葉支部さん>
行きましょう行きましょう!
実は、今週、行っちゃおうか悩んでました。
投稿者: matsu at 2019-09-30 12:27:15

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/a05770/0000583903.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/archives/0000583903.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら