2018年05月10日
危ない携行缶
元々はエンジンオイルの缶ですが、長らくキャンプに行くときのガソリン携行缶に使ってました(主にランタンの燃料用)。
image0000
もちろん、パーツクリーナーとアルコールできれいに洗浄してから使ってます。





久しぶりに見てビックリ!
缶の底が膨れあがってます。

image0002

新旧並べてみました。
かろうじて漏れてはいませんが、かなり危ない状況。

image0003

つーか、立ててみると真っ直ぐ立たないじゃん(-_-;;

image0004

ホームセンターとかで売ってるホワイトガソリンの角缶って、何かエア抜きの仕掛けがしてあるの?
四角い缶は、内圧の変化に弱いはずなのに???



それはそうとガソリンランタンやストーブって、使い終わったら燃料を抜いておくように言われてますが、今までやったことがありませんでした。
んで、今回から心をあらため、ガソリン抜いてみようと思ったら、抜いた燃料の行き場がないことに気づきました(スーパーカブもほぼ満タンだし)。


仕方ないので、客のいない時間をねらって賄いを作ったりしてます。
image0005
一昨日は飯盒でご飯炊いてみました(笑)

ガソリンストーブって燃費いいなぁ
[ 投稿者:matsu at 13:03 | アウトドア | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年05月07日
大平宿2018.5
まさに五月晴れの大平宿
image0001

今回は、他のメンバーとは一日遅れで参加しました。
ちょっと慌ただしかったかな
テキトー喫茶店ではあるけれど、一応サービス業なわけでGWに4連休するのはいかがなものか・・・
応援してくれている常連さんもいるわけで、その人たちに「その程度の気持ちなのか」と思われるのも気がかりでね。



そんな話はさておき、大平宿は江戸時代に山田屋新七と大蔵五平治が大平街道を通して作った宿場です。

んで、その山田屋新七の功績をたたえて宿場の入り口に当時の石碑(墓)があると言うことですが・・・・

当時の宿場の入り口は一番南側。諏訪神社側です。
と言うことは、宿場の入り口は八丁屋と言うことになります。

ちなみに今の大平街道は、荷車(木材搬出のため)を通すために明治になって一部変更されたものです。

んで八丁屋の隣に石碑があります・・・つーか、前からあるのは知ってたんですが、気に留めてませんでした(^^;



石碑は3つ。大きい物は背丈ほどあります。

image0002



見た目、一番古そうなのはコレ
image0003
残念ながら読みとり困難。
クリーニングしたい気に駆られましたが、タワシなどで掃除しても良い物なのか?



三界萬霊(すべての精霊の供養塔?) 諏訪神社に関連するのかも
image0004



漢字が難しくて読めませんが、どうもコレが山田屋新七の墓の様です。
image0005
左上に開発元祖と刻まれているのでほぼ間違いないかと思われます。

ちなみに山田屋は孫の代までこの地に暮らしたそうです。
(孫の名前が「新七郎」だっけ? なんだかそんな紛らわしい名前だったような気がします)


その後の大平の歴史も、失業中にちょこちょこ調べたのですが、ここでは割愛。記憶も曖昧になってきてるしね・・・(^^;;




私たちのグループで、大平の守人と言えば、故 羽場崎清人さん。飯田市内で、主に登山に関するスポーツ店(アルススポーツ)を営んでおり、通称「アルスのオヤジ」と呼んでいました。

そんな羽場崎さんの功績をたたえた石碑があるとネットで見つけたのですが、残念ながら見つけられませんでした。

↓ネットより拝借した羽場崎さんの石碑の写真。
image0006

ここに生きる!
まさにその通り。
いつまでも大平に居てくれている気がします。
[ 投稿者:matsu at 12:01 | アウトドア | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年04月22日
赤ガス派
20年近く放置していたColman 508A スポーツスター

image0000

ジェネレータが詰まり、点火しなくなった後、ジェネレータをあーでもない、こーでもない、といじくり回し点火はするようになったものの炎が安定しなくなった一品です。

当時ジェネレーターを買おうと思ったら6千円オーバーだったのでそのまま放置。

あっさり見切りをつけ、ガスボンベのストーブを買ってしまったのでした。



久しぶりにネットでジェネレータを検索してみたら、安いじゃん!

ってことでポチっと・・・

image0001

んで、単に復活させるのもなんなんで、赤ガス(無鉛レギュラーガソリン)対応にしてみようと

まぁ、533用のジェネレータを買っただけなんですけどね。

税込み2980円

昔、高かった記憶があるから、ヤケに安く感じます。



ポンプカップもスカスカだったので購入。




image0002

あっという間に交換完了!

