2016年04月06日
High carbon spinning
普段、手巻きタバコを愛用しているmatsuですが、紙の節約と巻く手間を惜しんで、自宅では煙管(キセル)も結構愛用してます。



何年ものだかわからない愛用の煙管。
image001

最近・・・というか、かなり長いこと掃除をサボり、通りが悪くなってたので、「いい加減掃除しないとなぁ・・・」と着手しました。

プロの煙管掃除屋さんは蒸気を通してから紙縒り(コヨリ)で掃除するんですが、面倒くさいので、いつも細く引き裂いたティッシュで紙縒りを作って掃除してます。

んで、今回も・・・・・「あれ紙縒りが反対側から出てこない?」

よせばいいのに竹ヒゴでプッシュしました。

「んんん、出ない!」
「んんんんん、デ・ナ・イィ・・」
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
「ピシッ!」


見事に縦に割れてしまいました。

image002

えぇぇぇ、どうしたものか?

接着剤?
テープで巻く?


ふと目に入ったのは折れたスピニングロッドの残骸。



バットの部分を切ったら太さバッチリ!


んで、高感度カーボンチューブ煙管が完成しました。

image003

火口がかなり熱くなるんですが、今のところ大丈夫なようです。

折れたロッドも、捨てずにとっておくものだなぁ
[ 投稿者:matsu at 20:14 | 嗜好品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年03月06日
仕入れ完了
葉っぱ、10パック
巻紙、50パック

image01

これで2ヶ月はもつかな



退職後もそれほど喫煙本数に変化はないものの、巻く面倒臭ささが倍増した気がするのはなぜでしょう?

もっと面倒臭いことが山ほどあったから、相対的にこんなの些細な手間だったんでしょう・・・たぶん。
image00

いずれにしても止める気はないですが(^^;
[ 投稿者:matsu at 23:19 | 嗜好品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年10月05日
よく質問されるので

手巻きタバコって安いの?
1パックで何本巻けるの?

なんて質問が多いので巻いてみました。

matsuの好きな銘柄は1パック40g入りで820円(現在1000円)

巻紙は100枚210円でフィルターは自家製!?

スリムタイプでフィルター長めにしてあるので、普通の人よりかなり沢山巻けるはず。

simage100

結果は131本。
一本あたりの単価は巻紙代を入れて7円26銭。
値上がり換算の単価は8円63銭。

20本で173円ぐらいと考えるかなり安い!

それにしても疲れた・・・一気に巻くと大変。
早く一服しようっと
[ 投稿者:matsu at 12:32 | 嗜好品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年09月30日
あすから
明日から下期です。
上期の結果も報告できていないのに
   ・
   ・
   ・
そんなことは、さておき
↓なんでしょう
a001








実は手巻きタバコのストックです。
a002



もちろん原材料のストックも

a003


ちょっと節約した気になってしまうのは間違いで、これを消化してしまった後に出費がかさむんだよね(-_-;;;
[ 投稿者:matsu at 22:35 | 嗜好品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年02月14日
アイテム増加中
image001

元来凝り性なたちです。

特に嗜好品には弱いです。

とは言え本数的には今までの半分以下になってます。

さてと、明日の分を巻いておこうっと
[ 投稿者:matsu at 21:54 | 嗜好品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年02月09日
ジャグタバコはじめました
ジャグタバコって知ってますか?

いわゆる手巻きタバコのことです。

アニメか映画で主人公が一仕事終わった後にクルクル巻いて、最後に紙の端をさっとなめてタバコを作るシーンを見た覚えがあります。

ちゅーこって、今まで実物を見たことはなかったのですが、「手巻きタバコ」でググッてみたら動画を含め結構いろんな記事がヒットしました。

「あのクルクルやる道具、なんか面白そう!」

調べてみたら値段もそう高くなさそう(原理を知ってしまうと高い気もする)

んじゃネットでポチッと・・・あれ、送料手数料が高いじゃん!

結局、店に出向くことにしました。


んで、買ってきたのがコレ

image100




店のおじさんに「初心者なんですけど」と言ったらコレが出てきました。

もっといろいろ教えてほしかったんだけど、よく言えば商売っ気がない、やや無愛想な対応。


右はタバコの葉っぱ(50g)

真ん中上はローリングマシーン

真ん中下は巻紙(50枚)タバコの葉っぱに付いてたサービス品

左の黄色いパッケージはフィルター(150個)

合計2千円弱


見よう見真似で作った第一本目がコレ

image101



以外にまともにできた。
(実はこの後に作ったのは失敗だらけ。たまたま上手くできたらしい)

普通サイズに見えますが、スリムサイズのフィルターを使っている都合上、普通のタバコより一回り小さいです。

早速一服・・・

image102



おぉ、いい香り!

普段すってるタバコってなんだったんだ!?

喜びと感動で一気に20本ぐらい巻いてみたら失敗の連続(笑)

ギュッと巻きすぎると、強烈な吸引力を必要とし

かといってやわらかく巻きすぎると、へなへなのタバコができあがり、フィルターが抜け落ちる。

もう少し練習が必要だなぁ・・・・


スリムサイズで巻いているせいもあり、単価はかなり安く上がりそう。

50gで880円の葉っぱで100本程度作れるのではないかと思う。

紙の追加購入とフィルターを入れても10円/本ぐらいかな。


世間は禁煙ブームですが、当分やめられないなぁ
[ 投稿者:matsu at 08:41 | 嗜好品 | コメント(6) | トラックバック(0) ]