2017年01月24日
節約しながら燃料確保
ついに間近に迫った客席側の床貼作業・・・・・
と、思ったのは昨年暮れ。

思いの外ガラクタが残っていて、その片づけ作業に今日まで追われているのが現状です。

昔オヤジが下請工場的なことをしていた名残で、作業台やら従業員用ロッカーやら戸棚やらの結構な大物が(^^;;

んで、これを粗大ゴミに出そうとするとこれまた結構な金額を取られるんです。

ならば! 自分で切り刻んで大平の薪にしようと・・・

やってはみたものの、接着剤が含まれる合板や塗装された材は調理用に使いたくないので避けてみたら結局これだけ。

img0001

厳密にいうと一部塗装された材も混ざってます。あまりに量が少なかったんで・・・(それは風呂焚き用にすれば問題ないよね)。


廃材は、すべて30cm四方に切り刻んだんで、粗大ごみの費用はゼロ円。一般ごみとして回収していただきました(ものすごい量でしたが(^^;;
[ 投稿者:matsu at 18:27 | アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年01月18日
温かい雰囲気だけ
店舗スペースを片付けづけているとき、こんなものを発見しました。

img0001


火鉢です。
小さくて、いわゆる「手あぶり」と言うやつです。


そう言えば、このほかにも火鉢が何個かあった気がしますが、残っていたのはこれだけのようです。

昔、父が生きていたころに金魚を飼っていた記憶はあるのですが、火鉢として使っていたことはなかったような・・・




なんとなく(火鉢として)試してみたくなりました。

灰はないので、廃材を燃やして灰作りからスタートです。
これがねぇー、なかな(量が)かできない。
でも、ホームセンターで見つけた灰は1500円もする。


半日たき火をして、底から2㎝程度。
試しだから、これでいいや

img0002

炭火の発生する赤外線を陶器が吸収して周りに発散。火鉢全体が思った以上にあったかいのですが、暖房器具としてはイマイチ。

文字通り「手あぶり」程度の役目しかなさないことがわかりました。


なら、ちょっとお湯でも沸かして、加湿と休憩時のお茶へ利用・・・・・と思ったんですが、

img0003

あまりに小さすぎて、キャンプ用のヤカンの方が大きい(笑)

これでは、酸素がなくなってすぐに鎮火してしまいます。

このために五徳とヤカンを買う気もしないので、とりあえずここまで!

気が向いたら、『温かい雰囲気』をまた楽しもうと思います。
[ 投稿者:matsu at 09:35 | 季節 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年01月09日
習慣?週間?
たぶん、要らないんだけどね

毎年の習慣でシステム手帳のスケジュール表を作ってしまった。


img0001

見開き1ページで一週間、時間単位のスケジュール表。

在職中は便利だったんですけど、今は全く必要性を感じません。

って言うか、手帳を開く日がほとんどないな(笑)




あっ、そういえば明日はタバコ屋に注文していたタバコを取りに行く日だ
    ・
    ・
    ・
    ・
   平和だ(^-^)v

[ 投稿者:matsu at 23:05 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年01月03日
明けましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


あっという間の一年。
昨年、同時期に会社辞めた人たちは、暇で暇で居たたまれない心境だったようですが、matsuは適度に忙しく、たまに筋肉痛になるぐらいで、大変健康的な一年を過ごすことができました。これも皆様のおかげです。


んで、今年の初詣は、漆原るか子に逢おうと柳林神社に参拝してみました。


a00
吽の狛犬を撮るべきだった(^^;
新年一発目から失敗です。



a01
アングル的にちょっときつかったなぁ



a02
正月なのに参拝客は3人ぐらいしかいませんでした。
こんな静かな初詣もいいなぁ




a03
実はここは、秋葉神社。
シュタゲの柳林神社は、場所と名前は秋葉原にある柳森神社からいただき、境内の風景は上野にある秋葉神社をモデルにしているそうです。


以上、初詣終了・・・・・なんとなくあっさりしすぎで、少し歩いてみました。

合羽橋・・・まだ店はほとんど開いてません。

花やしき・・・大盛況のようです。外まで悲鳴が響いてます。



浅草寺、初詣第2弾?

花やしき側から入ったので、いきなり本堂に入ったのですが、柵が設けられお参りできない(想定はしていました)。お参りするためには参道側よりお並びくださいとのこと。


すごい人出で、かなり時間がかかりそうなので、お参り前ですが、おみくじ引いてみました。
     ・
     ・
     ・
img0002
ハハハ(^^;;
先行き不安

ちゃんとお参りしてから引くべきだったんだよな


素直にお参りしようと参道側に行こうとしたら、どんどん戻され、最後尾は雷門近くでした。

img0003

最近満員電車に乗っていないせいでしょうか、こんな人込み久しぶり・・・っていうか、ものすごい暑い。押しくらまんじゅう状態です。



やっとのことで宝蔵門
img0004
が、ここからがまた長い。
全然進みません。

img0005


やっとお参り。
img0006
実は賽銭箱は見えませんでした。
なんとなく、そっちだろうという方向に小銭投げて終了。

思うんですが、賽銭箱のサイズが参拝客の規模にあってない。
真ん中にちょぼっと賽銭箱があるので、なかなか近づけずお参りにすごく時間がかかってます。

神田明神みたいに横幅10mぐらいの賽銭箱にすれば、もっとスムーズにお参りできるのに・・・





んで、おみくじですが、「何度引いてもよい」とのことなので、参拝後に引き直しました。

img0007

よかった、よかった・・・って、こんな紙切れに200円も出しちゃったよ。同じ紙切れなら宝くじの方がありがたいね。

そうだ、年末ジャンボの当選番号調べないと


年明け早々、締まらない投稿ですが、今年もよろしくお願いします。
[ 投稿者:matsu at 17:48 | 季節 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2016年12月31日
思った以上にガラクタが多いことがわかりました
以前、ガス管工事の時に掲載した写真です。
image0001

このガラクタたちの目隠しを作成しました。(実は10月初旬にはできてたんですが、掲載してませんでした)

image0002

大胆且つ、イイ加減に作りました(笑)。
まぁ、目隠し目的なので、パーテション代わりと思っていただければ許せるかな(^^;;

image0003

前には引き戸が4枚。横幅3mのところに90㎝の扉が4枚なので、相当重なりがあります。材料を切る手間を惜しんだわけです(笑)


んで、この扉は、極力軽く、そして薄くする必要がありました。
と言うのも、この扉はカーテンレールで吊り下げているのです。

image0004

中にはボール盤、グラインダー、電動糸鋸などが収められていて、簡易な工作室として使う予定。つまり、ドリルの切子やヤスリの粉などが床に落ちること必至。なので、床に敷居を設置したくなかったのです。

本来なら吊り扉用の金具を使うべきですが、4枚扉となると相当奥行きが必要になり、予算的にも少々お高い。ここは、どうせパーテション代わりと割り切って、カーテンレールで作ってみました。レールと滑車に負担をかけられないので、扉は4㎜のベニヤ板に12㎜の角材で裏打ちした超軽量。

「上手くいった」と思ったのもつかの間、空気が乾燥してきたら扉の反りがひどい。今思えば、12㎜の角材で裏打ちなんて、逆効果だったようです。表面に貼った木目シートも反りの原因の一つだったかも・・・
まぁ、人目に付くところでもないし、面倒くさいので直しませんけどね(^^;;



で、扉4枚をそれぞれ独立したレールで吊っているので、開け方は自由です。真ん中から両サイトに開いたり、片側に寄せたりできます。
いろんなものを押し込めるだけ惜しむべし
image0005

もちろん上のスペースも、押し込むべし
image0006

扉はどうあれ、骨組みだけは満足できる強度を保っているので、かなり重いものを入れても大丈夫そうです。



しかし・・・・・まだ収まり切れないガラクタが(^^;
どんだけ物持ちイイんだ、自分(^^;
[ 投稿者:matsu at 09:47 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月22日
大物運搬が大変楽になりました
くるまの内装工事で1.5か月ぐらいかかってしまいましたが、店舗の内装工事を再開しました。

どちらの工事も多用するのが2×4材(ツーバイフォー)とコンパネ(安いからね)。セダンの人がこれを自宅に運ぼうとすると、ホームセンターで貸してくれる軽トラを利用することになりますが、1回多く往復することになり結構面倒。時間的ロスがバカになりません。(月に一度ぐらいならまだしも、ほぼ毎日行くからね)


んで、エスティマハイブリッドの時は、こんな感じで屋根の上にのせて運搬。
image0001
ボートキャリア付けててよかったと実感するときです。
しかし、これがなかなか疲れるのですよ。

