掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年11月27日
叔父のお葬式
上山田の夜景2017.11.25.17:00.jpg☆

翌日は朝8時の出棺
に間に合うように

早起きして6時45分
に始まるレストラン
に一番乗りして朝食
を頂いてから、叔母
の家に出掛け、

お見送りだけで良い
と言われていた私達
まで、折角だからと
出棺前の儀式に立ち
会わせて頂きました

棺を釘打ちする前に
家族一人一人が叔父
に最後のお別れをし
て、叔母は叔父の顔
をなでながら、

  ありがとう
  ありがとうございました
  幸せだったね

その姿は涙を誘い、
他の家族もそれぞれ
の言葉を掛ける姿を
目で追いながら、
涙はとめどなく溢れ
ました、

永久の別れ、これで
本当に体も魂もこの
世から消えてしまう
そんな気がする瞬間

その寂しさは、家族
でなくても身に迫る
思いがしました

焼き場へは父だけが
同行し、まだ体調が
優れない母と私たち
はその後のお葬式で
お焼香だけすれば
良いとのことだった
ので、一旦ホテルに
戻り、兄はお風呂へ

私はバイキング形式
の朝食をしっかり
また頂いてしまった
その食欲に唖然の皆^^;

それから、お葬式に
向かい、お焼香を
済ませたけれど、
ここでもまた灰寄せ
という宴席に私たち
まで招き入れられ、

叔父の孫が喪主とし
て、立派な挨拶を
する姿まで見せて
もらうことができま
した、

多趣味で、家族一人
一人に愛情を注いだ
叔父が残したものは、
こんな素敵な家族
だったのだと思うと、

叔父の死は決して
悲しいだけのもので
はなく、立派に務め
を果たし、舞台を
降りただけなのだと
いう気がしました

家族それぞれ様々な
想いを胸に、帰りは
雪が心配な山道は
避け、高速道で帰り
ました


[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:03 | 行事 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月26日
茅野へ
茅野からの帰り道2017.11.26.jpg☆
   こちらは帰りの高速
   道からパチリ〜☆

   行きは写真どころで
   はなかったのですよ〜


父方の叔父のお葬式
に茅野市まで実家の
家族と共に行って
きました、

私たち兄弟はお焼香
だけで良いとのこと
だったけれど、

お通夜にも参加する
父母に合わせて、
私たちもホテルに
一泊の予定で、各自
の用事を済ませて
から夕方4時に出発

お葬式とは言っても
久しぶりの家族旅行
は楽しさもあっての
ドライブ、

峠で雪にでもなった
ら越えられないよね
などと冗談に言って
いたら、峠に近づい
た頃まさかまさかの

その雪がちらついて
きて、どんどんそれ
は勢いを増して降り
しきる、

道は見る間に白くな
り、このまま進んで
大丈夫だろうか?と
いう不安が過る中、

兄はひたすら前に
前にと用心深く車
を進める、

ブレーキをかける
とスリップする
から、前の車に

  停まるなよ〜停まるなよ〜

と、唱えながら、

それなのに、何と
前方にはスリップ
して動けなくなっ
た車が何台も横に
並び、道をふさい
でいる、

  うぉ〜、何だこれは〜

と言いながらも、兄
は取りあえず、そこ
にさらに後から来る
車が次々詰まって
動きが取れなくなる
前に車をゆっくり
慎重にバックさせる、

他の車もそれを見て
同じようにバック
してくる、

バックしたところで
Uターンして戻って
行く車もあれば、

そこに留まり思案し
ている私達のような
車もある、行くも
難儀、帰るも難儀、

八方ふさがり〜〜
と思っている間に、

何とか道の詰まりも
取れて、一台分が
通れる道が空いた
ところで、兄はまた
前方に進路を取りま
した、

都会の人と比べれば
雪道には慣れている
とはいうものの、

こんな山道で、暗い
時間帯での雪は
初体験だそうで、
緊張してハンドル
を握り続ける兄に、

後ろに乗っている
私たちまで固まり
ながらも、

   兄〜、頑張れ〜!

と声援を送る

  お、お〜!

と返事はするけれど、

  カーブだけなら、
  何とかなるけれど、
  下り坂になったら
  俺は固まるぞ

え〜、マジですか?

