2016年11月24日
ドリンクフォルダー問題解決(?)
どうにも納得いかないハイエースのドリンクフォルダーを新たに作りました。

image0001
ドリンクフォルダーというには大げさすぎ。

まぁ、こういった商品はすでにあるんですが、なんだかんだとわがままなmatsuですから、端材を使って作成しました。新たに購入したのは両サイドに貼ったレザーシート(68円均一で2枚購入)ぐらいかな。

ちなみにフォルダー部分を梯子にしたのは、単なる手抜きではなく(手抜きでもあるかな(^^;)、500mlの紙パックが入るようにしたかったので四角にしました。しかもmatsuは、2本ぐらい飲みかけの飲み物をキープする癖があるので、3本入るようにしました。



んで、足元に転がっていたAC100Vのインバーターを収納したついでに、助手席側にはコンセントをつけました。

image0002

そういえば増設シガーソケット、エスティマの前のレガシー時代から使ってたものだなぁ


運転席に仕込んだ電気毛布への100v供給は、コンソール下でつないでいるんですが、このコンセントの利用方法ひとつ決まってます。

image0003

消臭プラグ(!)
エスティマのときも使っていたのですが、これいいですよ
車用や部屋に置くタイプの芳香剤って、夏場の高温で一気に蒸発しちゃったりするじゃないですか。コンセントタイプは、車使ってるときだけ香ってくれるんで、結構長持ちします。


image0004

にしても、なんだか車の内装(ダッシュボード)と合わないなぁ
梯子部分はとりあえずクリヤ塗装にしたけど、間違いなく合わない。



ほかのパネル類とあわせるために、シルバーで塗りなおしてみました。写真の取り方悪くて同じに見える(笑)

image0005


ちょっとだけ統一感が出たけど、やはりまだだめだ。
受け側の木目がだめだなぁ・・・もう面倒くさいから、しばらくこれでいいや



ちなみに本日は東京も雪
11月に東京で降雪があったのはmatsuが生まれた年以来だそうな。

image0006

スタッドレスタイヤないから、今シーズはあまり走れないかなぁ
[ 投稿者:matsu at 12:25 | くるま | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月14日
エンジン付きプレハブ倉庫:がやってきた
と言ってももう1っか月弱立ちますが、あらためて新しい相棒の紹介です。


image0000
HIACE S-GL 標準ボディー4WD 5人乗り
いわゆる200系4型というやつです。

ディーゼルエンジンです。
アイドリングはガラガラガラガラガラ・・・
走り出すとジャー・・・
座席の下にエンジンがあるのでよく響きます。
エスティマハイブリッドより防音性が低くにぎやかです。
雨音もよく響きます。天井の内張の中にフェルトが貼ってあるのは確認しましたが、なぜこんなによく聞こえるのだろう? 車中泊の際、雨音でおこされることになりそうです。

出力は
144PS/3400r.p.m.
30kgfm/1200-3200r.p.m.

初めてのディーゼル車なんですが、こういうものなんですねぇ
最大トルク1200-3200r.p.m.  つまり、ちょっとアクセル踏めばいきなり最大トルクです。街乗りで結構きびきび走ります。
そしてエスティマハイブリッドが苦手としていた「上り坂での加速」も頼もしいほどにグイグイ行きます。

matsuは長いことCVTのエスハイに乗っていたため、アクセルワークが非常に乱暴です。信号が青になったらいきなりドーンと踏んで、あとは惰性で走る癖がついてます(この走り方でもブレーキを無駄に踏まなければエスハイの燃費は落ちませんでした)。

このアクセルワークはディーゼルハイエースには全く不向き…直さねばと思っていたんですが、下に書いたクルーズコントローラーのスロットルコントロールのおかげで補正できてます。



足回りは「最大積載量1000kg」の商用車。ガチガチです。リヤサス(板バネ)がひどいと聞いていましたが、フロントもどうして、なかなかです(^^;;
ちょっとした段差でドリンクフォルダーの飲み物が踊ります。
車高が高いので、カーブの時はこの位固い足回りの方が安心と言えば安心かも