まっすぐなジェネレータって気持ちいい



いざ点火!
燃料は残っていた20年前の白ガス(ホワイトガソリン)。

image0003

すぐに安定!

image0004

当たり前ちゃぁ 当たり前なんだけど、20年ぶりの復活はうれしい!



んで、古いスカスカポンプカップがね、とてもゴムには思えないほど硬化してまるでプラスチック!

image0005


とりあえず、堅くなっただけでヒビ割れはないので、ラバースプレーかけてキープすることにしました。
(スプレーの説明によると保護だけでなく硬化したゴムの回復にも使えるとかかれてます)
image0008

二日経過した現在、若干柔らかくなった気がします。
もう少し経過観察してみます。






ついでなのでこいつもメンテ

image0009

最近登場の機会はめっきり無くなりましたが、かなり使ったランタンです。
こいつは、ただの一度も白ガスを入れたことがありません。
感謝しつつ今後も赤ガスを使うのは確定です。


白ガスを使ってもガスボンベモデルよりかなりランニングコストは安くなるようですが、赤ガスならさらに安いわけで・・・

アンレデッドモデルのジェネレータがいつまで持つか分かりませんが、2980円なら元は取れると思われます。(白ガス高すぎ)

さぁ、早く使いたい!
[ 投稿者:matsu at 16:13 | アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月07日
タイムトライアル
頂いた高性能ケトルの性能を知るために沸騰するまでの時間比較をしてみました。

水の量は530ml。手持ちのデカ盛りカップ麺に「熱湯530mlをいれて・・・」と書いてあったので530mlで試験です。
image0001


対抗機は中篭を外したパーコレーター
火の強さは底からはみ出さない範囲で最大としました。
公平でない気もしますが、実践的設定かと・・・
image0002


結果
image0003

5分55秒 対 3分35秒
想像通り圧倒的勝利です(!?)。

3分のカップ麺ならパーコレーターの人がお湯を入れ始めて約30秒後にこちらは完成です!食べられます!(後入れスープを忘れてはいけない)

あぁ、早くアウトドアしたいなぁ
[ 投稿者:matsu at 13:29 | アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月05日
へやキャン?
image0001

店が暇なので、キャンプサイトやらをのぞいてたら、パーコレーターでコーヒー入れてみたくなりました。

パーコレーターは、ロートもフィルターも要らず、セットして火にかけるだけでコーヒーができる大変お手軽便利。

ですが、香りが飛びやすく、湯温度も調整できないので必ずしも美味しいコーヒーができるとは限らないのです(どちらかというとほぼできない)。

ただ、好きなだけコーヒーを巡回させられるので、ストロングなコーヒーが好きな人にはいいかも

んで、久しぶりにパーコレーターコーヒーを飲んでみたら・・・

思い出した、この味だ(-_-;;;

良い豆を使う必要は無い、というかもったいないネ


過去のキャンプを思い出すのにはいいかも
[ 投稿者:matsu at 14:36 | アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月04日
頂きました
matsuが「アウトドアで使う平たいヤカンがほしいなぁ」と言ったのを覚えていてくれて、千葉支部さんがわざわざ持ってきてくれました。


image0001
なんとアウトドアクッカー一式です。

image0002

大鍋、中鍋、フライパン、皿4枚、そしてヤカンです。
image0003


こいつが、欲しかったヤカンです。
image0004
この扁平型のヤカン。圧倒的に沸くのが早い。しかも、荷物としても嵩張らないので最高です。

実はホームセンターで見つけ買おうと思ったら結構いい値段していたので一端見送ったのですが、思い直して再度買いに行ったら、新商品になって価格が上がってしまったのでまた見送り・・・
・・・なんて話をしたら、千葉支部さんが「使ってないのあるからあげるよ」と気前よく寄付してくれたのでした。



ん!?
ヤカンの中に何か入ってる?

image0005


折りたたみオタマとしゃもじ!
image0006

これは、またありがたいっす。
オタマは忘れる物ランキングの常連さん。
ヤカンに入れときゃ忘れないねぇ〜♪
早く使いたいなぁ


一緒に頂いたワラビ餅も絶品!
写真撮るまもなく食べてしまいました(^^;;

千葉支部さん、ありがと〜!

[ 投稿者:matsu at 17:41 | アウトドア | コメント(6) | トラックバック(0) ]