2017年04月26日
ぶらり江戸散歩
退職してから健康のため、なるべく歩くようにしているのですが、地元をブラブラするのにも飽きてしまった今日この頃です。

なので、日曜日は上野、浅草、合羽橋、秋葉原の周囲をブラブラしています(日曜日休止しているコインパーキングを拠点にして歩いてるわけです)。


んで、今週の日曜(23日)は、ココ↓

00

この写真を見てピンと来た人はかなり通!

実はこの石垣、吉原遊郭の名残。
吉原をぐるりと取り囲んでいた堀(通称:おはぐろドブ)の一部です。現在、堀の名残はここにしか残っていないそうです。


01

堀のところで1mほどの高低差がありますが、高い方が盛り土をして造成された遊郭側。matsuが今写真撮ってるポジションは、おはぐろドブの中と言うことになります。



↓これは吉原大門にある見返り柳。
03

吉原で遊んだ人は、名残惜しくてこの場所で振り返ったのが由来。現在の柳は何代目かの子孫だと思いますが・・・



見返り柳の石碑(日差しが強かったせいで石碑の文字が見えないねぇ)
04




大門から吉原のメインストリートへ向かう道はS字カーブとなっていますが、これも昔の名残。江戸幕府公認とは言え容易に中を覗き込めないように道をカーブさせたのだとか。

05






それでは遊郭突入です!
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
とは言っても当時の建物が残っているわけでもなく、現代のアダルトなお店が軒を連ねているだけなので写真はありません。

日曜日の午前十時頃だったのですが、3軒ほど「やってますよ〜。遊んでいきませんかぁ〜」と声をかけられました。男一人で歩いているとそんな声をかけられる街です(笑)。





吉原遊郭の一番奥、鷲神社(おおとりじんじゃ)に近い側に吉原弁才天があったので寄ってみました。
06
何処の神社もそうですが、壮健にかかわった方の名前が石柱に彫り込まれています。
んで、名前の肩書に○○楼と書かれているのは女郎屋さん・・・って、ほとんどその肩書です。



弁天さん、カラフルだねぇ
07


賽銭箱もカラフル。
当時の遊郭も、こんなショッキングピンクの世界だったんだろうか
08


史跡というには残存物の少ない気もしますが、当時の男と女に思いを馳せながら良い散歩ができたかな・・・
[ 投稿者:matsu at 17:35 | Local | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/a05769/0000530147.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/archives/0000530147.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら