掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年10月25日
やっと一歩前進?
隠家.jpg☆

先日の夢が私に教えた
かったのは、こちら
だったのかな〜と思う
ような出来事がありま
した、まだどうなる
ことやら先のことは
分からないけれど、

やれやれ深い谷底から
少し上昇気流に乗り
出したかも〜、でも、

一歩間違えば、また
谷底〜という危うい
状況も続くヘム家です

そんな今日この頃〜〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 09:45 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年01月26日
Aさん来訪
実家のネコ2015.1.25☆jpg
  実家に居ついてしまった
  野良ネコさんが産んだ
  子猫、ちゃっかり実家の
  家族の一員になっていま
  す、そして、その母ネコ
  さん、子猫だけ実家に
  残して、とんずら〜〜〜
  事故かもしれないけどね

我が家の次男、だらし
がなくて、全く何とも
はや〜で、ヘム夫婦の
悩みの種〜、それが
どこでどう間違ったか

ある会社の会長さんに
見込まれて採用して
頂いた〜という奇跡が
起こったのが数ヶ月前

ごろりん2016.1.25.jpg☆
   ごろりん

初めのうちこそ、心を
入れ替えたように毎朝
張り切って早い時間に
出掛けていたけれど、

そこはほら、元々怠け
癖がある上に、誘われ
たら断れない友達命〜
の性分で、

営業の仕事では夜12
時、1時となることも
多々あるようだった
けれど、その後まで、

誰と遊んでいるのやら
朝帰り〜の毎日、それ
で次の仕事に間に合う
はずもなく、遅刻〜!
が続いて、これでは

早晩クビになるだろう
と思っていたら案の定、

ぐずぐずと休むように
なり、やれやれ全く
救いようのない奴だと
思っていたそんな今日、

同僚のAさんが様子を
見に来て下さいました

それが何とも爽やかな
好青年、教養があり、
礼儀をわきまえ、非の
打ち所がないそんな
タイプ、こんな有難い
ご縁があの次男につな
がっていたとはね〜と
何ともビックリ〜で、

Aさんによると、どう
やらクビになった訳で
はなく、体調が悪い
から、しばらく休ませ
てもらうという話に
なっているようです〜

あんな生活をしていた
ら、そりゃ、誰だって
体調を崩すわ〜〜!!

それにしても、何とい
う有難い会社と同僚
の方でありましょう

次男もまた意外と強運
の持ち主だったのかも
しれません、ところが
いかんせん、その折角
の運を生かせない、

自分でその運をダメに
してしまうという、、

母が母なら子も子だわ

さて、どうなることやら、
まだ次男は決心がつか
ず休み続けるつもりの
ようですが、そうこう
しているうちに、こんな
良運をみすみす逃がして
しまうのだろうと思います

何はともあれ、そんな
今日のビックリでした〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:46 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年11月27日
次男が
初の海外出張から昨夜
遅く無事帰ってきました

〜とはいえ、家にでは
なく、帰った場所は
会社、そこで反省会を
兼ねた飲み会があった
そうで、やっと家に
帰ってきたのは今朝の
8時過ぎ〜

もう朝帰りは最近では
毎度のことだけれど、

それから、また仕事に
出掛けて行きました〜

全く海外から帰った日
まで飲み会とは〜〜、
タフな面々にビックリ

何はともあれ、無事で
元気な顔を見ることが
できてホッとしました

お土産はレモン味の塩
と、コーヒー、本当は
買い物をする時間も
なかったようで、気を
利かせた誰かに買って
もらったのだそうです

日に焼けて、ちょっと
逞しげになっていました


[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:42 | 家族(次男) | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年11月11日
次男より
次男からのプレゼント2015.11.1111.jpg☆

初給料が出たからと
次男からのプレゼン
トです、次男らしい
品選びにクスッ〜♪

大切な記念品です〜
大事に毎日使わせて
頂きます〜

と書いている時点で
私また酔って、ふら
ふらしています〜〜

終電で帰ってきた夫
を迎えに行って帰る
と、やれやれ〜と
ワインをいつもより
大目に飲んだけれど、

どう考えても、酔う
ような量ではない

元々お酒はあまり
強くはなかった
けれど、最近さらに
弱くなっています〜

先日の二の舞を踏ん
で、また酔って転ば
ないようにしないとね

最近どうも受難の相
が出ているかも〜

気を付けなくちゃね


[ 投稿者:ヘムっちょ at 23:59 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年02月02日
宙歌(そらうた)
オナーズヒルの一角☆

その船を漕いでゆけ!
お前の手で漕いでゆけ!

お前が消えて喜ぶ者に
お前のオールは任せるな!

その船は 今どこに
ふらふらと 浮かんでいるのか

その船は 今どこで
ボロボロで進んでいるのか

流されまいと 逆らいながら
船は挑み 船は傷み

すべての水夫が 
恐れをなして 逃げ去っても

その船を 漕いでゆけ
お前の手で 漕いでゆけ

お前が消えて 喜ぶ者に
お前のオールを任せるな

    作詞・作曲 中島みゆき


運転中にラジオから流れ
てきた歌、心にビンビン
響き、涙がこぼれそうに
なった曲、それはトキオ
が歌う宙歌でした

もちろんすぐにCDを
レンタルして車の中で
毎日聴いていますが、

そうしていると、私の
船もまだまだ負けられ
ないし進めなければと
パワーがあふれてくる
ような気がしてきます

そして、何よりも次男の
船を進めさせてあげたい
との思いがあふれます


[ 投稿者:ヘムっちょ at 08:37 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月25日
グラウンド隅で2010.6.24☆

  グラウンド隅の少年2人

2010.6.24サッカー練習中☆

  彼らの視線の先には

サッカー練習中2010.6.24☆

  無心でボールを
  追いかける仲間たち



お姑さんの不機嫌
は最近、不思議と
長引かなくなった
けれど・・

(そうは言ってもすぐ
またぶり返すのだ
ろうとは思うけどね)

その代わり、次男の
悩みはまだ尽きず・・

それでも、自分から
気持ちを話してくる
ようになったこの
チャンスを生かし

次男の心を軽くして、
伝えるべきことを
どう上手く伝えよう
か・・と考えている


[ 投稿者:ヘムっちょ at 09:17 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年01月21日
専門学校見学
朝の蓼科山2010.1.20

専門学校を次男と
見学に行ってきた

こんな充実の授業
を2年間しっかり
受けることができ
たら素晴らしい☆

次男のやる気次第
なのだが・・これが
一番の難関か〜・・

2010.1.22八ヶ岳

ところが、翌日に
なって、他の学校も
自分で調べてきた
らしく、やっとやる気
が少し見えてきた☆

今度こそ本気を出して
頑張ってほしいところ


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:51 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年12月15日
ヘム家の記念日
浅間山2009.12.15

朝ご飯の後片付けを
していたら、次男が
起きて、ヘムの後ろ
に来た気配がした☆

    ご飯、食べる?

・・と、振り向いたら

水戸黄門の印籠よろ
しく、手に持った何か
を前にかざしている

ん〜、何だ〜?
・・と、ド近眼ヘムが
目を近づけて見たら

( ̄0 ̄;エッ?

だ、大検の合格証?

…。( ̄◇ ̄;

ぶっ…(≧m≦)

ヾ(^▽^* ぶわっはっはっは

    ↑ヘム

    ↓〃

ヾ(@^▽^@)ノあはははは


    ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
     
        ↑次男


全くもう、この次男と
きたら、高校を早々
1年で中退して以来

仕事もしない、勉強も
しない・・何を一体
しているのやら、ただ
もうあたら青春の大事
な時間を浪費して、

こんな状態がいつまで
続くのだろうと、ヘム
夫婦の心労の元だった

高卒の資格もなしでは
やりたい仕事にもつけ
ないことはもう充分に
わかっただろうから、

高校卒業認定資格の
大検だけでも取るため
の勉強をするするよう
に・・と、ヘム夫婦が
どんなに話しても、
まるで生活は変わらず

ヘムと一緒に勉強した
時期もあるにはあった
けれど、休み時間に
ヘムが教訓じみた話を
するからイヤだ・・と
逃げてしまったまま、

調理師学校に入学した
時は、やっとこれで
次男も落ち着くだろう
・・と、ホッとしたのも
つかの間で、結局、

遊び過ぎがたたって、
出席日数不足ですぐ
また中退となり・・

その後は、またグータラ
生活に逆戻り・・(>_<)