そうそう、車高というか運転席が高い位置にあるとスピード感覚がかなり違います。具体的にはスピード出しすぎちゃいます。
それと、ハンドルがやけに右側についてます。エスハイと車内幅は変わらないと思うのですが、右ひじをドアや窓によくぶつけました。1か月もたつのでさすがに慣れてきましたが、いまだ右腕の所在が落ち着きません。一列3人掛けのグレードがあるんで、ハンドルは普通より右にオフセットされてるんですね。


そんなこんなでトラックみたいなイメージですが、意外に駐車場での取り回しは楽です。エスハイより小回りが利くような気がします。ステアリングの切れ角が違うんだろうか?(内輪差はそれなりにあるので注意は必要ですが)

燃費は長距離で11km/l カタログ通りですね。
街乗りは計測できてません(停車していろいろいじってる時間が長いので)。




ここからは少しいじった部分のお話です。

↓これはエスハイから使っているNexus7フォルダー。オーディオインタフェースは接触悪いんで取っ払い、充電端子だけ生きてます。
image0001

今度のナビはブルーテゥース内臓です。なので、Nexus7の音楽が再生できます。純正ナビの中では最低ランクの機種なんですが、思いの外まともな音がします。携帯電話ともブルーテゥースでつながり、ハンズフリーとかできるみたい(やってないけど)。
image0002


オプションで付けたステアリングスイッチでNexus7も制御できます。
image0003



ですが、いただけません。


何がというと、


ドリンクフォルダーの位置

image0004

助手席はともかく運転席からナビが見えないわけではないんですが、先にも書いたようにドリンクフォルダーの中で飲み物が踊るようなサスペンションです。ナビの画面に飲み物のしぶきが飛び放題です。
何か対策しなくては・・・・



えーっと、これが後付けしたスロコン付クルコンです。
image0005
pivot 3drive α
これイイです。今どきの車のように先行車に追尾したりできないですが、スロットル制御が素晴らしい。SETボタン押した瞬間にピタ!と定速走行。当たり前と言えば当たり前なんですが、エスハイの純正クルコンは、コンマ何秒かのタイムラグがあり、上り坂では3,4kmスピードダウンしてから必要以上の加速をすることが多々あったんですが、こいつはピタッと落ち着きます。
それからスロコンも思っていた以上です。アクセルの踏み方曲線(?)、電子回路でいう所のボリュームのカーブを変えるというだけなんで、エンジン自体の最大パワーを変えてるわけではないんですが、車の性格がガラッと変わります。選べるカーブは12種類(ノーマルを入れて13種類)。エスハイで出足乱暴な癖の付いたmatsuはエコ側レベル3で、いい感じです。





エスハイで使っていた、くたびれたシートカバーをとりあえずそのまま使ってます。
image0006

実はこのシートカバーの下に、これまたエスハイから使っていた電気敷毛布を仕込んであります。

image0007

寒い日はいい感じです。っていうか、毛布を最高温度にして冬でも窓開けて走ることがよくあります(意味わからんと思いますが、意外に快適爽快です)。





ハイエースの特徴は、なんといっても広いことですが、使いやすくするためには、それなりに手を入れないといけません。

まず手始めに、ロッドフォルダーを作成しました。と言うのも、既成のロッドフォルダーが付かないんです。2列目までが室内で、それより後ろは荷室の扱いなんで、窓上のグリップがないんですね。結構面倒(-_-;
天井の内張を止めてるファスナーを4個ばかり抜き取り、そこにアンカーナットを埋め込み、あとは木工とアルミアングル加工で・・・

結果こんな感じになりました。

image0008


竿を並べるとこんな感じ。スペース的には20本ぐらい行けそうですが、重量的にちょっと心配。まぁ15本乗ればmatsuとしては十分なんでOK
image0009



上に畳むとこんな感じ

image0010

当然リールが揺れますが、思ったほどリール同士のぶつかりは無いようです。上に畳んだとき上側からもスポンジで押さえれば万全なんですか、そこまでしなくてもいいかな。


とりあえず現状はこんな感じです。
エスハイから下ろした荷物を全部積み込めるのはいつになるやら(^^;

[ 投稿者:matsu at 18:21 | くるま | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2016年11月08日
重要任務に行ってきました
00


朝日に輝く噴水







ここは、埼玉県にある『しらこばと水上公園』

01

園内には、流れるプール、さざなみプール、もぐりプール等、多数のプールがありますが、夏の稼働を終えるとニジマスが放流され管理釣り場として稼働されます。



02

この中にはニジマスが!?







