2017年05月07日
777kmの旅(その2)
今回の777kmの旅の全容についてザックリとふれます。って言うか、次回のための忘備録的に書いてますので真面目に読まなくていいです。

毎年2回(春と秋)、長野県飯田の大平宿にある古民家を借りて渓流釣りと囲炉裏宴会をしていますが、今回の旅行もその一環。大平に行くついでに下栗の里を見てみたいと前々から思っていたのですが、時間の有り余っている今実行しなくてどうする・・・と思ったわけです。
とは言え、黄金週間などと言われ高速道路の渋滞多発のこの時期、お金払って渋滞につかまりイライラしたりトイレ行きたくて困ったりするのもいかがなものか(-_-;;

ならば、一般道で行くべし!

幸い愛車の車中泊改造も完了しているし渡りにハイエース(渡りに船ネ)。
と言うことになった次第です。

しかし、一般道だって渋滞しないわけではないので、コース選定は入念に実施しました・・・が、matsuと異なる価値観で勝手にリルートするナビのおかげで結構最初の予定とズレました(^^;; 結果的に往路は八割方峠道。エスティマより車幅も狭く小回りも利くハイエースですが、硬いサスとホールドの悪いシートのせいでかなり疲れました。


昨年は中山道を中心にコースを組みましたが、やはりそれなりに渋滞に巻き込まれたので、今回は秩父経由・・・・・・・のはずが、ナビのおかげでそのちょっと北にある神流湖経由になりました。秩父と神流湖、距離的にはすごく近いのですが、通る道は大違い。神流湖側はかなりのワインディングロードを走ることになります。まぁ、景色的には素晴らしかったですが・・・


img001

img002

昼飯はクマと差し向い
天ざる頂きました。
img007

img008

神流湖を抜けた後は、流れとして武州街道に入らざるを得ません。舗装こそしてありますがかなりの山道。十石峠を越えて佐久穂へ

img009

佐久穂町からのR141でホッとしたのもつかの間、メルヘン街道へ突入。ロマンチックな名称とは裏腹にこれまたかなりの峠道。標高2000m超の麦草峠では道路の両脇に雪が積み上げられた状態でした。

img011

メルヘン街道伝いに茅野へ、そして間髪入れず杖突峠へ・・・もうヘトヘトです。

ここまで来たら分抗峠、地蔵峠を経由してもよかったのですが、さすがにアホナビも伊那経由のコース(R153)を選びました(たぶん市街地道路に渋滞がなかったんですね)。

飯田を経由して下栗の里へ。ここもかなりの峠道です。下栗の里のふもとにある上村に着いたのは20時頃。もう天空の里に沈む夕日は望めない時間となってしまいましたので、和田にあるかぐらの湯

かぐらの湯は道の駅と温泉が合体した感じで、温泉の営業は21時まで。ぎりぎりセーフです(;^_^A お湯はサラッとした感じでややぬるめ。じっくり長湯するのにはいいのですが、入浴中に営業終了の案内放送が・・・

img012

翌朝6時起床。体中が痛い(特に背中が筋肉痛です)。ハイエースバンのサスは固い。そしてホイルベースは短い。つまり、運転中に前後に揺さぶられることが非常に多いです。後ろに振られたときはシートに身をあずけられますが、前に振られたときはハンドルと自らの背筋で体を支えることになります。たぶんそのための背筋痛です。


その後、自販機コーナーの写真を撮り、下栗の里へ向かいました。
詳細は777kmの旅(その1)

img016

img017

img018



下栗の里で美しい景色に感嘆した後、飯田市内に戻り大平街道へ
松川ダムを超えたあたりに林道入り口があり、その林道をのぼると松川入部落集団移転の碑、高校山岳部遭難慰霊碑なんかがあるとネットで見つけたので、ちょっと寄り道してみました。


石碑のわきから入渓できそうなのでウェーダーもはかずかるく2、3投。幸先よく2尾釣れました。(こののちに出会う釣り人は「今日はおかしい」「まったく釣れない」と言うのですが、matsuの仲間はみんなよく釣れました。お参りしたからかな!?)

img020

img021




んで、ようやく大平宿到着! なんと片道27時間もかかってしまった(^^;;
まぁ、目的地に一直線じゃなくて、寄り道しながら道中を楽しむ旅行もいいものです。
大平宿での釣り&宴会は、また後程UPしようと思います。
img022

[ 投稿者:matsu at 17:46 | Fishing | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/a05770/0000530794.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/archives/0000530794.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら