2017年04月30日
matsuより年上
本日は約150Km走って、こいつを受け取ってきました。

img002

日比野時計製作所製の機械式振り子時計。動力はゼンマイです。
たぶん昭和二十年代後半の製造だと思われます。(裏に貼られたラベルが朽ちかけてるのでよくわかりません)
外装はそれなりにダメージを受けていますが、時計屋さんで整備をしてくださったとのことで動きは保証付き。






意外に小さいです。

img001

そして装飾も控えめと言うか、シンプルな長方形。
この手の時計は、それなりに飾りがついているのが魅力の一つなのかもしれませんが、matsu母が「趣味の押し花を飾りたい」とのことなので、主役を食わないようにシンプルなものを選びました。




イメージとしては、こんな感じ

img003

バランスを見るために適当に掛けた押し花なので、季節も色合いもめちゃめちゃですが(^^;


横向きの額はもっと大きくてもいいような気がする・・・


脇役のために主役を変更!?
なかなか名脇役のプロデュースは難しいなぁ
[ 投稿者:matsu at 21:17 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月21日
古城の窓気分で
客席隅にある水道。
元作業場だった名残です。

img001

潰すのも面倒だし、作業中の現在は、それなりに重宝してるのですが、なんか不自然。

水道の上には鏡があったんですが、亡き親父殿が何も考えず石膏ボードに木ネジ止め。震災の時よく落ちなかったなぁ・・・と言う状態だったので撤去しました。

んで、その鏡がコレ

img002

もう、裏の蒸着がはがれかかってます。
たぶんmatsu家が江戸川区に引っ越してきた時のものなので、50年以上の年代物です。

長い間見慣れてるせいか、水道の上に鏡と言うのは、なかなか良いアイディアのような気もするし、何もない現在は違和感を覚えます。ちゅーこって、あらためて鏡を設置することにしました。

とは言え、そのまま付けるのもなんだし、縁の汚い部分をカバーしながら雰囲気出せないかと・・・







んで、こうなりました。

img003

石積みに見えるでしょうか?
見えたとしても、周囲と浮いてるな(笑)
まぁ、前よりはいいや


作り方
①発泡スチロールの板に下書きして、その線を半田ゴテでなぞり(コテを微妙に揺らすのがみそ)溝を付けます。
②離れたところから油性ラッカースプレーを極薄く吹きます(これで表面が軽石風に荒れます)。
③あとは「発泡スチロールOk」と書いてあるペイントスプレーで好みの色に塗ります。
以上。

って、誰も真似しないよね(^^;
[ 投稿者:matsu at 18:08 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月18日
大事なチャンネルが・・・
テレビを壁に取り付けました。

img001

なんとも愛想のないスチールレール(アングル)が2本走っておりますが、これで設置高さを自由に変えられます。

いや、金を出せば上下移動できる取り付け金具を売っていることは知ってます。でも見た目はコレとどっこいどっこいじゃないかなぁ・・・。立派なパイプが床から天井まで走る分、これより目立つかもしれません。

んで、何で上下移動させようと考えたかと言うと、
お店でお誕生日会とかやってもらえるなら、大きなフォトフレームのように写真とか写してあげられる。あるいは仕事の打ち合わせで使ってもらえれば、PCの画面を映せますよ的な利用方法が頭に浮かんだからでした。(実際にそんな客がどれほどいるか甚だ疑問ですが(^^;



んで、一番下げたところ。

img002


利用シーンは浮かびませんが、一番上げたところ。
img003


施工は超簡単だったんですが、アンテナ感度に振り回され二日がかりでした。

一応、ウチの各部屋にはアンテナ線のコンセント(?)が各部屋についているのですが、店舗スペースにはそれがなく、近い部屋から引こうとするには無理のある距離なんです。なのでブースターの入った室内アンテナ(アクティブアンテナ)にしたのですが、どうしてもテレビ東京と東京MXが入りづらい。

いや、正確にいうと最初動作試験をしたときは、まったく問題なかったんです。室内アンテナを何処にどの角度におこうがバリバリ高感度でした。それが、なぜか壁に設置したとたんテレビ東京と東京MXが映らなくなってしまいました。

室内アンテナの向きや高さをいろいろ変えてみましたが、よい結果は得られず。挙句の果てにアンテナを落として物理的に破損してしまいました(両面テープで補修しました(^^;)

試験の時と同じケーブルで接続してますが、引き回しが影響しているのかもと束ねた線をほどいたり、電源線だけ別にしたり、いろいろやってみましたが、これもよい結果が得られず(-_-;;

んで、あきらめて片付けに入ったとき
????あれ?何で映ってるの???

原因はPC!?

