2019年07月14日
ボート免許の更新に行ってきました
小型船舶免許の更新に行ってきました。

クルマの免許と違って船舶免許の更新は常設会場って無いんですよね。

ある程度の会場を巡回する形で更新セミナーが行われてるんで、日程と場所が自分の希望と合う日を探す必要があります。

火曜日しか休めないので結構余裕を見ないと逃してしまいます。

日程と会場が決まったら、申し込みをして、お金を振り込んで、写真を用意して、委任状を書いて・・・・結構面倒くさいです。

自動車免許のように「明日行こうっと」なんて思いつきでは行けないのです。


まぁ、そんな話はおいといて、今回は葛西の会場で更新セミナーを受けました。

更新セミナー自体は(大したおもしろみもなく)つつがなく終了。


葛西まで行ったついでに近くを散策してきました。


散策の候補は、(最近、はまっている)古地図で現在も残っている道を探しました。


妙見島から葛西にのびるこの道なんかいいじゃなかろうか

001


現在の地図でもほぼそのまま残ってます。

000

では出発!


なんと江戸川区お得意の親水公園になってました。

004

003

matsuはへそ曲がりなんで、こんな風に綺麗に整備されると萎えるんですよねぇ(-_-;;;

気を取り直して再出発。

ちなみにココにあった川(水路?)が整備されたのは、昭和44年頃のようです。


にしてもココの近辺は、社寺が多い!

005

アッチもコッチも、お寺と神社ばかりです。

006

しかも結構由緒正しい立派な感じです。

地図で確認してみると・・・

なるほど社寺ばかりだ!

007

途中で発見した青面金剛塔。

明和五子天とあるので1768年の作のようです。

008

青面金剛の庚申塔は、前回かハら道の時も見ているのですが、改めてよく見てみると、結構えぐいよねぇ

沢山の手に武器を持ち、首にはドクロの首飾り

腰にはショケラ(半裸女人)をぶら下げてます。

009

猿のような物を踏みつけてますが、これは邪鬼だそうです。

台座には三猿(見ざる言わざる聞かざる)。

010

力ずくで、病を追い払ってくれる力強い神様(?)なんで、こんな造形になるんですね。

ちなみに、人間の体内には三尸(サンシ)という虫がいて、60日に一度(陰陽道の庚申の日)、眠っている間に、その人間の罪悪を天帝に告げ口に行くそうです。(罪悪を告げられた人は寿命が縮まる)

なので、庚申の日は眠らずに夜を明かす風習があったそうです。

近々の庚申の日は7月22日・・・身に覚えのある方は寝ない方がいいですよ(笑)




話がそれましたが、江戸川に到達。

散策も終盤です。




三方を道路に囲まれてる三角敷地のお宅・・・と言うか、交差点の中にある一軒家って感じですが、落ち着かなかったり五月蠅かったりしないんでしょうか?

011


堤を上ると目の前に妙見島!

上流側
012

下流側
013

matsuはこの妙見島のニューポートマリン(現在はニューポート江戸川って言うのか)で船舶免許を取りました。

懐かしいなぁ・・・

ニューポート以外は工場ばかりで遊ぶ場所もないので、あれ以来行ってないけど、ニューポートの二階のレストランはいい雰囲気だったなぁ

ちなみにニューポートマリンは、戦時中に作られた造船所の跡地。

タモリ倶楽部で妙見島の特集をやったことがあって、今でもYouTubeで見られるようです。

興味のある方は「タモリ倶楽部 妙見島」で検索するとすぐ見つかります。

ニューポートの隣にある月島食品では、国内マーガリンの10%を製造しているそうです(2011当時)。

護岸ができるまでの妙見島は、上流が削れて下流に流石溜まり、「移動する島」と言われていたようです。

なんだか色々歴史がありそう。スゲーな妙見島。

機会があったら、久しぶりに島に渡ってみようかな
[ 投稿者:matsu at 13:10 | Local | コメント(0) | トラックバック(0) ]