そして本日(11/6)は『フィッシング祭り』と銘打って広く一般初心者の方にも釣りに浸しんでもらおうというイベントがあります。

03




園内には所狭しとメーカーさんのテントが並び、縮小版フィッシングショーといった感じ
04






主催である「日本釣り振興会」のテント。
本日はこちらのお手伝い(ボランティア)で参上しました。
05

みどりの人です(^_^)v
06




担当持ち場は「金魚釣り」。
日本釣り振興会ですから金魚すくいではなく、あくまで釣りです。
07

一つの生簀に8人入りますが、小さなお子さんの場合、ご両親やらおじいちゃんやら、見物人やらの付属がついて15人ぐらいが囲みます。

08






これがねぇ、ものすごい大人気!
去年よりは楽だとの話ですが、長蛇の行列が絶えることありません。各池では「餌が取れちゃった」「糸が絡まった」、そしてつれないと泣き出す子供・・・スタッフの皆さん天手古舞です。
朝8時半から午後3時までフル稼働。交代で弁当を掻っ込みながらの大奮闘です。

09


「やったぁ、つれたぁ!」とはしゃぐ子
持ち帰りの金魚を食い入るように見ている子
その子を見てうれしそうなご両親

楽しい思いで作りにちょっとだけ貢献できたかなと、こちらもちょっと嬉しくなります。





翌日、足腰立たなくなったのは言うまでもありません(;^_^A
[ 投稿者:matsu at 09:25 | 文化・芸術 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月26日
さんまパーティー
日曜日(10/23)に某I-CRAFTデザインラボで「サンマ焼いて食べようぜい!」ぱーちーが盛大に開催されました。

いたるさんの仕入れてくれたサンマの鮮度が半端ない! まるで「さっきまで泳いでました」ぐらいのピチピチプリプリです。
こいつを炭火の遠赤外線で焼いて食べる・・・なんて贅沢なんでしょう♪(もちろん刺身もいただきました)

それからいつもの絶品豚汁! 前回参加時はこいつを駆けつけ3杯頂いて食材を沢山余らせたので、涙を呑んで2杯でやめておきました。
んでもって、くみさん提供の牡蠣とサザエ
千葉支部さんのステーキとソーセージ

あぁぁ今回もお腹がはち切れそう・・・




調理人(!?)
image0001
翌朝早くの仕事があるため、くみさんは好きなお酒も飲めないまま19時撤収。なんと可哀想な・・・


プリプリピチピチサンマの刺身
image0002
やばいくらい美味しい!





炭火焼サンマ
image0003
炭火の遠赤外線と調理人いたるさんの腕により神の域にまで高められたそのポテンシャルは恐るべし



千葉支部さんfb中?
image0004
実はBBQの前に一仕事。なんとmatsuの車のルームランプをLED化してくださいました。下に写真がありますが、matsuの新しい車は車内スペースが大きいだけにフロント2球、センター2球、リア1球のルームランプがあるんですが、そのすべてをLEDにしていただきました。ありがとうございます。



魔の豚汁。こいつを頂きすぎると他のものが食べられなくなります。しかし、旨い!
image0007




くみさんの牡蠣
image0010
写真撮り忘れたけどサザエも旨い!
でも、くみさんは「サザエは苦いから苦手」だそうです(^^;;





TOP50の北山選手合流
image0011
心身ともに、とってもお疲れの様子。最高峰のカテゴリーで戦うというのは生半可な覚悟ではできない。そんな大変な世界に身を置きながらも、一般の人々の釣りにも目を配り、どうやって釣り業界を発展させるか常に考えている、とても真面目で苦労人の北山選手です。


image0013





んで、これが千葉支部さんにLED化してもらったルームランプだ!
image0014
よる撮影すると何の写真かわからなくなるくらい明るいです。年齢的に、ちょっと薄暗くなるとまるで文字が見えなくなるmatsuにはかなりありがたい明るさです。


