掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年03月24日
オペラ
O先生が出演する
大賀ホールでの
オペラに夫と2人
で行ってきました

とても素敵でした

幕が上がった途端
もう場面は、浮気
相手の家から出て
きた恋人が、見送
っている浮気相手
に向かって熱烈な
愛の言葉を高らか
に歌っているとこ
ろ、

それを目撃した
主人公が衝撃を
受けるという
クライマックス
で始まり、

もう初っ端から
涙ボロボロ〜〜

そして、ハラハラ
ドキドキの展開で、
歌声の素晴らしさ
にも感動して、

オエッオエっと
時々嗚咽を抑え
ながら、最後の
シーンまで
観終わりました

歌声は声量も響き
も何とも素晴らし
かったけれど、

夫は、

   感情豊かな表情も
   素晴しかったな〜
   主役はもちろん
   他の人達も皆、
   表情豊かだったよな

と、大感激〜

表情まで見える席
をO先生に取って
もらえたお陰様〜

そのO先生は浮気
相手の役で、

  あの二人の女性が
  どちらも引かず、
  一人の男を取り
  あう場面は何とも
  言えないよな〜

と、夫、それから
しばし言い淀んで
いたので、何〜?

何なのよ〜?女は
怖いとでも言いた
いの?と思ったら、

  男冥利に尽きるよな〜

えっ、そ、そう
いうことですか?

男の人の目から
見た場面は女の
目から見た景色
とは違うのかも
しれないですね

そこが面白いな
〜と思いました

クラシック音楽
好きの夫、1曲
だけ知っている
曲があったそう
だけれど、

   こうしてオペラの
   場面の中で生で聴く
   と、ひときわ素晴ら
   しく聴こえるな〜
   いや〜、本当に
   素晴らしかったな〜

だそうです〜〜

   そうだね〜、映画
   音楽だって、感動
   的な場面の中で
   流れるから、余計
   に素晴らしく聴こ
   えるし、

   映画の場面の方も
   素敵な音楽がある
   お陰で、さらに
   感動的な瞬間に
   感じるんだものね

   相乗効果で、両方の
   良さがき立つよね〜

と、何だかんだと
言い合いながら
帰ったのでした〜

   充分に4000円の
   価値はあったよな〜

   こんな機会があった
   ら、たまにはまた
   聴きに行きたいよな

だそうですよ〜〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 22:39 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年11月11日
草津2日目
ヴィレッジ草津の朝食2018.11.10.jpg☆

翌日は、他の皆
ものんびり休ん
でいたらしく、

別室の家族から
電話が来たのは
8時過ぎ〜〜

朝7時から紅葉
散策ツアーが
あるので、参加
したいと言って
いた妹も、

暖房が効き過ぎ
て夜なかなか
眠れなかった
そうで、寝坊
だったようです

やっぱり人工の
風は私たちの体
に合わないかも

それから、朝食
はバイキング〜

片っ端から料理
を取ってくる私
に比べて、旅行
慣れている兄は
ほんの少しだけ

あまりたくさん
取ってくると
食べ切れなく
なるよ〜と言わ
れたけれど、
完食しました〜

それに、兄は後
でお腹を空かせ
て、帰りの車中
でお饅頭を食べ
ていたところを
みると、

私のバイキング
の頂き方が正解
だったような?(笑)

それはさておき、
食後は、お風呂
に入りたいと
いう母に付き合
って、妹は温泉

私たち夫婦は兄
に誘われ、ミニ
ゴルフを楽しみ
ました〜


続きはそのうち
気が向いたら〜

最近パソコンを
使い過ぎている
ので、目のため
パソコン時間を
制限しています


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:41 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年11月10日
草津へ
紅葉2018.11.09.jpg☆

  本当はもっとキレイ
  な紅葉がたくさん
  あったのだけれど、
  撮れなかった〜〜


兄が退職祝いで行き
たがっていた草津の
ホテルビレッジ草津

母の入院でお流れに
なってしまっていた
けれど、母が退院
して症状も落ち着い
てきたので、やはり
行きたいよね〜と、
ついに出掛けました

通り道の軽井沢では
紅葉はほとんど終わ
っていたけれど、

群馬に入ると紅葉
てんこ盛りの山々
が車窓から見えて

  1週間前ならもっと
  キレイだったけどね

と兄は言ったけれど、
私はこれだけでも
大満足〜もう今年は

懐古園の紅葉だけで
終わりか〜と思って
いたのに、こんなに
遅くなってから、
これでもか〜という
ほど見れるなんて〜、

写真はあまり撮れな
かったけれど、目に
焼き付けました〜〜

ビレッジ草津2018.11.10.jpg☆

そして、到着した
お宿は、広々した
洋室の隣に和室も
あり、ジャグジー
風呂までついた
豪華部屋〜、あ〜、
ゆったりした部屋
って癒される〜〜

ビレッジ草津の和室2018.11.10.jpg☆

でも、兄のお薦め
は、これだけでは
なく、遊び放題券
付きというところ

部屋のお風呂2018.11.10.jpg☆

ボーリングに水泳
にテニスにゴルフ
に、他にも色々、
翌日の16時まで
遊び券は使えると
いうプラン、

一日目から遊ば
なければ、とても
遊び切れない
ですよね〜、でも、

私たち夫婦に合わ
せてくれた出発は
遅くなってしまっ
た上に、

あちこち寄り道も
しながら行った
ので、時間が足り
なくなりました〜

ホテルの部屋から見えた景色2018.11.10.jpg☆
  部屋から見えた景色

それでは、今日の
ところは湯畑でも
見がてら、酒の
つまみでも買い
出しに行こうと

父母は宿に残して、
夫と兄と妹と私の
4人で循環バスに
乗って出掛け、
帰りはぶらぶら
散策しながらの
ウォーキング〜〜

それから、お食事
は、一番奥の個室
で、他の人たちに
気兼ねすること
なく、上品な料理
を楽しめました〜

私達の食事の進み
具合に合わせて、
一品ずつ運ばれて
くるお膳も贅沢感
満載〜

とても感じの良い
中居さんは、何と
モンゴル出身だ
そうで、日本人と
まるで変わらない
顔をしているし、
日本語も上手で
気が付かなかった
可愛い方でしたよ

食後は、足が腫れ
てしまった父と
運転で疲れた兄は
足のマッサージ

ボーリング2018.11.10.jpg☆

その後は、父母を
また部屋に残して
私たちだけで、
ボーリングをしま
した〜、お世辞
にも運動神経が
良いとは言えない
夫もボーリング
だけは私よりも
上手で、嬉しそう
でした〜

部屋に戻ると、例
によって、飲み
足りない夫に付き
合って兄も呑むと
いう底なし飲兵衛

その間に私たちは
お風呂に入って、
一日目は終了〜〜

のはずが、眠れな
い〜、暖房が効き
過ぎているせいか
普段より運動が
足りていないせい
か、3時まで眠れ
なかった〜〜

部屋で時間があれ
ばやろうと持って
いった家計簿や
目のトレーニング
の本などがあった
ので、コツコツ
夜中にできたし

2部屋あったので
ふすまを閉めたら、
洋室で寝ている夫
に遠慮することも
なく起きていられ
たけれど、困った

折角の遊び放題
プラン、寝坊した
ら、また時間が
足りなくなる〜〜、
どうしよう〜〜〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 22:43 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年10月15日
Yさんご夫婦との2日目
軽井沢ショー礼拝堂2018.10.14.jpg☆

9時過ぎにYさん
達を万平ホテルに
迎えに行き、

まず向かった先は、
軽井沢と言えば?
ショー礼拝堂〜〜、

まだ紅葉には少し
ばかり早すぎて
陽射しも足りない
ので、何だかね〜
のイマイチな景色
だったけれど、

探求心旺盛な夫妻
がどんどん奥まで
歩き出し、ついて
行ってみたら、

ショーハウス〜2018.10.14.jpg☆

奥に、ショーさん
のお住まいがあり
ました〜、あら〜
知りませんでした

ショーハウス内の部屋〜2018.10.14.jpg☆

中に入れるように
なっていたので、
お邪魔して、アメ
リカンらしい部屋
を見学したら、

次に向かったのは
雲場池〜

雲場池にて〜2018.10.14.jpg☆

こちらも日照不足
と、紅葉になり
始めのまだショボ
イ景色〜なので、

これでは、どんな
に見て歩いても
似たような景色だ
ろうな〜と、軽井
沢はもう諦めて、

堀辰雄の住まい2018.10.14.jpg☆

追分の堀辰雄資料
館に行きました〜

堀辰雄の婚約者2018.10.14.jpg☆
  堀辰雄の婚約者

  結婚する前に病気
  で亡くなってしま
  ったこの方が

  風立ちぬのモデル
  だそうです〜

書庫2018.10.14.jpg☆

  堀辰雄が楽しみに
  していたこの書庫
  の完成を見ずに、
  堀辰雄は永久の旅
  へと旅立ったのだ
  そうですよ〜

そうそう、写真は
撮り忘れたけれど、
原稿の字が下手
くそで、小学生の
時に書いたのか?
と思ってしまった

私も下手なので、
人のことは言えま
せんが〜

原稿の字だけなら
まだ分かるけれど
ハガキの字も下手

それでいて、奥様
か誰かに、

  あなたはいつも
  あわてたような
  字を書くから、
  あわてないで 
  書きなさい

と書き送っている
という・・(笑)

その言葉は正に君に
言ってあげたい(笑)

ヴィラデスト・ワイナリーにて2018.10.14.jpg☆

それから、東御の
ヴィラデスト・
ワイナリーへ〜
向かう途中から
次第に晴れてきて、
とても、良い天気
になりました〜〜

こちらでお食事〜

ヴィラデスト・ワイナリーのデザート2018.10.14.jpg☆
  これはデザート

それから、近くの
海野宿を見て歩き
ました、これにて
今日の予定は終了

ヘム家近くの駅
まで2人を送って、

今回の旅はお開き

あまり旅行に行か
ない私たちもお陰
で、あちこち歩き
回り、良い遊山に
なりました〜

Yさん達、有難う

来年は富山に来て
と言われたので、
行けると良いな〜
と思います〜〜〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 10:38 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年10月14日
Yさんご夫婦と
太皷楼2018.10.13〜.jpg☆

ついに、夫の学生
時代からの友人
Yさんが奥様と
我が家にやって
きました〜、

この奥様、一橋大
卒の才媛で、初め
て会う時は、どん
な人なのだろうと
興味津々と同時に

気疲れするかも〜
という心配も入り
混じっていたけれ
ど、会ってみると、

話好きなどこにで
もいるような庶民
的おばさんで(笑)

Yさんも、本当に
慶応卒ですか〜?
本当に会社を経営
しているのですか?
大丈夫?と笑って
しまいそうな^^;

何はともあれ^^;

すっかり打ち解け
て、数年前には
黒部ダムの見学会
に招待してもら
って、一緒に旅行
に出掛けた仲〜

今回はこちらに
ご招待〜となり、

近辺を案内して
もらえれば充分
〜という言葉を
真に受けて、

本当の近場から
見て回りました〜

太皷楼の中2018.10.13.jpg☆

まずは、太皷楼〜

アメリカで西洋建築
を学んだ市川代次郎
が設計と建築をして、

この地に無学の人
なからしめんと
村人たちの寄付
だけで、建築費用
は賄われたそうで
す、ずっと身近に
あった太皷楼、

そんな尊い祖先の
心があったとは、
ずっと知らずに
いました〜〜

教えることは学ぶ
こと、とはよく
言ったもので、

教えた訳ではない
けれど、案内した
ことで、私の方が
大切なことを学ぶ
ことができました

続いて訪れたのは
五稜郭、お殿様の
領地ではあった
けれど、時代が
変わる境目に建築
が進められたため、

堀の星型の一部は
完成しないまま
終わってしまった
そうです、また、

堀に囲まれた土地
にはお城ではなく、
普通の住居があっ
たのだそうです〜

へ〜、

マッカーサー元帥の銅像.jpg☆
マッカーサー元帥の銅像

そのすぐ近くの
川村吾蔵記念館

世界的に有名な
彫刻家のようで、

ホワイトハウス
に招かれ、大統
領の銅像なども
多数作ったそう
で、野口英世や
ヘレンケラーの
銅像もありまし
た、以前訪れた
ことはあった
けれど、あまり
印象に残って
いなかった〜〜

地元のこと、何
も知らなかった
のね〜と、反省
と発見の一日と
なりました〜

島崎藤村の住まい2018.10.13.jpg☆

あ〜、そうそう、
ついでに、貞照
寺にも寄って、
少し歩いてから、

移築された島崎
藤村の家も見ま
した、それから

お馴染み〜長野
牧場も少しだけ、

ここは以前来た
時に連れてきて
もらったという
ので、今回は
簡単にしました

万平ホテル2018.10.13.jpg☆

そして、お二人の
お泊りは、軽井沢
の万平ホテル〜

万平ホテルの夕食2018.10.13.jpg☆

そこで一緒に食事
した後、私たちは
家に戻りました〜

ら、案の定ご機嫌
斜めなお姑さんと
ご対面〜、あ〜ぁ、

早くも、見たくも
ない現実に逆戻り〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:21 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月25日
Bさんの別荘でバーベキュー
同じ会社に勤めて
いた頃からの夫の
友人Bさんご夫婦
からバーべキュー
に誘われていた
今日は、仕事を
キャンセルして、

大急ぎでジムでの
運動をしてから、

夫と一緒に軽井沢
にあるBさんの
別荘へ行きました

そこには、すでに
何日も前から来て
泊まっていた
Oさんご夫婦が
いて、後から来た
Sさんご夫婦も
合流したら、

早速バーベキュー
を始めました〜が、

そのお肉と海鮮類
が、前にお邪魔
した時もそうだっ
たけれど、流石は
軽井沢、この辺り
には売っていない
ような上等なもの
ばかりで、感激〜

すでに火は熾して
あり、焼く係は
例によってBさん

初めはOさんの
奥様と私も手伝い
焼いていたけれど、

そのうち皆お喋り
に夢中になって、

Bさんがほとんど
一人で大汗かき
ながら焼いて、
皆のお皿に盛り
分けてくれている
という状況に。。

会社を経営してい
るBさん、従業員
さんたちも接待
することが時々
あるらしく

慣れてはいるよう
だけれど、そうは
言っても、気の
利かない嫁たちで
申し訳ない〜、

栄養たっぷりで
美味しい焼肉を
お腹いっぱい楽し
く頂きました〜、


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:05 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年05月04日
平尾山へ
しゅっぱ〜つ〜2018.5.4.jpg☆

山女の妹に誘われて、
近く(車で10分)
の平尾山を歩いて
きました〜、本当は
夫も誘われていたし、

と言うより、他の誰
より夫こそ森林浴で
癒された方がいいよ

と言われていたのに、

例によって例の如く、
お姑さんの騒ぎが
夜中からまた始まっ
てしまったので、

そのお相手のため
夫は家に残り、

プール仲間のEさん
と兄と妹と私の総勢
4人で〜

平尾山2018.5.4.jpg☆

初心者向きの手軽
な山と言われている
割には坂道が急で
最初から私はダウン
気味、皆の後から、
ふらふら〜っと
やっとこ付いて行く
ばかり〜、

やっと習慣になって
きたジムでの運動も
ここ2週間休んで
しまっていたから〜

体力はアッという間
に落ちてしまったな
と思っていたところ

山頂2018.5.4.jpg☆

それでも、新緑の
木々を眺めながら
歩く山の中は清々
しくて、とても
良い遊山になったし、

ジムやプールでの
運動よりずっと足腰
に効きました〜

半分青い2018.5.4.jpg☆
   おっ、半分青い〜  
   と妹が言うので
   見上げた空には
   白い雲が動いて
   きて青空を半分
   隠していました


兄やEさんにとって
も思ったより手応え
ある山だったようで、

  平尾山、侮り難し〜
  今までナメテいた〜

などと言っていた
から、キツかった
のは、体力不足の
私だけではなかっ
たようです〜、

とは言え、登りは
果てしなく感じて
も、下りてみれば、

それ程でもなかった
かもと思ったりして、

山の中2018.5.4.jpg☆

ゴールデンウィーク、
ここを歩いただけで
満喫〜の気分になり
ました〜、山歩き
良いですね〜、妹が
夢中になる気持ちが
分かる気がしました

夫も連れて月1位で
ここに歩きに来れば
?と言われたけれど、

え〜、夫と?それは
清々しい山歩きとは
程遠い予感〜、また
皆で一緒に行こうよ〜



[ 投稿者:ヘムっちょ at 18:10 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2018年04月23日
新潟2日目
市場2018.4.23.jpg☆

翌日は早起きして、
昨夜は入れなかった
お風呂に入ってから

品数の多い朝食に
喜んで頂いて、

それから、高速で
海を見ながら走り
市場に行きました、

お付き合いの多い
実家の家族は
お土産をたくさん
買ったけれど、

私たちは、すご〜い
安〜い、でも、こん
なに食べられない〜
と見ているだけ〜〜

それでも、折角なの
でカレイと、アジの
開きを買いました〜、

車中から見えた景色2018.4.23.jpg☆

この辺りで、父母も
足が痛くなってきた
ようで、疲れが見え
たので、お寿司を
頂いてから、再び、

新潟からの帰り2018.4.23.jpg☆

車に乗って、今度は
山の景色を眺めなが
ら、海もいいけれど、
やっぱり山もいい
よね〜と言いつつ
ドライブしまいした、

サービスエリア2018.4.23.jpg☆

そして、途中一休み
のサービスエリアで
またお買い物〜^^;

桜〜2018.4.23.jpg☆

そんな旅もようやく
終盤に近づいた頃、
来る時にも見えた桜
が気になるから、

少し見て行こうかと
いうことになり、
立ち寄ったら、見事
な桜並木と菜の花畑
がありました〜〜

菜の花2018.4.23.jpg☆

こんな所で、意外な
お花見の名所を見つ
け、もうかなり疲れ
ていた様子の父母も
少しだけ歩いて、
お花見しました〜〜

菜の花と父母2018.4.23.jpg☆

今年はあっと言う間
に満開となってしま
い、お花見に行く暇
もなかったな〜と
思っていたら、

まさか、私達の土地
よりずっと早く花が
終わっていたはずの、
こんな所で見事な花
を見ることができる
とは〜、

たくさんの花たちに
囲まれて、母の卒寿
の旅は華やかに締め
となったのでした〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:41 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月22日
卒寿のお祝い
駅前2018.4.22.jpg☆


絶好の行楽日和に
に恵まれた今日、

母の卒寿のお祝い
をしようと誘われ
ていたので、実家
の家族と共に、
新潟県の鵜之浜
温泉に行きました

父母と妹は兄の車
で午前中に出発し、

村の役員の用事が
終わってから午後
に出発となる夫に
付き合って、私も
夫と共に電車で、

電車の旅もたまに
はいいものだね〜
と、のんびり楽し
んでいた私たちを、

それではちょっと
間に合わないから
途中の乗り換え駅
まで迎えに行くよ
と、連絡が入り、

人魚2018.4.22.jpg☆

皆と一緒に来てくれ
た兄の車に乗り込み
向かったのは、旅館
の真ん前の海〜!!

と夕陽〜!海に沈む
夕陽を皆で見ようと
思ってくれたようで

まだ日は少しばかり
高いうちに着いたの
で、砂浜をしばらく
散歩して、そして

日本海の夕陽2018.4.22〜.jpg☆

ついに海に落ちて
行く夕陽を目の前
にしたのでした〜

宿に戻ってからも
窓から、太陽の端
まで海に吸い込ま
れていく様子を
見送り、それから、

広い個室での夕食
となりました〜〜

まず、夫がお祝い
の詩吟を吟じると、

父母は涙目でじっと
聴いてくれました

それから美味しい
食事に舌鼓を打ち、

最近ではこれまで
以上に食べる量が
減ってしまった母
も、今日は珍しく
たくさん食べて、
皆が大いに安心
したのでした〜〜

旅館の亀さん2018.4.23.jpg☆

   旅館にいた亀さん、

   石の上にじっとして
   いたのに、私たちが
   通るたびに、驚いて
   石から転げ落ち、
   慌てて奥の石の陰
   に隠れようとする姿
   が可愛いくて笑った〜

   亀って、いつもジー
   っとしているだけで
   つまらないと思って
   た、亀にもいろいろ
   性格があるみたい〜


部屋に戻ると、例
によって二次会だ
と言って、酒盛り
する兄と夫〜、

私たちも少しだけ
味見をしたら、
オセロや花合わせ
などのゲームを
して過ごし、一日
目は暮れました〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:08 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(4) | トラックバック(0) ]