実はPCをHDMIに繋いでいたのですが、そのPCの電源を落としたら復活しました・・・・・なんで?
(当然、PCを再度起動すると映らなくなります)


27,000円のテレビに馬鹿にされた気分です。
あぁ、もうなんだか分からないけどもういいや

ちなみにテレビ東京は釣り番組やるから大事です。
そして東京MXはデータ放送の交通情報が大事です。
[ 投稿者:matsu at 21:19 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月10日
テーブル・・・・・作ってしまった
以前、ベンチの記事で「今後はできるだけ既製品を購入しようと思います。」とか書いた気がしますが、テーブル作ってしまいました。

だって、ベンチを中途半端なサイズで作ってしまったために、それに合うサイズのテーブルっていいのがないんだもん。


物はコレ。
img001

いたってシンプル。
昔はテーブルの下にちょったした棚があるものが多かったんですが、今は棚のないものが主流。お客さんの忘れ物対策の一環です。
つまり天板に脚を付ければ完成。そんな単純なものなら作ってしまえ!と言うことになった次第です。

んで、作ってみたら・・・本当に簡単だった。

あまり厚くない板だったんで、足裏のアジャスター付けがちょっと苦戦したけど、それでも簡単だったなぁ





ベンチが4つなので、当然テーブルは2卓作りました。

img002

60㎝×3100㎝×25㎜の集成材が6,500円。
天板2枚と脚がこの材でそろってしまいました。
塗料とアジャスター入れて、2卓で約1万円。

ちなみに直線的なデザインは手抜きではありませんよ。
このごろのmatsuはカチンとしたデザインがマイブーム。面取りも必要最低限に心がけているところです。
2台のテープルをくっつけて置いたときに継ぎ目が目立たないところもいいところです。

まぁ、トリマー持ってないし、やろうと思っても凝ったことはできないんですけどね(^^;
[ 投稿者:matsu at 22:09 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月05日
ベンチ
ベンチ作りました。昭和レトロな直角ベンチです。

img000

そう、車のベッドと同じ生地です。
車のベッドが、意外といい感じだったんで再度採用してみました。


横幅は中途半端な125㎝(^^;
子供連れならともかく、大人三人にはちょっときつい。
店のスペースの都合でこうなりました。
まぁ、二人+手荷物ぐらいのサイズなので良しとしましょう。


それにしても、想定よりかなり固い(-_-;;
車の時より2倍厚のチップウレタンを入れたのになぜだろう?
まぁ、応接間のソファーのように沈み込むのもなんだし、会議室のパイプ椅子のように愛想がなくてもイマイチだし、個人的には、この固さ好きです。





中には、いろいろガラクタが入ります(これが狙いの一つだったりします)。
img001



これを4脚(?)作りました。

img002

クッション貼りも座面と背もたれ合わせて8枚も貼ると流石に疲れます。だんだん作業も上達するかと思いきや、最後の方は適当になってきて・・・・・・性格が出ますね(笑)

実は店舗用にこの手のベンチは販売されているんですが、一脚3万円もしやがるです。
今回の材料費は4脚で51,000円(間違って大目に買ってしまった分を除くと44,000円)。出来栄えはともかく、望んだサイズと機能(物入れ機能)を実現できたうえに1脚1万円なら大満足です。

・・・・が、今後はできるだけ既製品を購入しようと思います。
だって時間がかかりすぎですよね(^^;。
[ 投稿者:matsu at 21:48 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月02日
お疲れ様
相当、酷使してきたサンダー
img001
3500円ぐらいだったかなぁ
まぁ、matsuの使う道具は大体安物が多いです。
本当はね、プロ仕様の方が長持ちするし、作業が楽で仕上がりもよいことはわかってるんですけどね、いざという時に道具の心配をせずに無謀なチャレンジができる・・・・・邪道ですね(^^;

このサンダーもクレンザーかけながらアルミボートを磨いてみたり、かなり無茶なことをしてきました。

数年前にモータの軸止めが壊れ、モーターが空転する状態になったのですが、手近にあったワッシャとナットで応急処置後、息を吹き返し今日まで頑張ってくれました。


しかし、寄る年波には勝てず、ここのところ「回転がおかしいなぁ」と思っていたら、力をかけると停まるようになってしまいました。
コンタクトが摩耗したとか生易しいものではなくモータ軸受けがガバガバ(-_-;;
ついに引退の時が来たことを悟りました。





んで、ホームセンターに行ってみると

img002

2750円! えっ、3千円切ってるの!?
もちろん軸受にベアリングも入っていないであろう素人日曜大工仕様であることはわかってますが、即バイトしてしまいました。

12,000回転/分って、こんなに凄まじいの!?。
「シュィーン」音か違う。ジェット機のエンジンのような(言い過ぎ?)

耐久性はこれからですが、新品使用感はとっても快適。
たまには新しいものを使ってみるものだ。

[ 投稿者:matsu at 17:50 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月24日
エンドレスループに嵌ったような・・・
終わりません(^^;;;

4月開店を目指して2月ごろからかなり気合を入れて改装工事をしているのですが、次から次へとヤルことが出てきます。

保健所の審査、メニューの検討、料理の練習などを考えると、5月開店もほぼ無理。

夏の開店を目指すしかなさそうです。




なぜこんなに時間がかかるのか?

設計、調達、施工のすべてにおいて、ものすごい時間がかかってます(時間かかった割には完成度が低い)。

頭で考えるのと実際にやるのは違うってことなんだろうけど、それにしても時間かかりすぎのような気がします。

体力的なこともあるのかなぁ

最近すぐ肩や腰が痛くなったり、老眼がひどい日があったり・・・


まぁ、できないものは仕方ない。

できるまで頑張るしかないね。



img001
↑中学生時代から愛用しているカンナとノミ(本文との関連はありません)
[ 投稿者:matsu at 18:53 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]