2017年08月25日
あつい~~~
image001

今更ですが、屋外工事です。

本来ならもう開店しているはずでしたが、今頃になってこんなこと始めてしまいました。

実は、その道のプロが来てくれまして、色々アドバイスをいただき軌道修正しようと思ったわけです。

仕入のこと、営業スタイルのこと、メニューのこと・・・広範囲においてアドバイスいただいたんですが、造作物についての修正は自分的には一番簡単かと思ってしまったわけです。



んで、やってみたら、夏にやる作業じゃないねぇ

この間まで連続降雨日がどうだとか、割と涼しい日が続いていたのにmatsuが作業し始めるとこの暑さ!

晴れ男の異名も考え物です。

でも、開店しちゃったら、まとまった時間取れないだろうし、やるなら今かなと・・・

いつ開店できるのか、また分からなくなってしまいましたが、とりあえず前進あるのみです。
[ 投稿者:matsu at 11:46 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年07月18日
いただきました
kyoka

やっと営業許可をいただきました。

さぁ、開店だ!・・・と言いたいところですが、まだまだやることがあるのです。
と言うか、厨房とトイレが完成しているので、客席はほぼ完成状態で審査を受けられるとのことだったんで、そのようにしましたが、

「ほぼ完成」≠「完成」なのです。

審査中に入り口のガラス戸を曇りガラスから通しガラスに変えましたが、まだまだツメが甘いと言うか、できれば何とかしたい箇所があります。(どこまでやって妥協するかは不明ですが・・・)

それにまだ看板がないので、見た目は一般の民家です(笑)。



そう!、料理の練習をしなくては!
んで、作れそうなものを選んでメニューを決め、食器を調達・・・・先は相当長いかもしれません。

サラリーマン ⇒ 大工さん ⇒ 料理人
第二工程から第三工程に突入です。


それと、税務署にもちょっと話を聞きに行かなくてはならないかな・・・
[ 投稿者:matsu at 10:25 | DIY | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2017年07月04日
今さらぁ!?・・・ですか(-_-;;;
改装工事もあと少し!
と思っていたのですが、保健所に数度目の相談に行ったら・・・

「客席側と厨房の区切りを冷蔵庫でなさってるんですよねぇ。」
「冷蔵庫の下とか脇に隙間ありますよねぇ」
「害獣(ネズミのこと)とかありますから壁をね・・・」

えっ! 今さらですか!?
冷蔵庫は130kgもあるんですよ。
それを移動して壁を作れと!
冷蔵庫周りを埋めたところで、すぐ隣にフラッパ扉ですよ。ネズミなんかはいり放題(!?)で意味ないじゃん。

img002

今まで何度も図面見せてきたのに、この期に及んで基本構造に変更ですか!?

冷蔵庫搬入の際は床に冷蔵庫の足位置までマーキングして5㎜と誤差なく配置してもらったのに・・・





まぁ、指摘されてしまったのでしょうがない。
もうやっつけ仕事です。

img001

なるべく冷蔵庫を動かさなくていいようにペラッペラの壁らしきものを作りました(高さ1m弱)。

img003

この写真をもって再度保健所へ
「低い」とか、またいちゃもん付けられるかなぁと思ったら、あっさりOK。

「厨房側と10cmぐらいの段差があるとのことだったんで大丈夫かなと思ったんですが、こうなってた方が安心ですよね」だって。
いやぁ・・・そこは大丈夫と思い込んでほしかった。matsuは未だにフラッパ扉の下はなぜ良いのかわけわかりません。


そんなこんなで、来週検査を受けることになりました。
受からなければ修正して再度検査すればいいのですが、1回1万8千円かかるんだよなぁ・・・・・できれば一度でパスしたい。
[ 投稿者:matsu at 21:42 | DIY | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年05月30日
冷凍冷蔵庫導入
いやぁ〜、悩みました。冷蔵庫の選定。

閑古鳥が鳴くような喫茶店にどの程度の大きさがいるのか。

小さくていいのか?

そうは言っても、冷凍食材中心にしなくては、材料を結構捨てることになりそうだし、基本一人だから仕入れの回数も減らしたい。

大は小を兼ねる?

いやいや電気代もばかにならないよなぁ

あれ?
薄型(奥行き65㎝)でも厚型(奥行き80㎝)でも電気代変わらないみたい。

あれ?
冷凍庫が広い方がなぜか電気代食わないのか?

まずメニューを考えるべきなんだろうか?
(一応チャレンジしましたが、メニューで冷蔵庫の大きさを決めるのは無理なことがわかりました)
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
いろいろ悩んだ挙句、えいやぁで買ってみなくちゃわからいと言う結論に至りました。






んで、これ買いました。
img001

幅120㎝、奥行き80㎝
左側の上下ともに冷凍庫
右側の上下は冷蔵庫

重量132㎏・・・ちょっともったいないけど、お金払って業者に搬入してもらいました。
132㎏だから4,5人来るかと思いきや、二人だけ。
特にムキムキマンでもなく普通の中肉中背って感じ。
手慣れた手つきでヒョイヒョイ搬入設置。
あっという間に排水パイプ繋いで水平取って完了。
コツと慣れがあれば132㎏も簡単なんですねぇ




img002

パナソニックです。って言うか旧SANYOです。
一応業務用では一番の省エネです。
周囲温度、ドアの開閉の頻度で実際の電気代は変わるのでよくわかりませんが、とりあえず三相に切り替える必要はなさそう(かえって電気代が高くなる)。




