2019年01月25日
一人飯盒の検討(その何回目か)
ご無沙汰です。久しぶりのUPです。

親戚で不幸があったり、確定申告と格闘したりで、あまりネタがありませんでした。

んで、今は落ち着いたのかというと、そうでもなく確定申告と継続格闘中です。

青色申告会に入ろうかなぁ・・・




そんな今日この頃ですが、長期ミッションである「一人飯盒の検討」のその後です。

この検討は休止していたわけではなく、日々を続けていたのですが、検討完了とまでは言えないので、経過報告です。





パーコレータでの炊爨はそれなりの成果を収めてはいるのですが、ご飯食べた後のコーヒータイムの間に洗い物が入るのがどうも行けません。

しかも、注ぎ口の内部を洗うのが結構面倒・・・個人的にはあまり気にしないけど。





そんな折、ダイソーでアルミの片手鍋を発見!

大きさ的には結構いい感じ

ダイソーでは、ちょっとお高めの150円(笑)

image0001

大きさは何種類かありましたが、一番小さい14cmの物を購入。

image0002

取手が曲がってる気がします・・・

image0003

とりあえず分解してみたら、溶接の段階で曲がってる!?

image0004

直すのはあきらめ元通りに組み付けることにします。

取手が長すぎるのも気に入らないので、追々改善しようと思います。



んで、このナベの弱点は、取手のほかにもう一つ

ピッタリの蓋がないんです。

なので、アルミ板を切って蓋を作ります。

image0005

引き出しに入っていた古い摘みを再利用。

さすがに塗装が剥げた摘みはみすぼらしいが、キャンプなら年季が入っていていいかも

image0006


んでは、炊飯開始!

image0007

炊きあがり!

image0008

結構いい感じです。

裾広がりのパーコレータより、うまく対流しているのかもしれません。

と言うことで炊きあがりは合格です。


んで、パーコレータで課題となっていた後片づけの課題ですが

image0009

こびり付きなし(いつまでもつか分かりませんが)

洗うとほぼ新品状態。

image0010

これは結構いい感じです。

     ・
     ・
     ・

と、このときは思ったのですが、20回ほど炊飯したらテフロン(?)が剥げてきました。

剥げた塗装は食べちゃってると思うと気がかりですが、「まぁ毒になるような物は使ってないだろう」と言うことで気にしないことにします。

と言うことで、邪魔な取手を何とかすれば、一応の解決になりそうです。
[ 投稿者:matsu at 14:10 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年10月31日
今日のパーコレータ炊爨
image0001

今日はソーセージご飯です。

写真は半分ほど食べてしまった後の物です。
(味見が終わらなくなって写真取り忘れました)

具は、シンプルにソーセージとブロッコリー。

味付けは、コンソメ。隠し味にウェイパァを少々。

洋食とも中華ともつかない味付けですが、結構旨かったです。
[ 投稿者:matsu at 13:48 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年10月25日
今日の賄い
image0001

ここのところパーコレータ炊爨に嵌っているmatsuです。

不思議と失敗しません。

終わった後、注ぎ口内部を洗うのに若干苦労しますけど(^^;



今日は、エリンギ、シメジ、エノキダケの炊き込みご飯です。

秋のキノコご飯です。

残念ながら松茸ははいってませんが、チョー旨いっす(自画自賛)。

味付けは、めんつゆと酒とごま油を少々。

めんつゆって便利だなぁ〜。出汁と味付けが一度にできて

お気に入りは、いわて醤油さんの「うまみつゆの素」。

少々甘めですが、出汁が強くて炊き込みご飯に最適。




あっ、先日拾ってきたギンナン入れれば良かったなぁ・・・
[ 投稿者:matsu at 11:22 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年10月11日
癖になる苦み
アケビの皮の部分は、あまり食べませんよね。

山形県では食べるというのを聞いてから、試しに食べたらやめられません。




アケビの皮を5mm厚ぐらいにスライスし、湯通しします。
image0001
苦みを抑えたい場合は、しっかり茹でます。



今回は豚肉と合わせ、味噌風味でいただきます。
image0002



やばいぐらい旨いっす。
image0003

[ 投稿者:matsu at 15:01 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年09月28日
久しぶりの薫製

久しぶりに薫製マシーン1号の出番です。

image0001

近所の弁当屋でもらってきた食用油の一斗缶で作りました。

もう20年ぐらいかな・・・

さすがに中の棚網は何回か換えてますが、頑張るよねぇ





んで、いきなり完成写真。

image0002

久しぶりの稼働だったせいか、薫製マシーンの内側についた煤がパラパラと剥がれ、薫製に張り付いてしまいました。

たまには掃除しないとダメかなぁ

「まぁ、毒ではないだろう」と言うことで、そのまま頂きました。

煤も気にならず、超旨かったです。
[ 投稿者:matsu at 08:46 | | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2017年10月14日
初アケビ
いただきました、アケビ!

img001

野池に釣りに行くと時々見かけてはいたのですが、藪の中だったり、木の高いところだったりで、今まで食べたことはありませんでした。

ほんのり甘いという話は聞いていたので兼がね食べたいと思っていたのですが、前述の通りかなりスリリングな場所にあることが多く、憧れにも似た諦めの境地で見ておりました。
(簡単に採れる場所は、すでに誰かが収穫してしまったのかも)




そんな折、K@京都さんがご自宅で育てたアケビを送ってくれたのでした。

K@京都さん、ありがとうございます。



中は半透明のゼリー状。種がたくさん入ってます。
img002

このゼリー状の部分をスプーン等でいただくわけですが、種はスイカの種のように吐き出します(数的にはメロンの種のように高密度で種が入ってます)。

でね、食べてみたら、かなり甘い!です。

個体差があるようで、いただいたものの中でも甘さにバラつきがありましたが、事前情報「ほんのり甘い」というより甘さは強い気がします。



でね、皮の部分ですが、千切りにして一度湯がいてから炒め、きんぴら風に味付けをしていただきましたが、これが旨い!

基本的に皮の部分は苦いのですが、ゴーヤに似た苦さで癖になります。

山形県民は中身は捨てて皮しか食べないなんて話を聞いたことがありますが、その気持ちよくわかりました。



K@京都さんから、アケビの苗もいただいているので、そのうち我が家でも収穫できるか楽しみです。
[ 投稿者:matsu at 16:11 | | コメント(4) | トラックバック(0) ]