掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Music Power Play
♪ノーイ 『a beautiful world』
揺らめく波にイルカの鳴き声、浮かび上がる泡に消える泡。
海を想像してしまうこの不思議な空間。
どこまでも浮遊していたいくらいの心地よさ。
これはnoeが作る、美しい音の中にある雑な音が
無くてはならない存在の音となり
聴き手の音感覚を毒するからであろう。
美しい世界をより引き立たせる音作りは、ほんと素晴らしい。
左右の音のバランスも上手く考えてる。
そしてなんといっても、それに乗るfeat.fumiの歌がまたキュートすぎる!
ひときわ輝く星が囁きかけてくるような感じで
不思議と癒されます♪

a beautiful world
noe

(2005/07/30)
試聴
FLOOR LIMIT
Amazonで詳しく見る
HMVで詳しく見る
 FLOOR LIMITより画像掲載許諾済
石川出身、都内で活動を続けるラップトップアーティスト
noe(ノーイ)による1stアルバムが発売☆
現代的なアンビエント / エレクトロニカに80年代ニューウェーブを通過した
浮遊感と繊細なギターを加えたポップサウンドを得意としている
http://www.geocities.jp/ssm2048/

ArcRoom Presents Augecast 『ZO-NET 第21回放送』 必聴です!!!

2005年05月17日
◆熊木杏里 (5/15放送)
050517-174150t6IPPiCe.jpg

あんりこちゃんって、やっぱ呼びたい☆
JFN系15局ネット 『HOT TUNE JEIRO』 聴いてましたよ!
起きてた時だけね、だって深夜放送だったもん。
かわいいです!
約3年前になるんだぁ。
そうです、虎さんも言うように
前髪下ろしてるあんりこちゃんはかわいい!
フリーペーパー 『KEY-TALK』 ひっぱり出してきちゃいました♪
この時期に出してた 『咲かずとて』 のサビがすごく好きで。
http://music.goo.ne.jp/video/vap/VAPPRV0006.html

2003年3月に1stアルバムを出して2年の月日が経った今。
2005年2月に2ndアルバム 『無から出た錆 』
4月にNewシングル 『私をたどる物語』 を発売!
あんりこちゃんのどこか闇を隠してるような歌声が好きだ☆

内面を出せないのが嫌・・・
出そうと思ってるけど、弱みを見せたくない?
たくさんの人と仲良くなるよりも
少ない人でも深い信頼感があればいいなとのこと。
だけど、どっちも出来てないそう。

内面をさらけ出してるライブ・・・
「だから、さらけ出せる曲を書かなきゃいけないわけです。
その時だけは、自分の世界が出来上がるわけだから。」

いつも何かありげな歌に聴こえてしまうのはこの為なんだぁ。
これが、あんりこちゃんの魅力でしょうね。

「3年B組金八先生part7」 挿入歌 『私をたどる物語』
武田鉄矢さんがドラマへの想いを詩にしたものに
あんりこちゃんが曲をつけ、デモテープを渡したら
「これはお前が歌ったほうがいいな」 と気に入ってくれたそう。
ジャケ写真もPVもそうだけど確かに何か違う、大人っぽい。
というより、もしかするとこれが普段のあんりこちゃんなのかもという感じ。
この2年間、家にひきこもって自分を見つめていた、あんりこちゃんね。

ライブ来てほしいですね・・・
ですねぇ♪
あの生のキュートさと生の闇を感じてみたいな!
http://www.vap.co.jp/anrico/live_event/index.html

愛・地球博
青春のグラフィティコンサート2005
もう一つの「フォーク」へ〜2nd Generation〜
熊木杏里 出演決定
2005年 5月 28日(土) 12時開場 13時開演
他出演者 :諌山実生、河口恭吾、kengo、千綿ヒデノリ、長谷川 都、平川地一丁目
http://www.hicbc.com/event/concert/050528-folk/index.htm
締め切り済だけど、当日キャンセル待ちあり

http://www.kumakianri.com/

※この日記は虎平太の音on!TV 番宣Blogへトラバしております。
[ 投稿者:羽 at 17:46 | ◆虎平太の音on!TV感想 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月20日
◆ブンブンサテライツ (4/17放送)
川島さんがゲスト

あったかそうな人で安心したんだけど・・・

確かに!
先日のFMゲストトークでも思ったが
歌には出ない落ち着いた優しさが出てる☆

二人の出会い・・・
大学の同級生で、お互い違うバンドやってて。
ブンブンサテライツという名前を付けてたバンドに彼を誘った。
今とは全然違うギターロックみたいな音楽をやってました。
最初、4〜5人いたんですよ。
そこから減っていき、2人だけになり・・・


PV 『Moment I Count』
あんなに激しく歌うとは思わなかった、ちょい驚き。
やっぱ、ライブ時は世界のアーティスト的なカリスマ性をもった雰囲気だ。

情緒不安定になることって?
なんかそういうのはもういいかなって(笑)
ミュージシャンってみんなそうだと思うから。
その辺をやっぱり今回のアルバムにバシッと入れて。

きましたよ、虎さんお得意の(笑)
やっぱ、そういう感情は曲にして、共感を得てもらうに限りますね!

10年近く、英語で歌ってきたの?
そうですね、アルバムは全部英語です。
アドバイザーを横におき、相談・チェックしてもらいながら。
でも、日本人の情緒って理解・・・

すみません(汗)
あまりにも文学的な言葉が多く出てくるもので
書き取れないぃー。
さすがですね、訳詞をみても分かるけど
単純な回路じゃない。
別々な並びのようにも感じるが、言いたいことはひとつみたいな。

訳詞を見ていった時に、一言で言ったら"感情"なんだなと・・・
"言葉"でとらえようとしたら分かんないと思った
そうそう虎さん、上手いこと言うなぁ!
ブンブンは特にそうだ。
歌詞と曲と音が揃って、はじめて伝わってくる感情。
深いですっ!

言葉の向こう側にもっとリアルなもの(感情)があるはずだと思った
日々感じる葛藤とか挫折っていうか
自我の確立と崩壊を繰り返すみたいな。
そういうことが、言葉を選んだり、発する時に大きく作用してきてるんだと思う。

表裏一体な感じが好きなんですよ。
僕が誰かを好きになったら、それは自分の気持ちを強いることだから
ある種、暴力的な行為だなとか。

おー、僕もそんな感じが好きだ。

変わってるよねって言われて、その言葉にネガティブに反応する人と
ポジティブに反応する人といるような気がするんだよ

最近はネガティブです(笑)
僕はポジティブです(爆)


『虎平太の音on!TV』虎平太とは?
音楽業界20年、元・某FM局プロデューサー
この経歴を生かし、さまざまなアーティストと親交をもつ
ゲストのブッキング、機材のセッティング、自らインタビューをし
映像編集までを一人でこなす人材不足のローカル番組の司会者である
ゲスト出演してくれたアーティストの90%近くは、彼の心理作戦にやられ
ゲスト本人さえも知らなかった本当の自分が出てしまうという(笑)
すごい業の持ち主である!

今回は特に、奥深くにある"感情"を引っ張り出そうとしている虎さんが感じられたなぁ。
これはまさに、人の感情を探って、自分の感情を知るって感じだ。
最近、ネガティブになること多いもんね。
大丈夫かいな?
って、人のこと気にしてる場合じゃないって?
あはは、今は大丈夫だよぉ!
mixiのおかげさっ♪
何かが変わり始めた。
こっちでも何か得てやるぞーーーー!
虎さんも来ない?
[ 投稿者:羽 at 02:27 | ◆虎平太の音on!TV感想 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年03月14日
◆トライセラトップス2 (3/13放送)
『和田 唱のギター談義』

ん?
んん?
何か見たことのある人。

和田 唱 登場

ギターキッズ4名の紹介

って、マナヴさんやんけ!!
わぉ☆元気そうでなにより。

解散とかって考えたことは?
「やっぱねぇ、最初の時はどう転ぶか分かんなかったから・・・。」

いきなりこの質問って(汗)
マナヴさん、やっぱ自分達がしたから聞きたくなったんだぁ。
ほんと惜しいことしたよ、最高のバンドだった。

ギターとの出会い
「最初は右手しか分かんなかったから、つまんなくて置きっぱなしだった」

置きっぱなしであります(汗)

どうやって弾けるようになったんですか?
「譜面読めないから、ひたすらコード覚えて耳で聴いて」

ひたすら練習ですね。

スケール(音階)のはなし
「ブルーノート(ブルースの音階)の響きが好き」
「みんな一人しかいないわけだから、それぞれのスタイル、自分が好きなものの組み合わせでいいと思う」

ブルーノートかぁ、誰かさんも勉強中やもんね。

一日の練習時間は?
「学生の頃は肌身離さずだった」

そんな、トイレの時もって♪

アドリブの話
「ブルースを研究するのがいちばんだね」

おーマナブさんと唱くんがセッション!!
すごい〜!!!!彼は結構器用だからね。
以前ドラムやってたんだけど、あの表現力にはほんとやられたよ。
喜怒哀楽をはっきり出すんだ。
そんな彼が、いつかギターを担いで歌いたいと言ってた時があり
そのうちバンドは解散で、ちょっと心配してたんだ。
あのテンションは健在だね!

音楽のしくみ
♪エベレストを歌う♪
「とにかくシンプルでいいの。その代わりメロディが変わってく」

リフの話
「俺らの得意分野なんだけどね」
♪ロックミュージックを歌う♪

ほんとに同じコード進行の繰り返しだぁ。

ピッキングのコツ
「リズムが全て。練習だね」

ギターを手にすること
「強くなれるものがほしかった。俺にとっては武器を手に入れたような感じ」
「自分は何が好きかっていうことを知ることが大事」

一曲プレゼント
♪洋楽を歌う♪

たまらないねーあの歌声☆☆☆
ああいう風に気持ちよくギター弾いて歌ってみたいもんだ!

スペシャルサイト
トライセラトップス1のレビューも読んでね!
※この日記は虎平太の音on!TV 番宣Blogへトラバしております。
※あと、夏の色・・・ハナムグリさんの日記へもトラバしております。
3/11の日記に、いいとも!の話が書いてあるよ☆これまたすごいんだ!
って思ったら妄想だった、汗。。
3/12のをチェック☆ 『Big Bag Blues』いいよね〜!

今、またすごいこと知った。って遅すぎか?(汗)
へぇーあの人の息子さんだったんだぁ♪
[ 投稿者:羽 at 17:46 | ◆虎平太の音on!TV感想 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2005年03月07日
◆トライセラトップス1 (3/6放送)
『JEWEL』のPVを見て思った。
和田 唱くんの歌い方って不思議だ、なんか心くすぐられるよ〜!って。
恥ずかしくて、はっきり言えないのだが(汗)
トークはというと、これまた・・・ははは☆

いつもどんな所で練習してるの?の問いには
「リハスタで。T HomeとかONAIR Oとか。」
ローカルな名前を聞いた虎平太さんが??の顔してるのを見て
唱くんは足バタバタしてウケてた!
確かに、英文字で見るとかっこいいんだけど
日本語で聞くと笑えるよね。
人名だからなおさら(笑)

いつも何時に起きるの?の問いには
「いいとも!を見てから寝る。」
ミュージシャンってそんな感じなんだぁ。
で、この答えの時に出てきた言葉 『狂気の沙汰』
これって気が狂ってからってこと??
国語苦手(汗)

業界用語講座☆
モック=展示用の物(空っぽ)
ちなみに業界8年の唱くんと、20年の虎平太さん。

『THE CAPTAIN』のPV
さっきが少年だとすれば、こっちは大人って感じ。
曲によって違うねぇ〜かっこいい♪

来週はギターキッズと「和田 唱のギター談義」
前回見逃しただけに、絶対見なければって感じです!
二週連続のゲストってトライセラが初めて?
すごい贅沢してますなぁ、うちの県は☆
虎平太さんの人柄のおかげですね!

PVはビクターのサイトにて視聴出来ます♪
ちなみに、トライセラトップスのレビューも読んでね!

※この日記は虎平太の音on!TV 番宣Blogへトラバしております。
あらら、①の記号が?に化けちゃってますねぇ(汗)
ごめんなさいです、みなさま。
決して、トライセラトップス?ではありません(笑)
あと、〜も??に化けてる・・・。
こっちのブログがダメなんやろか。
[ 投稿者:羽 at 17:33 | ◆虎平太の音on!TV感想 | コメント(0) | トラックバック(0) ]