んで、今まで使っていた冷蔵庫をどうしよう・・・
img1001
傷だらけなのでリサイクルショップも引き取ってくれそうにないな・・・
[ 投稿者:matsu at 18:22 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月30日
matsuより年上
本日は約150Km走って、こいつを受け取ってきました。

img002

日比野時計製作所製の機械式振り子時計。動力はゼンマイです。
たぶん昭和二十年代後半の製造だと思われます。(裏に貼られたラベルが朽ちかけてるのでよくわかりません)
外装はそれなりにダメージを受けていますが、時計屋さんで整備をしてくださったとのことで動きは保証付き。






意外に小さいです。

img001

そして装飾も控えめと言うか、シンプルな長方形。
この手の時計は、それなりに飾りがついているのが魅力の一つなのかもしれませんが、matsu母が「趣味の押し花を飾りたい」とのことなので、主役を食わないようにシンプルなものを選びました。




イメージとしては、こんな感じ

img003

バランスを見るために適当に掛けた押し花なので、季節も色合いもめちゃめちゃですが(^^;


横向きの額はもっと大きくてもいいような気がする・・・


脇役のために主役を変更!?
なかなか名脇役のプロデュースは難しいなぁ
[ 投稿者:matsu at 21:17 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月21日
古城の窓気分で
客席隅にある水道。
元作業場だった名残です。

img001

潰すのも面倒だし、作業中の現在は、それなりに重宝してるのですが、なんか不自然。

水道の上には鏡があったんですが、亡き親父殿が何も考えず石膏ボードに木ネジ止め。震災の時よく落ちなかったなぁ・・・と言う状態だったので撤去しました。

んで、その鏡がコレ

img002

もう、裏の蒸着がはがれかかってます。
たぶんmatsu家が江戸川区に引っ越してきた時のものなので、50年以上の年代物です。

長い間見慣れてるせいか、水道の上に鏡と言うのは、なかなか良いアイディアのような気もするし、何もない現在は違和感を覚えます。ちゅーこって、あらためて鏡を設置することにしました。

とは言え、そのまま付けるのもなんだし、縁の汚い部分をカバーしながら雰囲気出せないかと・・・







んで、こうなりました。

img003

石積みに見えるでしょうか?
見えたとしても、周囲と浮いてるな(笑)
まぁ、前よりはいいや


作り方
①発泡スチロールの板に下書きして、その線を半田ゴテでなぞり(コテを微妙に揺らすのがみそ)溝を付けます。
②離れたところから油性ラッカースプレーを極薄く吹きます(これで表面が軽石風に荒れます)。
③あとは「発泡スチロールOk」と書いてあるペイントスプレーで好みの色に塗ります。
以上。

って、誰も真似しないよね(^^;
[ 投稿者:matsu at 18:08 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月18日
大事なチャンネルが・・・
テレビを壁に取り付けました。

img001

なんとも愛想のないスチールレール(アングル)が2本走っておりますが、これで設置高さを自由に変えられます。

いや、金を出せば上下移動できる取り付け金具を売っていることは知ってます。でも見た目はコレとどっこいどっこいじゃないかなぁ・・・。立派なパイプが床から天井まで走る分、これより目立つかもしれません。

んで、何で上下移動させようと考えたかと言うと、
お店でお誕生日会とかやってもらえるなら、大きなフォトフレームのように写真とか写してあげられる。あるいは仕事の打ち合わせで使ってもらえれば、PCの画面を映せますよ的な利用方法が頭に浮かんだからでした。(実際にそんな客がどれほどいるか甚だ疑問ですが(^^;



んで、一番下げたところ。

img002


利用シーンは浮かびませんが、一番上げたところ。
img003


施工は超簡単だったんですが、アンテナ感度に振り回され二日がかりでした。

一応、ウチの各部屋にはアンテナ線のコンセント(?)が各部屋についているのですが、店舗スペースにはそれがなく、近い部屋から引こうとするには無理のある距離なんです。なのでブースターの入った室内アンテナ(アクティブアンテナ)にしたのですが、どうしてもテレビ東京と東京MXが入りづらい。

いや、正確にいうと最初動作試験をしたときは、まったく問題なかったんです。室内アンテナを何処にどの角度におこうがバリバリ高感度でした。それが、なぜか壁に設置したとたんテレビ東京と東京MXが映らなくなってしまいました。

室内アンテナの向きや高さをいろいろ変えてみましたが、よい結果は得られず。挙句の果てにアンテナを落として物理的に破損してしまいました(両面テープで補修しました(^^;)

試験の時と同じケーブルで接続してますが、引き回しが影響しているのかもと束ねた線をほどいたり、電源線だけ別にしたり、いろいろやってみましたが、これもよい結果が得られず(-_-;;

んで、あきらめて片付けに入ったとき
????あれ?何で映ってるの???

原因はPC!?

実はPCをHDMIに繋いでいたのですが、そのPCの電源を落としたら復活しました・・・・・なんで?
(当然、PCを再度起動すると映らなくなります)


27,000円のテレビに馬鹿にされた気分です。
あぁ、もうなんだか分からないけどもういいや

ちなみにテレビ東京は釣り番組やるから大事です。
そして東京MXはデータ放送の交通情報が大事です。
[ 投稿者:matsu at 21:19 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]