掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年01月15日
敬意と共に
八ヶ岳と雲2016.1.16.jpg☆

悲惨なバス事故のニュース
が飛び込んできました

スキーへ向かう若い命に
突然襲い掛かった悲劇は
衝撃で、テレビでは一日
中このニュースを伝えて
いたらしく、重苦しさが
満ちた日となりました

K先生の病院にも何人か
搬送されたようで、夜中
にきっとK先生も起こさ
れ、治療に追われていた
はず、尊い仕事であり、
やはり雲の上の方なんだ
な〜という思いを新たに
しました

疲労困憊している先生を
スポーツクラブが癒して
くれる場であり続けます
ように、私も静かに遠く
から少しでも先生を元気
づける存在になりたいと
思った今日、

少なくとも挙動不審で
先生を悩ませること
だけは避けなければね

自分の気持ちの持って
行き場に悩むより、
先生の気持ちを楽に
してあげたい、そう
思った時に、私の心も
楽になりました〜

というか、何でも書い
ていいブログだから
と言って、よくこんな
ずうずうしいことを
書いているよね、私。

自分を良く見てみなよ!

そんな訳で、庶民の私
はジャグジーで仲間と
の会話を楽しみ、ため
になる話なども聴いて
過ごしてきました〜分
相応な暮らしが一番〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 22:40 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年01月13日
大好きで大好きで、
やぎさん2016.1.11.jpg☆

自然にふるまえない〜

父の通院の付き添いで、
K先生に会えた今日は、

先日のお詫びを言おう
と思ったのに言えなか
ったし、それどころか

私の方を向いて笑って
先生が話しかけて下さ
ったのに答えることも
できず、ただどぎまぎ
下を向いているばかり、

ダメ自分にガッカリで、
診察室を出た途端ど〜
っと落ち込みました〜

大それたことを期待して
いる訳じゃない、ただ
他の人より少し仲良し
に、スポーツクラブと
いうプライベート時間
も共にしているという
特別感で、ほんの少し
だけ親しくなれたら
すごく嬉しいだけなのに、

どうしても近づけない
大物過ぎて近づけない
大好き過ぎて近づけない

K先生、優秀なお医者様
方の中でも、とりわけ
高位なお方だと思います

そういう方をマジで好き
になってしまう私も相当
ずうずうしいですよね〜

しかも、その先生から
近づいて下さっても逃げ
てしまう私って一体〜?

そう言えば私って若い
頃から誰かを好きに
なると逃げてばかり
いたから恋愛経験ゼロ〜

ずっと体調が悪かった
から恋愛どころでは
なかったということも
あるけどね、

プールには男友達は何人
もいるのに、なぜか彼ら
とお喋りする時の気楽さ
はK先生を前にすると
消え去ってしまいます〜

またそのうちプールで
いつか会えた時に挽回
します〜かも?多分? 

K先生はかなり前から
スポーツクラブには
入ってはいたけれど、

忙しいからなかなか
通えないようだと病院
関係者のTさんが言っ
ていたから、次の機会
は当分なさそうです〜

今日はこの後また長野
牧場を少し歩いたら、
N君との勉強で終了〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:31 | 心の声 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年12月24日
山に教えられ
蓼科山の夕焼け2014.12.23☆


雪はほとんど消えて
しまったけれど、
まだ山を眺めています

山に憧れ、空に雲に
憧れている、ここの
自然が大好きだという
ことを思い出しながら、
そこに佇んでいると、

この美しい自然だけで
なく、心の目を開けば、
恵まれていることが
他にも多々あるという
ことが思い起こされて、

感謝を忘れず生活しな
ければいけないな〜と
いう気持ちが自然に
湧き上がってくるのです

[ 投稿者:ヘムっちょ at 18:38 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年06月15日
夜中の独り言
ふと立ち止まる

今の私は間違って
いないだろうか?

いや、すべて正しい
訳じゃない、それは
自分でも分かっている

それでも、お姑さんは
信じられないと思い
込んだ気持ちを変える
ことができないし、

それは表情にも態度
にもつい出てしまう

そんな自分に打ち勝つ
には、やはり朝起き会
かと思ったりもするし、

座禅かな〜とも思う

うん、座禅に行こう。

  ☆ ★ ☆

でも、お姑さんと対面
してしまうと、やはり
気持ちはすぐ落ちる〜

  パートに行ってきます

・・と声を掛けても
ふんと不機嫌に
そっぽを向いて
ブツブツ文句を
言っていたくせに、

嫁は出掛ける時に
挨拶もしなかった
と言って大騒ぎ〜〜

その騒ぎに付き合わ
される夫もたまった
ものじゃないよね〜

あ〜ぁ、もう全く
やってられないよ〜〜

ということになる〜〜

嫁の悪口雑言、世間中
に今でも言って回って
いる人に、どうして心
を許して付き合って
いけるのか?という話
にもなってくる〜〜〜

そして、そんなそぶり
さえ見せない、その
しらじらしい裏表の
激しさも許せない〜

  
   そんなこと私が言う
   訳ないでしょう!!
   疑り深い根性の悪い
   嫁だわよね!!

・・・とお姑さんは言う
けれど、世間中に悪口
は広がって知らない人
はいないのですけどね〜

あ〜、また振り出しに
戻ってしまいましたね〜

[ 投稿者:ヘムっちょ at 03:07 | 心の声 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2012年12月03日
心配は尽きないけれど
蓼科山の夕焼け☆

  労わりの 酒を交わさん 冬の夜

そろそろまた1句
ひねらなければね〜
と思いついたまま〜
のテキトー俳句〜

そのうち直します〜

ヘム家の女たちの
すったもんだを最近
またグダグダと書い
ていますが、本当は
そんなことはどう
でもいいんです〜

あ〜ぁ、また騒ぎた
い波が来たな〜と
思うだけだし、

こちらも書いてしま
えば気が済むので〜

あ、いや、それよりも、
お姑さんともう少し
上手に付き合えない
自分自身をまだまだ
だな〜とは思いますが

それよりも、ブログに
書けないような悩みも
ある訳で、それは、
もちろん、それぞれの
家庭にもあると思うし

それに日本にも、
もちろん世界にも。

昨日のトンネルでの
事故も悲しい惨事
でした、高度成長期
に作ったインフラは
次々老朽化を迎え

同じような事故が
起こる可能性が
今後もますます
大きくなるのだろう
と思うと心配です

それでも、いろいろ
あっても支え合える
相手がいるという
ことは有難いことで

様々な問題があって
別れてしまうカップル
もいるけれど、やはり

夫婦は問題を一緒に
乗り越えながら生き
続けるから、いつか
本当の夫婦になれる
ような気がします〜

[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:55 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年08月22日
変われるのか?
男の子☆

人は簡単には変わらない
変わったと思っても
何かの拍子に簡単に
元に戻ってしまう

でも、それはお互い様で

同じことを何度も
繰り返しながら、

それでも、何かが
少しずつ変わり始める
そんな風を感じている

うだる暑さの中にも
虫の声や空の色に
少しずつ秋の近さを
感じているように


[ 投稿者:ヘムっちょ at 03:08 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年08月03日
自然と共に生きる
働く人☆

遠くに行かなくてもいい
ちょっと立ち止まって
目の前に広がる自然と
向き合う瞬間さえあれば

あるいは、いつもと違う
道を歩いてみたりしたら、

一日が違ってくる
生活が変わってくる

そう、ここのところ
ずっとゴタゴタ続きで、
山を眺める心の余裕も
なかった気がします〜

[ 投稿者:ヘムっちょ at 00:31 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年07月21日
貧乏はパワーの元
夏空☆

怒りもまたパワーの元〜

そう思える今日この頃〜

今までは今一つ後一歩が
踏み出せなかったことに
手を出し始めています〜

失敗もあるけれど、それも
また社会勉強で、新しい
ことに着手できているので
個人的には一応充実中〜

家庭内はゴタゴタとモメ事
が多く気分の浮き沈みも
激しかったけれど、

こちらも一応、今日は何と
か落ち着いてきて、家族の
新しい関係に進展中と見え
なくもなく、これぞ正に雨
降って地固まるということ
になるのかもしれません〜

あ、いや、これで落ち着い
たらヘム家ではないという
気がしないでもなく、

まだまだいろいろあるのだ
ろうと思いますが、夫とも
お姑さんとも・・、それで
も、一応表面的には平和そ
うなヘム家の夜が暮れてい
きます、そんなこんなの
ヘム家の近況でありました


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:19 | 心の声 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年04月07日
空に
夕方の浅間山2010.4.7〜☆

この澄み渡った空の
下にいて、なぜ私は

2010.4.7夕方の烏帽子岳と湯の丸〜☆

日々どうでもいい
ような小さなことに
心囚われて
しまうのだろう?

   それは恵まれ過ぎているから

夕方はまだ凍えそう
な冷たさの中に凛と
立つ山たちが静かに
しかし優しく答えた

今日は次男の入学
式です


[ 投稿者:ヘムっちょ at 18:31 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月18日
眠れない夜
トンボ2009.7.16

久しぶりの眠れない夜

ふと思っている

毎日やるべきことは
やっている・・考えて
も仕方のないことは
あまり考えないよう
にして暮らしている

それでいい訳ではない
けれど、そうしなけれ
ばとてもじゃないが
やっていけないよ・・
という気分にもなる

それでも、私にも何かが
足りないんじゃないか?

心のこもった料理や
心に届く声かけや

できる範囲で頑張って
いることへの労わりや

朝起き会から足が遠の
いた分だけ、自分を見
直さず、自分は正しい
・・と思い込んで、相手の
心に思い至らなくなって
いるのではないだろうか?

次男の反抗的な態度や
生活のだらしなさばかり
に囚われて、心の重さを
わかろうとしてあげてい
なかったのかもしれない
・・と、心が少し痛む夜

[ 投稿者:ヘムっちょ at 01:10 | 心の声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]