センター&リヤ
image0015
image0016
こちらも写真だとわかりませんが、かなり明るくなりました。
つーか、ぼわぁ〜んと点く電球とイメージがまるで違います。
時代遅れの貨物車がかなり現代ぽいイメージになりました。
千葉支部さんありがとうございます。



お土産
image0017
なんと、いたるさんからもLEDのプレゼントが!
スティック状のLED AssyとケーブルでつながれたLEDを沢山いただきました。
「これで沢山ドレスアップせい」ということですね。了解しました。


本当に至れり尽くせりで、皆さんありがとうございました。
[ 投稿者:matsu at 22:20 | party | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2016年10月15日
管理釣り場に行ってきました。
選手権のプリプラの心配もなく、10/15にリバースポット早戸に行ってきました。

朝はちょっと寒かったですが、天気も良く日中は汗ばむほどに
絶好の行楽日和です。


image0002


河原で鍋パーティー
image0003

釣りと宴会が合体したまさに夢のイベント

image0004

今回の参加者はmatsuを入れて7名。
matsu以外は、みんな会社に残った人たちです。
辞めてからも、こうやって遊んでもらえるのはありがたいことです。釣りバカ万歳!


釣果。必要最低限に絞りかなりリリースしたつもりでしたが、結構あるなぁ(捌くの面倒)
image0005


下処理完了。
image0006

みそ漬けは、冷蔵庫で一晩ほど漬けた後焼いて食べます。
冷凍用はフリーザーパックに水と一緒に魚を入れて冷凍します。こうするとちょっと鮮度を保てます。ただし解凍するときは袋ごと冷水につけゆっくりゆっくり解凍する必要があります。




燻製作成中
新築のキッチンが煙まみれ!・・・なんてね。もう既に何回も燻製作ってるんで全然気になりません。
image0007



ブルックとイワナにはいていた卵でイクラ漬け作成
image0008
卵隗を60℃の塩水(塩湯)に入れ菜箸等でかき混ぜると卵隗の袋がチジミ、卵がバラバラになります。湯を数回取り換え、袋などのごみを取り除きます。ちなみに塩は、湯1リットルに大さじ2ほどです。

酒、みりん、ダシ、醤油を1:1:1:1で混ぜ、ひと煮立ちさせアルコールを飛ばします。冷めたら卵を漬け込んで数時間で完成。




そうこうしているうちに燻製完成

image0009


渓流のヒレピンに比べるとやはり味は落ちる気がしますが、たまにはトラウト三昧も悪くないなぁ
冷凍したのは、解凍後ホイル焼きにでもしてみようかなぁ
[ 投稿者:matsu at 23:20 | Fishing | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月10日
野尻湖に行ってきました
今さらですが、10月1日〜2日のプリプラ
10月7日のプラそして8日〜9日のマスターズ最終戦と野尻湖に行ってました。

結局いつもの通り不甲斐ない結果に終わったわけですが、こんなに更新が遅れたのは9月末(たぶん9/27)に行われたコレ↓

image0000

どうもこの更新からメインPCの調子がよろしくありません。
最初は正常に立ち上がるんですが、すぐにディスクアクセスしっぱなしになり、ほぼ動きません。
正確にはフリーズしているわけではなく、ワンアクションのレスポンスが返ってくるのに5分ほどかかる感じです。
こうなるとシャットダウンもまともにできず、電源ボタン長押しの強制終了です。

んで、「どうすんだ! どうしよう?」などと日々強制終了をバシバシしてたら、再度更新があり先週末からようやく動くようになりました。
たまに、こういうことがあるんだけど今回は長かったなぁ(-_-;;



んで、とりあえず野尻湖の朝焼け
image0001
きれいといえばきれいですが、おどろおどろしい感じがします。



んで、いつもの『やまぎし』
image0002
石井さんとあうのは去年の野尻湖以来(!?)


image0003



んで、釣りの話も一切なく、
お見事な方たち
image0004


今回、大会一日目は強風の天気予報が出ていたため短縮バージョンとなりました。んで、空いた時間に石井さんおすすめの燕温泉に行ってみました。
野尻湖からだと車で15分ほど
しかし、無料駐車場で車お降りてからの300mほどがとてもキツイ
どうキツイかというとものすごい急坂です。
最初見たときは前方に防波堤があるのかと思いました。
ウチのスーパーカブ50では登れないかも・・・