このまま遭難したら
会えなくなる人の
顔がふと浮かぶ、

そのうち、前方に
また立ち往生した
車列が見え、そば
には警察官が立ち、
この先は通行止め
だと伝えている、

他のルートもある
にはあるけれど、

そちらは茅野市の
管轄なので、道の
状況までは分から
ないとのこと、

一か八か行ってみよ
うとの兄の判断で、
そちらのルートを
取り、同じように
滑り易い道を恐る
恐る進んで、そして

ついについに〜何と
か山をほぼ越えて、
ここまで来れば何と
かなる〜という所
まで辿り着いた時は
兄に皆で拍手喝采〜

ところが、それから
もまた一騒動ありま
した〜、安心したと
同時に体の異変を
感じたらしい母が
吐きたいと言い出し、

袋を渡した途端に、
その中にゲロゲロ〜

母は青ざめグッタリ
はしているけれど、

それでも何とか叔父
の家には辿り着いた
のでした〜、

お通夜はもう終わり、
近しい親族だけが
残る家に私達も招き
入れてもらい、

あまり遅いから事故
にでも遭ったのでは
ないかと心配して
いた叔母たちが親切
にもてなしてくれて、

小学生の頃、一族が
集まった折に1度か
2度しか会ったこと
のない従妹とも対面
して、

  それでも、なぜか
  面影が残っていて
  分かるよね〜

と、打ち解けて、

  うん、Eちゃんは
  とても元気な女の
  子だったよね

    ヘムちゃんはキレイ
    なお姉さんって感じ
    だったよ

  えっ、うそ!内気で
  話もできないような
  ダメな子だったのに?

お悔やみに来たのに、
温かい接待を受け、
私たちの方が心が
ホッと安らぐ時間と
なりました、

8人兄弟の父の親戚
は多過ぎて、私は
あまり接点のない
まま過ぎてしまった
けれど、素敵な家族
を見て、叔父の人柄
が分かるような気が
しました

人は誰にも最期の時
が来る、自分の人生
が切れる時という
意味だけではなく、

どんな生き方をした
か、何を残したかが
明らかになる日、

それが最期を迎える
意味なのかもしれな
い、そんなことを
感じた叔父のお葬式

私の生き方はどうだ
ろうか? まだまだ
半人前で、これでは
情けないな〜などと
思う日となりました



[ 投稿者:ヘムっちょ at 22:21 | 行事 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年11月23日
ご無沙汰してました~、
八ヶ岳と野焼き2017.11.16.jpg☆

特に変わったことが
あった訳でもないの
だけれど、ほとんど
パソコンを開く時間
はありませんでした

一年も早いけれど、
一日もアッと言う間

日毎に時間が短く
なっていくような
気がします、それ
だけ充実している
ということなら良い
のですけどね〜、

ブログも久しぶりだ
けれど、もっと久し
ぶりだったのは今日
のジム、半年ぶり位
かもよ〜、そしたら、

あれれ?ちょっと〜

何だか足がちゃんと
上がらず、ずるずる
歩いているような気
がしないでもない〜
これ、ヤバくない?

それでも、20分程
歩いた辺りから、
つま先がちゃんと
上がり始めてホッ☆

これを機にジム通い
習慣にしなくちゃね

ジムにいると、いろ
んな人から刺激も
受けるしね、大掃除
より体作りよ〜!!
と思った今日でした


[ 投稿者:ヘムっちょ at 22:39 | スポーツ(スポーツクラブ) | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年11月10日
ちょこっと紅葉~
小諸懐古園の紅葉2017.11.10.jpg☆

いつの間にか紅葉が
終わってしまった〜
と話したら、いや、

まだこれからだよ〜
懐古園なら今が見頃
だよと、プール仲間
も父も言うので

行ってみたら、本当
に本当、でも、着い
たのはもう3時半で、

それから中を歩いて
みるには、日差しが
足りなくなりそう
だったので、

取りあえず、外から
パチリ☆で、今日の
ところはお終い〜〜

それからプールに
行きました

そのうち時間があれ
ば中も歩いてみます〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 20:33 | 季節・天気など | コメント(2) | トラックバック(0) ]

夫、大活躍~
Love Love Love/夏川りみ

最近、夫が食器洗い
まで時々してくれる
ようになりました〜、

生徒や大工さんなど
来客のある時は、
掃除機も掛けてくれ
るし、大助かり〜♪

主婦が仕事をする
には夫の協力が
なければできない
んだからね〜と、
ずっと言い続けて、

やっとやっと〜^^;
ついについに〜^^;

こんな風になるとは
本当は全く想像も
できなかったけどね

本人も家事を始めて
みると、あれこれ
気がついて、片づけ
ないと気が済まない
ようになってきた
みたいですよ〜〜〜

ラッキー〜、これで
私も心置きなく仕事
を増やせます〜〜、

その準備はもう着々
と進んでいるのよね

[ 投稿者:ヘムっちょ at 11:48 | 家族(夫) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月08日
え・・・
硝子坂/高田みづえ

  この歌詞が今頃に
  なって、とても良く
  分かってしまう〜

  その気持ちのまま
  もう2年も空しく
  過ぎて行きました

いつも土日のプール
にはドキドキして
出掛け、会えるはず
もない方の姿を今も
探してしまう、バカ
だな、我ながら〜と
思う、そして、

やっぱりいないよね
と心底がっかりする
けれど、それももう
慣れっこ、それから
泳いで、ジャグジー
では仲間との他愛
ないお喋りに興じて、

いつものように時間
が過ぎようとして
いた、その時、えっ?

まさかのその方が
目の前を横切って、
ジャグジーから
出ていかれました、

うそ・・・

すっかり動転して、
私は青ざめました

それまでの下らない
お喋り全部まさか、
聴かれていたの〜?

一体いつからそこに
いらしたのですか?

あ〜、もう〜、バカ
バカ、何やっている
んだろう、私・・・

とぼけた話を聞かれ
た恥ずかしさと、素
の自分を見られて
しまった戸惑いで、
固まっていました。。

でも、病院ではでき
ない会話をする絶好
のチャンスではある

ずっとこの日を待ち
焦がれていたのだから、

でも、その姿を目で
追いながら、やはり
近づけない、そう思う

たくさん話したい
ことはあったはず
なのに、頭の中は
真っ白で、話し
掛ける口実も見つ
からないし、タイ
ミングもつかめない、

気高くて、近寄り難く
て、やっぱり遠くから
見ているだけで私は
幸せだ〜と思ったし、

もうプールでお会い
できないものと諦め
ていたのに、いらし
て下さったんだ〜と
思っただけで、心は
ほっこり温まりました

でも、と、ふと思う、

あの方に近づけない
のは、私が意気地
なしなだけでなく、
あの方にも原因は
あるんじゃないの?

ちっともプールに
いらっしゃらない
あの方に、私が
いつまでも慣れ
ないのも、そりゃ、
無理ないんじゃ
ないの?・・って

だから、また1つ
空しく歳を重ねて
しまう前にプール
にいらして下さい

それでも、今日は
とても嬉しくて幸せ
な日となりました

ありがとう

  
  封印した話題なのに
  また書いてしまった

  だから、わざと過去
  の日付にして、以前
  の日記に紛れ込ませ
  ました〜

  本当は12月17日

  誰も気づかないで〜
  ひみつひみつ〜〜



[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:47 | かの君 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月07日
出木杉君
カラオケバトル(恋の予感/上野友梨奈)

「恋の予感」は高い
ソまであるのですよ〜

だから、キーボード
に合わせて歌うと、
無理に声を絞り出す
ようになって苦しい、

男性の声も高いから
ボイスレコーダーに
録った玉置浩二の声
に合わせて歌うのも
かなり無理がある〜

ので、上手な女性が
歌っていないかな〜
と探してみたところ、

カラオケバトルで
見つけました〜〜

この声に合わせて
歌うと、とても楽
に声が出ます〜♪

この歌って、こんな
に簡単だったの〜?
っていう位〜、いや、
本当に、我ながら、
なかなかに歌えるの
ですよ〜、もう少し
練習すれば仕上がり
かな〜って程に〜♪

というか、歌ってい
る場合じゃないのよ、

ちゃんと仕事しなく
ちゃね、今までの
生徒は中の上ぐらい
までだったから、

中学の数学なら特に
準備などしなくても
ぶっつけ本番で楽勝
だったけれど、

今の生徒、出来が
良すぎてヤバい〜

ヤバいから、その
日に渡される問題
は事前に頂きたい
と申し出て問題を
もらってきました〜

お陰で、普段なら
忙しく家事に追わ
れていた時間を
机に向かっている
生活〜って不健康〜

ゲームと同じこと、
つい時間が過ぎて
しまうから、遣り
甲斐があり面白い
けれど、不健康〜

運動不足にならない
程度に仕事します〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 23:20 | 仕事(塾や家庭教師) | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年11月06日
山~!!
長野牧場を歩く2017.11.6.jpg☆
   もう枯れ葉〜(>_<)


山に行こうとしたら、
近くにいた人が

  こちらの道の方が
  楽に行けますよ〜

と教えてくれたので、
そちらを歩き出すと、

程なく見事な山が
眼前に広がった、

わ〜、すごいや〜、
ここって、こんなに
簡単に来れる場所
だったの?ビックリ!

でも、人が多過ぎて
写真が撮れない〜

それでも、日暮れて
しまう前にここから
でもいいから1枚
だけ撮っておこうか
とシャッターを押し
たら、ちょうど前を
通り掛かった人が
アップで写ってしまい、

  あっ、僕を撮ってくれ
  たの?アリガト〜♪

なんて言われてしま
ったりして、あ、いえ
いえ、そんなつもりで
は〜、そんなこんなで、

思い通りに撮れない
ので、場所を変え
ようと歩いて行くと、

そこには・・うっそ〜

海〜!目の前に海〜!

これは最高〜と喜び
勇んで撮ってはみる
けれど、日が暮れて
きて、イマイチの
写真しか撮れないし、

それに、持っている
のはなぜかバカチョン、

あ〜もう〜これじゃ
ダメじゃん〜〜(>_<)

というところで、

  おいおい、7時だよ

と、夫に起こされた〜

え〜、夢? あ〜ぁ、
な〜んだ〜、でも、

どっちみち上手くは
撮れなかったのだし、
撮れたところで夢
だから手元には残ら
ないしね、良い景色
はしっかり見ること
ができてラッキー〜♪

それにしても、また
山の夢か〜と思う〜

それも、眺めるだけ
ではなく、カメラで
撮ろうとしているし

上手く撮れないとい
うのも、いつもの夢
か〜と思ってしまう

そう言えば、最近
めっきり写真を撮る
暇がないまま過ぎて、

いつの間にやら紅葉
も終わってしまった
らしき気配、まさか
紅葉も見ないまま冬
になってしまう〜?
それは泣けるよね〜

という訳で、今日は
歌レッスンの後で
長野牧場をほんの
20分だけ歩きなが
ら、撮ってきました、

それが↑の写真〜〜

因みに、歌レッスン
は結局「恋の予感」
になりました〜

若いO先生は初めて
聴く歌だそうです〜

え〜っ、安全地帯は
もう古典ですか〜?

恋の予感/安全地帯

それでもすぐピアノ
を弾き始めて歌える
というところが、
O先生のすごさ〜〜

そんなO先生、実を
言うと、ご友人に
誘われ玉置浩二の
コンサートに行って
きたのだそうですよ

それがとても素晴し
かったそうで、年を
重ねてもその歌唱力
は健在ということ
ですよね、声楽家も
驚く歌唱力とはね〜

あ、そうそう、それ
から、長いブランク
があったけれど3週
間前にO先生ご自身
もコンサートに出演
したのですよ〜、

その疲れがまだ体に
残っているそうです、

へ〜、歌とはそんな
にエネルギーを使う
ものなのか〜〜と
ちょっとビックリ〜

私も、もっと体を使
って歌わなくちゃね

小さな木の実/DOYO組

もう1曲、この歌も
同時進行で練習する
ことになりました〜

2週間後のレッスン
までに練習して少し
は上手になります〜


[ 投稿者:ヘムっちょ at 12:06 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月05日
久々の歌レッスンは
恋人よ/河合奈保子、五輪真弓

高音が出なくて挫折
していたこの歌、
O先生のレッスンで
教わろうかと思って
いたけれど、試しに
歌ってみたら、歌え
るようになっていた

決して上手とは言え
ないけれど、O先生
の出産休暇中に何度
も練習して歌える
ようになった他の歌
と同様、何度も練習
すれば上手に歌える
ようになる気がする〜

困った〜、教わる歌
が見つからない〜

30分のレッスンを
有効活用するには、

音程もまだ覚えてい
ないような歌では
勿体ないし、だから
と言って、レッスン
を受けなくても歌え
そうな歌なら、尚更
勿体ない、となると、

適当な歌がない〜〜



[ 投稿者:ヘムっちょ at 21:23 | 趣味(歌) | コメント(2) | トラックバック(0) ]