一体どこで時間をつぶし、
何を考えているのやら

遊び服でブラーっと
出掛けてしまう日々

小言を言えば、プイッ
と出て行ったまま
帰ってこなくなる・・
という全く手に負え
ないヤツだった

勉強もしていないのに
試験だけは受けに行く
ものだから、受験料も
タダじゃないんだよ
勉強しないなら受ける
な!・・と、ヘムは苦言
を呈したものだったし

今回の試験も、案の定

  体調が悪くて、試験など
  受けられるような状態
  じゃなかったんだよ!

・・と、ムッとして
帰ってきたから、
あ〜ぁ、やっぱりね
・・と、ガッカリで、

長いトンネルの出口が
見えない重いストレス
を抱え込んでいたヘム
夫婦、とりわけダンナは
長い苦悩の日々だった

合否連絡の封書は届い
てはいたけれど、見る
までもないよ・・と気に
も留めていなかった

だから、この報告には、
ただもう開いた口が
閉まらない状態で・・

最高のギャグを飛ば
されたように、ヘム
は笑いころげ

ダンナからも

  良かった
  本当に良かった
  涙が出るほど嬉しい

・・というメールが届いた

この短い文面に込めら
れたダンナの安堵感が
ヘムには痛いほど伝わ
ってきた・・この大変な
時代に、我関せずで
遊び呆ける次男を抱え

病気になるのではない
かと思うほどどんより
暗いダンナの姿だった

こうして結果が出た
ところを見ると

次男も少しはどこかで
勉強していたのだろう

そう思うと、次男も
また、自分の気持ちを
理解してくれない親へ
の不満が鬱積していた
のかもしれないと思え
てきたりもする訳で・・

最低限の高卒資格が
取れただけでは、
まだ何になれる訳で
もないけれど、

とりあえず、何をする
にも八方塞がりという
状態からは一歩前進し

親子の距離もぐっと
近づいて、関係が
変わりつつある今日

愛しい我が子の未来に
幸あれと祈りつつ〜☆

[ 投稿者:ヘムっちょ at 13:12 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年09月12日
次男が変わった?日
3時に目が覚めました
英会話の復習でもやろ
うかな〜♪

     ( ̄‥ ̄)その前に
         食器類を片付けろ
         放りっ放しで寝たでしょ

あ〜・・(>_<)

仕方ないので、食器
洗いをして、テーブル
の上や、あれこれと
ついでに片付けていた
ら朝になっちゃったよ

   ( ̄‥ ̄)でも、そのお陰で、
       ずっと見つからなかった
        帽子が見つかったんだよね
         それも、車のトランクから

その後、明るくなって
きた6時、ヘム畑に
行き、土手ジャングル
と格闘して、半分以上
は制覇したかという
ところで。雨に遭って
逃げ帰ってきました〜
そしたら、もう8時〜

急いで朝食を作ったら、
お姑さんをマッサージ
に送り迎え〜ついでに、

マレットクラブの取材が
雨で中止になったので
代わりになる写真を借り
に会長さんに会いに行き
ました、何かと用事の
多い今日です、午後一で
コーラスクラブの取材に
行って、中を覘いたら、

こっちを向いて並んで
いる全員の目に合った

わっ・・…。( ̄◇ ̄;

これには思わず気後れ
引っ込んだら、入り
直すタイミングがない ( ̄△ ̄;)

しばらく外で待っていた
けれど、誰も迎えにくれ
ないのね〜(>_<)なので
帰ってきてしまいました
何をやっているんだか〜

ところが、家に帰って
みたら、あっ( ̄○ ̄;)

朝出掛けたはずの次男
が帰って自室の片付け
をしていた・・(・o・)!

