2018年04月22日
赤ガス派
20年近く放置していたColman 508A スポーツスター

image0000

ジェネレータが詰まり、点火しなくなった後、ジェネレータをあーでもない、こーでもない、といじくり回し点火はするようになったものの炎が安定しなくなった一品です。

当時ジェネレーターを買おうと思ったら6千円オーバーだったのでそのまま放置。

あっさり見切りをつけ、ガスボンベのストーブを買ってしまったのでした。



久しぶりにネットでジェネレータを検索してみたら、安いじゃん!

ってことでポチっと・・・

image0001

んで、単に復活させるのもなんなんで、赤ガス(無鉛レギュラーガソリン)対応にしてみようと

まぁ、533用のジェネレータを買っただけなんですけどね。

税込み2980円

昔、高かった記憶があるから、ヤケに安く感じます。



ポンプカップもスカスカだったので購入。




image0002

あっという間に交換完了!

まっすぐなジェネレータって気持ちいい



いざ点火!
燃料は残っていた20年前の白ガス(ホワイトガソリン)。

image0003

すぐに安定!

image0004

当たり前ちゃぁ 当たり前なんだけど、20年ぶりの復活はうれしい!



んで、古いスカスカポンプカップがね、とてもゴムには思えないほど硬化してまるでプラスチック!

image0005


とりあえず、堅くなっただけでヒビ割れはないので、ラバースプレーかけてキープすることにしました。
(スプレーの説明によると保護だけでなく硬化したゴムの回復にも使えるとかかれてます)
image0008

二日経過した現在、若干柔らかくなった気がします。
もう少し経過観察してみます。






ついでなのでこいつもメンテ

image0009

最近登場の機会はめっきり無くなりましたが、かなり使ったランタンです。
こいつは、ただの一度も白ガスを入れたことがありません。
感謝しつつ今後も赤ガスを使うのは確定です。


白ガスを使ってもガスボンベモデルよりかなりランニングコストは安くなるようですが、赤ガスならさらに安いわけで・・・

アンレデッドモデルのジェネレータがいつまで持つか分かりませんが、2980円なら元は取れると思われます。(白ガス高すぎ)

さぁ、早く使いたい!
[ 投稿者:matsu at 16:13 | アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/a00822/0000550904.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/archives/0000550904.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら