掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年08月19日
また、ちょっと寄り道して
Invention02
[ 投稿者:chun at 09:31 | MIDI_P | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月18日
ちょっと寄り道して
Invention01

[ 投稿者:chun at 18:20 | MIDI_P | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月16日
Print Music 2014 楽譜作成ガイド (02)
続けて、2つ目も。相変わらず、音が小さい。

[ 投稿者:chun at 20:35 | MIDI_P | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Print Music 2014 楽譜作成ガイド (01)
試用期間、残り21日。中々よさそうですが、使い方をマスターするのはまだまだ。一度やったことも次にやる時にはまたやりかたを検察してしまうことも多い。で、とりあえず、これ で勉強。ShowMore で、画面をキャプチャーして、mp4 にしたのが下のやつ。音が小さ過ぎたか。最初はファイルサイズが大きすぎて、読み込むのに時間がかかるようなので、画質を結構落として、10分の1くらいにしたのが下のやつです。音だけなら直接 mp3 や mid にエクスポートできるし、png や pdf にも、画面を落とせて、いろいろ便利そう。楽譜もほとんどどんなことも表示できそう。

[ 投稿者:chun at 20:08 | MIDI_P | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月06日
Bach 管弦楽組曲第3番より第2曲「エール」
Hyper Canvas の 弦楽四重奏


VSC の いろいろな Strings


弦楽器の音源は、なかなかいいのがない。高いやつならありそうですが。それほど余裕はない。使った楽譜は、
[ 投稿者:chun at 20:18 | 音楽(DTM) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Moon River
この曲、結構前のあの時、ふと頭に浮かんできて、楽譜を探し、なんとなく、いろいろやることになってしまった。でっ、今日改めて、Vocaloid Editor 5 で打ち込み、DivaII で歌わせてみたのが、これ。

vocaloid (DIVA II)


発音は今までのよりいい感じだが、この歌には、このままではあまり合っていない気がする。で、偶然だが、最近読んでちょっと感心したこの本、 Moon River の歌詞(の意味)が最後の最後で重要なオチ(?)になっている。
[ 投稿者:chun at 15:14 | 音楽(DTM) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年07月25日
譜読みの練習用のプログラミング(03)
とりあえず、表示(音符の出題部分)はできた。答えの部分はこれから考慮する。判定部分は頭の中ではほぼ出来ている。



ここまでのプログラムのリストは続きを読む(more)に。これもどうすればいいのか、結構苦労した。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:chun at 20:19 | MJS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

dlphi
さっき、huaweiのスマホのホーム画面の横に表示されるニュースで、Delphi が、Professional Edition 相当を無償化した「Delphi Community Edition」をリリースという記事を見かけて、今、さっそくインストールしてみた。登録しようとしたら、昔してあるよ、との警告。チェックしてみたら、10年以上前にしていたようだ。もちろん(?)、パスワードは覚えていない。で、何とかパスワードのリセット及び再設定をし、ダウンロード。最初にした本格的なプログラミングが、Turbo Pascal だった。懐かしいし、好きな言語だし、またやってみたいね。で、インストールして起動。使い方はまだまったく分からないが、なんかいい感じ。しかしこれ、確か 10万ぐらいするやつだよね。Microsoft の Visual Studio の影響かな。

今朝、作成中の 例の JavaScript のやつ、少しずつ手を加えていったら、突然、動かなくなったので、デバックのツールが何かないかな、と思い、ちょっといろいろ試してみても、どれも私的に気に入らなかった、で、NetBeans を思い出し、久しぶりにダウンロード (今回は HTM5/JavaScript 版を。 インストールして使ってみると、ちょっとしたところで、ミスを数々やっていたことが分かって(, が抜けてたり、> が多かったり、とか)、手直し、動いてくれたよ。やはり、ツールは必要だよ。

これで、道具はいろいろ整ってきた。が、若いころと違って体力が。長い時間続けての作業は無理みたいだよ。
[ 投稿者:chun at 15:30 | あ痛て~私史 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年07月22日
音楽(DTM)制作 (005)
ショパン 12の練習曲 作品10 から 第1番 ハ長調、「滝」や「階段」の愛称で呼ばれることがあるそうです。倒れる直前に、やり始めたばかりだったんだよな。





2週間ぐらい前だったか、 を見つけたのが、この騒動(?)の始まりかな。これも月1,000円弱の会員費で無料ですからね。で、結構打ち込みに時間がかかってしまった。打ち込み方法の選択に迷ったというのが、1番の原因かな。最後の方は大分慣れてきました。vel値をいじった(といっても、高音部と低音部を違えただけで、夫々一律ですが)のと、ペダルを楽譜通りに付けたぐらいですが。リズムを出すようにいじっただけでも、より本物らしくなりそうですが、もう何曲か打ち込んでみてから、自分なりの表情をだせるようにできれば、と思っています。音源は、いろいろ試したのですが、結局、前にも試した、mdaPiano (上の動画) Keyzone Classic の Yamaha Grand Piano (下のやつ) を選択しました。無料のが気に入った音のようです。まあ、すごく高いやつは試せていないけどね。テンポは、楽譜の指定は 178 ですが、それだと速すぎていやなので、168 にしました。




では、いずれ次を。
[ 投稿者:chun at 15:13 | 音楽(DTM) | コメント(0) | トラックバック(0) ]