結構な重さのものを屋根の上にあげてロープで縛る。コンパネ5枚も載せるとへとへとです。しかも基本的に雨の日は運べない。



それが、新しい相棒のハイエースは、こんな感じ。
image0002

室内積載っていうか、低い位置にそのまま放り込めるって、こんなに楽なのですねぇ   しかも雨の日だって買い出しに行けます(自宅で下すときにちょっと濡れるけど)。

2列目シートの後ろに180cmのスペースがあるって素晴らしい!
これをやりたかったから、わざわざベッドを畳めるようにしたってのもあります。

さぁ、これで工事がはかどるぞぉ!・・・・と言いたいところですが、そろそろ年賀状書かなきゃならないので、また工事中断かな(^^;;
[ 投稿者:matsu at 13:35 | DIY | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月13日
ルームランプ&電源
以前にUPしたロッドホルダーですが、その両サイドにLED照明が組み込まれていることにお気づきでしょうか・・・・・って、見えないよね。この写真じゃ
image0001


寄るとこんな感じです。いたるさんから頂いた高輝度LEDAssyを両サイドに2個づつ搭載しています。
image0002

んで、またまた写真では見えませんが、スイッチも両サイドに2個づつ搭載してます。
ですが、すべてのライトを個別に操作するわけではありません。いわゆる階段スイッチ回路を構成していて、2個のLEDを同時に点けたり消したりできるスイッチを2個つけてるわけです・・・・
  ・
  ・
  ・
なんか書いていて説明しづらいなぁ。家の階段照明のスイッチって階段の上と下にあるでしょ。あれをやってるわけです。

しかし、直流電源でLEDとなると多少小細工が必要です。LEDは極性があるからね。

んで、リレーを使ってこんな感じに配線しました。
image0003
リレーを使わなくても、ダイオードブリッジ入れれば済んだかもしれませんが、ブリッジ自体に電圧降下があるので、ちょっと暗くなる可能性もあるので、リレーで組みました。


そもそも、なぜスイッチを2個付けたかというと、室内から操作する場合と、バックドアを開けて、そこから操作する場合があるんじゃなかろうかと考えたわけです。んで、どちら側からでも操作しやすいようにと・・・・・
・・・・・まぁ、低いところにスイッチ付けるとか他にもやりようはあったんですが、ちょっとやってみたかったんです。



んで、その電源は、一番簡単なのは車のルームランプから引っ張っちゃうことで、そのつもりでいました。
しかーし、ハイエースのルームランプって、常時電源ではないんですよ。20分点きっぱなしだと、ECUが勝手に「消し忘れだな」って判断して元電源をOFFしちゃう。なんともありがた迷惑なシステム。(普通のユーザーは助かるんだろうなぁ)

なので、サブバッテリーを積むことにしました。ラゲッジ(リビング)ルームのオーディオやらなんやらも、サブバッテリー積んだ方が安心だしね。

例によってバッテリーはボート用のボイジャー。こういう使い方に最適(?)なディープサイクルバッテリーです。
んで、サブバッテリー充電器なるものを売っているのですが・・・
matsuのうちにはディープサイクルバッテリーの充電機が3台。インバーターが2台。この資産を何とか有効活用したいということで、こんな回路を組みました。
image0004
なんだかよくわからないと思いますが、真ん中のボックスが充放電の切り替えボックスと思ってください。
ACC(車のアクセサリー電源)が供給されると、サブバッテリーの充電が始まります。
ACCがOFF(車のエンジンがかかってないとき)のときに切り替えボックスのONスイッチを押すとラッゲージルームの電源が供給されます。んで、OFFスイッチを押すと消灯。
ラッゲージルームの電源がONのときでも、エンジンをかけると強制的に電源はOFFされ充電が開始されます。その後、エンジンが停止しても、電源は復活しません。再度ONスイッチを押す必要があります。

何でこんなことをしたのかと言うと。出先でラッゲージルームの電源をオフにするの忘れて、帰宅後自宅の駐車場で完全放電になることを避けたかったんです。なので、使う前にはONスイッチを押すことを自らに義務付けたかったわけです。



で、その切り替えボックスがこれ。
image0005
2列目シートの下に設置しました。
中身はリレーが4つとデジタル電圧計。百均のプラケースに収容しました。

LED照明のスイッチをバックドア側にもつけたので、電源のON/OFFスイッチもバックドア側にもつけました。
image0006


んで、めでたくLED点灯です。
image0013
ちなみにテーブルの上にあるのはスマホではなく7インチのアンドロイドです。結構広いテーブルでしょ
[ 投稿者:matsu at 13:26 | くるま | コメント(0) | トラックバック(0) ]