んで、燕温泉には宿数件と無料の露天風呂二つがあります。
とりあえず駐車場に近い『黄金の湯』までゼイゼイいながら登りました。
image0006



なかなかいい雰囲気でしょ
image0007
パステルブルーのお湯といい、周りの自然と言い、まさに秘湯。写真じゃわかりませんが、かなり強い温泉臭(硫黄臭)。
温度はちょっとぬるめですが、とたんに体がポカポカしだし汗ばむほどになります。
とりあえずここは男女別ですが、ちょっと大きな岩で仕切ってあるだけなので覗こうと思えば覗けるかも(しませんよ)。


もう300mほど登るとさらに野趣あふれる『河原の湯(混浴)』があるそうなんですが、もう若くなないバスプロ4人はここで妥協じゃなくて満足しました。

だれか、行きたいという人がいればもう一度ぐらい行ってもいいと思いますが、年寄りは連れてけないなぁ・・・(温泉なのに)
ちなみに主な利用者は登山者らしいです。下山してきてその疲れをここで癒すみたいな利用のされ方が多いのかな


最後にシノさんのサービスショット
高度な画像処理を施しています。
image0008

[ 投稿者:matsu at 22:18 | Fishing | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月20日
大平宿に行ってきました
9/18-9/19の一泊二日で恒例の大平宿に行ってきました。

一泊二日なんですが、先月の檜原キャンプで味をしめ、matsuは全域一般道コースを試みましたので、車中泊を入れると二泊三日です。
檜原と距離はさほど変わらないんで大丈夫だろうと・・・

コースは藤岡、佐久、諏訪、飯田。最近は一部の人たちで中山道ブームだそうで、それに乗っかってみたわけです。世界遺産の富岡製糸場で混むかなぁ・・・なんて心配はあったんですが、その手前の埼玉県、渋滞しすぎです。

車の人口密度的なものが高いのか、道路整備や信号設計が悪いのか混雑しまくりです。それに乱暴運転と極端な安全運転者が混在しており、あちこちで流れが乱れます。

ウチから約90kmの道の駅(おかべ)につくまで4時間。平均時速は25km/h以下でした(T_T)。

そして渋滞を抜けると豪雨。長野県全域に注意報だか警報だか出ていたようです。夜の峠道で豪雨と霧・・・結局また低速走行で時間を消費。ワイパーだけは最速モード(久しぶりに使いました(^^;

結局、飯田の手前1時間ぐらいのところで車中泊。10時間以上かかりました。


翌日も雨。飯田峠を上り大平到着時も結構な雨で、川を覗くと真っ茶色の濁流が・・・
こんな大平は初めて見ました。

30分ほどやってみましたが、当然、魚の反応はほとんど無し。非常に厳しい釣行となりました。

まぁ、半分以上は囲炉裏端宴会が目的なのでOKですが(^^)v


image0003

濁った渓流って、こんなにウェーディンぐしにくいものなのかと初めて知りました。

image0004


とりあえず宴会メインで!
image0008


当初は3人になりそうだった参加者は5人になりました。
image0012

image0014

メインは鍋&うどん。
ものすごい量なんだけど、うどんは何人前入れたの?

image0015


image0016
マシュマロ焼くなら炭火に限るネ


image0018
TVのサケの産卵シーンでこんな顔見たことある。
アマゴですけど



それにしても今回もお世話になりっぱなしで、宿の手配、食材の調達、炭薪酒までご提供いただき、大変お世話になりました(燻製と飯炊きぐらいしかできなくてすみません)。
来年は本格コーヒーでも淹れられるように精進いたします。


ちなみに帰りも全域一般道で帰りました。帰りは藤岡で大渋滞。「明日も明後日もmatsuは暇だ!どうにでもしてくれ」って気持ちであきらめました(笑)。
高速でこの渋滞なら「金返せ!」って気持ちになるんだけど、一般道なら我慢しないとね。とりあえず檜原も大平も無給油で往復できるエスティパハイブリッドに感謝です。
[ 投稿者:matsu at 21:44 | アウトドア | コメント(2) | トラックバック(0) ]