2016年11月14日
エンジン付きプレハブ倉庫:がやってきた
と言ってももう1っか月弱立ちますが、あらためて新しい相棒の紹介です。


image0000
HIACE S-GL 標準ボディー4WD 5人乗り
いわゆる200系4型というやつです。

ディーゼルエンジンです。
アイドリングはガラガラガラガラガラ・・・
走り出すとジャー・・・
座席の下にエンジンがあるのでよく響きます。
エスティマハイブリッドより防音性が低くにぎやかです。
雨音もよく響きます。天井の内張の中にフェルトが貼ってあるのは確認しましたが、なぜこんなによく聞こえるのだろう? 車中泊の際、雨音でおこされることになりそうです。

出力は
144PS/3400r.p.m.
30kgfm/1200-3200r.p.m.

初めてのディーゼル車なんですが、こういうものなんですねぇ
最大トルク1200-3200r.p.m.  つまり、ちょっとアクセル踏めばいきなり最大トルクです。街乗りで結構きびきび走ります。
そしてエスティマハイブリッドが苦手としていた「上り坂での加速」も頼もしいほどにグイグイ行きます。

matsuは長いことCVTのエスハイに乗っていたため、アクセルワークが非常に乱暴です。信号が青になったらいきなりドーンと踏んで、あとは惰性で走る癖がついてます(この走り方でもブレーキを無駄に踏まなければエスハイの燃費は落ちませんでした)。

このアクセルワークはディーゼルハイエースには全く不向き…直さねばと思っていたんですが、下に書いたクルーズコントローラーのスロットルコントロールのおかげで補正できてます。



足回りは「最大積載量1000kg」の商用車。ガチガチです。リヤサス(板バネ)がひどいと聞いていましたが、フロントもどうして、なかなかです(^^;;
ちょっとした段差でドリンクフォルダーの飲み物が踊ります。
車高が高いので、カーブの時はこの位固い足回りの方が安心と言えば安心かも

そうそう、車高というか運転席が高い位置にあるとスピード感覚がかなり違います。具体的にはスピード出しすぎちゃいます。
それと、ハンドルがやけに右側についてます。エスハイと車内幅は変わらないと思うのですが、右ひじをドアや窓によくぶつけました。1か月もたつのでさすがに慣れてきましたが、いまだ右腕の所在が落ち着きません。一列3人掛けのグレードがあるんで、ハンドルは普通より右にオフセットされてるんですね。


そんなこんなでトラックみたいなイメージですが、意外に駐車場での取り回しは楽です。エスハイより小回りが利くような気がします。ステアリングの切れ角が違うんだろうか?(内輪差はそれなりにあるので注意は必要ですが)

燃費は長距離で11km/l カタログ通りですね。
街乗りは計測できてません(停車していろいろいじってる時間が長いので)。




ここからは少しいじった部分のお話です。

↓これはエスハイから使っているNexus7フォルダー。オーディオインタフェースは接触悪いんで取っ払い、充電端子だけ生きてます。
image0001

今度のナビはブルーテゥース内臓です。なので、Nexus7の音楽が再生できます。純正ナビの中では最低ランクの機種なんですが、思いの外まともな音がします。携帯電話ともブルーテゥースでつながり、ハンズフリーとかできるみたい(やってないけど)。
image0002


オプションで付けたステアリングスイッチでNexus7も制御できます。
image0003



ですが、いただけません。


何がというと、


ドリンクフォルダーの位置

image0004

助手席はともかく運転席からナビが見えないわけではないんですが、先にも書いたようにドリンクフォルダーの中で飲み物が踊るようなサスペンションです。ナビの画面に飲み物のしぶきが飛び放題です。
何か対策しなくては・・・・



えーっと、これが後付けしたスロコン付クルコンです。
image0005
pivot 3drive α
これイイです。今どきの車のように先行車に追尾したりできないですが、スロットル制御が素晴らしい。SETボタン押した瞬間にピタ!と定速走行。当たり前と言えば当たり前なんですが、エスハイの純正クルコンは、コンマ何秒かのタイムラグがあり、上り坂では3,4kmスピードダウンしてから必要以上の加速をすることが多々あったんですが、こいつはピタッと落ち着きます。
それからスロコンも思っていた以上です。アクセルの踏み方曲線(?)、電子回路でいう所のボリュームのカーブを変えるというだけなんで、エンジン自体の最大パワーを変えてるわけではないんですが、車の性格がガラッと変わります。選べるカーブは12種類(ノーマルを入れて13種類)。エスハイで出足乱暴な癖の付いたmatsuはエコ側レベル3で、いい感じです。





エスハイで使っていた、くたびれたシートカバーをとりあえずそのまま使ってます。
image0006

実はこのシートカバーの下に、これまたエスハイから使っていた電気敷毛布を仕込んであります。

image0007

寒い日はいい感じです。っていうか、毛布を最高温度にして冬でも窓開けて走ることがよくあります(意味わからんと思いますが、意外に快適爽快です)。





ハイエースの特徴は、なんといっても広いことですが、使いやすくするためには、それなりに手を入れないといけません。

まず手始めに、ロッドフォルダーを作成しました。と言うのも、既成のロッドフォルダーが付かないんです。2列目までが室内で、それより後ろは荷室の扱いなんで、窓上のグリップがないんですね。結構面倒(-_-;
天井の内張を止めてるファスナーを4個ばかり抜き取り、そこにアンカーナットを埋め込み、あとは木工とアルミアングル加工で・・・

結果こんな感じになりました。

image0008


竿を並べるとこんな感じ。スペース的には20本ぐらい行けそうですが、重量的にちょっと心配。まぁ15本乗ればmatsuとしては十分なんでOK
image0009



上に畳むとこんな感じ

image0010

当然リールが揺れますが、思ったほどリール同士のぶつかりは無いようです。上に畳んだとき上側からもスポンジで押さえれば万全なんですか、そこまでしなくてもいいかな。


とりあえず現状はこんな感じです。
エスハイから下ろした荷物を全部積み込めるのはいつになるやら(^^;

[ 投稿者:matsu at 18:21 | くるま | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
ついにブログアップですね。
定期的にハイエース・ネタを載せて下さい。
ハイエースをいじると開店が遅くなるジレンマがありそうで・・・。
投稿者: K@京都 at 2016-11-15 13:19:10
K@京都さん>
そうなんです。ハイエースをいじっていると内装工事が全く進みません(^^;;
エスティマから下ろした荷物が店舗スペースを占領しているので、とりあえずもう少しハイエースをいじらないとと思ってます。
投稿者: matsu at 2016-11-16 07:52:10

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/a05772/0000518570.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.04/archives/0000518570.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら