掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年10月14日
Yさんご夫婦と
太皷楼2018.10.13〜.jpg☆

ついに、夫の学生
時代からの友人
Yさんが奥様と
我が家にやって
きました〜、

この奥様、一橋大
卒の才媛で、初め
て会う時は、どん
な人なのだろうと
興味津々と同時に

気疲れするかも〜
という心配も入り
混じっていたけれ
ど、会ってみると、

話好きなどこにで
もいるような庶民
的おばさんで(笑)

Yさんも、本当に
慶応卒ですか〜?
本当に会社を経営
しているのですか?
大丈夫?と笑って
しまいそうな^^;

何はともあれ^^;

すっかり打ち解け
て、数年前には
黒部ダムの見学会
に招待してもら
って、一緒に旅行
に出掛けた仲〜

今回はこちらに
ご招待〜となり、

近辺を案内して
もらえれば充分
〜という言葉を
真に受けて、

本当の近場から
見て回りました〜

太皷楼の中2018.10.13.jpg☆

まずは、太皷楼〜

アメリカで西洋建築
を学んだ市川代次郎
が設計と建築をして、

この地に無学の人
なからしめんと
村人たちの寄付
だけで、建築費用
は賄われたそうで
す、ずっと身近に
あった太皷楼、

そんな尊い祖先の
心があったとは、
ずっと知らずに
いました〜〜

教えることは学ぶ
こと、とはよく
言ったもので、

教えた訳ではない
けれど、案内した
ことで、私の方が
大切なことを学ぶ
ことができました

続いて訪れたのは
五稜郭、お殿様の
領地ではあった
けれど、時代が
変わる境目に建築
が進められたため、

堀の星型の一部は
完成しないまま
終わってしまった
そうです、また、

堀に囲まれた土地
にはお城ではなく、
普通の住居があっ
たのだそうです〜

へ〜、

マッカーサー元帥の銅像.jpg☆
マッカーサー元帥の銅像

そのすぐ近くの
川村吾蔵記念館

世界的に有名な
彫刻家のようで、

ホワイトハウス
に招かれ、大統
領の銅像なども
多数作ったそう
で、野口英世や
ヘレンケラーの
銅像もありまし
た、以前訪れた
ことはあった
けれど、あまり
印象に残って
いなかった〜〜

地元のこと、何
も知らなかった
のね〜と、反省
と発見の一日と
なりました〜

島崎藤村の住まい2018.10.13.jpg☆

あ〜、そうそう、
ついでに、貞照
寺にも寄って、
少し歩いてから、

移築された島崎
藤村の家も見ま
した、それから

お馴染み〜長野
牧場も少しだけ、

ここは以前来た
時に連れてきて
もらったという
ので、今回は
簡単にしました

万平ホテル2018.10.13.jpg☆

そして、お二人の
お泊りは、軽井沢
の万平ホテル〜

万平ホテルの夕食2018.10.13.jpg☆

そこで一緒に食事
した後、私たちは
家に戻りました〜

ら、案の定ご機嫌
斜めなお姑さんと
ご対面〜、あ〜ぁ、

早くも、見たくも
ない現実に逆戻り〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:21 | 行楽・ゆっくり流れる時間 | コメント(0) | トラックバック(0) ]