へ〜、びっくりだ(・0・。)!

大した先生である!
K先生は、たった
1回会っただけで、
何年間も動かなかった
次男を変えるとは・・

本人の話だけでなく
親の話も聞いて、

次男の気持ちを受け
止めつつ、親の願いも
伝えてくれたらしい

有り難いことである
お医者さんの影響力
は絶大で、だから、
ただ勉強だけできる
のではなく人格者に
医師はなってほしい

それが切なる願いで
今回こうした先生に
縁があったというこ
とは幸運でした〜

諦めずに歩いていれば
いつか必ず出会える
必要な人に・・そんな
嬉しさがジンワリと
胸に染みる今日でした

次男も私も今日は
元気だ上向き中〜☆

      ( ̄△ ̄;)喜び過ぎるなよ

わかっています〜、
喜んだ後は必ず後で
ガックリ落とされる
ということは、でも、
今だけは喜びたい

良いことも悪いことも
ずっと続く訳じゃない
から、だから尚更〜☆

お腹が空いている次男
のために早めにカレー
を作ったから、夕飯の
準備も楽勝だったし、

お姑さんも次男まで
早寝したので、では、

まだ8時半だけれど、
私もお先に〜・・(_ _).oO


[ 投稿者:ヘムっちょ at 03:23 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年08月20日
次男
初谷温泉の男湯

  初谷温泉の男湯〜☆


次男への気持ちが和らぎ、
また言葉かけもするように
なった今日、

最近ずっと反抗的で、朝から
夜中までどこへやら出掛けて
しまっていた次男が、昼過ぎ
には家に帰ってきた

ところが、こちらはちょうど
出掛ける仕事がある・・
自分で食事を作って食べる
ように・・と告げると、
これまた不思議と、素直に
料理を始めたりする・・

すぐに取材に行き、その後、
健康管理のためのスポーツ
クラブにも寄りジャグジー
風呂でまったりしていたら

火の始末は大丈夫だろうか
・・と急に心配になってきた

火の用心や戸締りなど次男は
意外と用心深いから大丈夫だ
ろう・・と思う一方で、

そう言えば、最近ガスレンジ
の調子が悪く、途中で火が
消えてしまうこともあるんだ
・・と思い出し、気付かずに
火のそばを離れていたら
大変だ・・と、心配し始めた
ら、やたらと不安になってくる

親の言葉など全く聞く耳
などなく、人生を投げた
ような生活を送っている
次男の存在は身体が衰弱
するほどのストレスで、

最近では、ほとほと愛想が
尽き、もう帰ってくるな!
・・と思うこともあったけれど、

帰ってこなければこないで
不安はますます増して、心が
休まることがなかった日々・・

それでも、親の態度が次男を
ますます頑なにしていたのだ
ろう・・と思えるような次男
の変化が見えたこの日・・

ふと過ぎった不安の中で、
この瞬間、私は次男を大切
に思っている・・その想い
がグッと心に迫ってきた

そして、同時にお姑さんの
ことも心配になり、

家族というものは一人でも
欠けたら幸せになれないんだ
と、この時、切に思っていた

帰ってみたら、家はちゃんと
そこにあり、いつものように
お姑さんもそこにいて、
ホッと心をなで下ろす・・

そして、これが幸せという
ものなんだろう・・と思う
自分がいた

無事なら、きっとまたどこか
へ出掛けてしまっていること
だろう・・と思っていた次男
も、なぜか家にいて

お腹が空いているなら、
冷やし中華を買ってきたから
すぐに食べられるよ・・と
言うと、さっさと自分で作り
出し、ペロリと平らげた

久しぶりに穏やかな時間が
流れるヘム家の今日である


[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:47 | 家族(次男) | コメント(0) | トラックバック(0) ]