掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年12月13日
エンターテイメントの世界で欠かせない映像技術と映像処理
181210blogentertainmentX6N2oa9D.jpg

映像美の基本はこの3つ! 色彩、造型、臨場感を作り上げるコンテンツ


今や、映画、ドラマ、アニメ、CMなどで多くみられる
VFX技術、CG 処理、SFX技術ですが
世界で初めてオールCG処理のSF映画だったのが

ディズニーピクチャーズが製作した
トロン( 原題:Tron 1982  アメリカ)です

あれから約30年の時を経て製作されたのが
あのDaft Punk がサントラを手がけた“トロン”の続編

トロンレガシー(原題:Tron Legacy  2010 アメリカ)です

【Tron Legacy】
http://www.youtube.com/watch?v=pSSqoIk9Pek


この作品を劇場で観た時、余りの美しさに
心が震えたことを今でも覚えています^^
それ以来、Daft Punkの大ファンになりました(笑)

映画を観ていると、日々進化する映像美に大変驚きます

そして、基本は常にこの3つなのでは?と思えてしまいます


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


□ VFX技術

Visual Effects(ビジュアル・エフェクツ)

3DCGを使った映像と
実際の映像を組み合わせて
視覚効果を狙います


□ CG加工処理

computer graphics CG

コンピュータによって制作された映像

 ◎ 3D映画 3DCG

 映像を立体的に見せる映画
 左右それぞれの目で映像を見て疑似体験をさせ
 映像の奥行きや飛び出しを左右の目で認識させます

◎ 4D映画 4DCG

3D映像を体感型に演出し
座席効果と環境効果を認識します

座席がアトラクションのように左右前後に動いたり
振動したり、たたいたり押したり引いたりします

劇場内の設備を使って風や水しぶき
 光の効果を使ってフラッシュさせたり
 音響効果を使って爆音を身近に感じたり
食べ物の香りなどを演出し
臨場感をたっぷり体感できます


□ SFX技術

special effect(スペシャル・エフェクツ)

特殊メイクや特殊造型で作られた描写を
デジタル処理し特殊効果を狙います
特撮撮影では欠かせない技術の1つです

映画“ジュラシック・パーク”を観た時
SFX技術の最高傑作だと思いました


□ 年末オススメ3Dアニメ

★ シュガー・ラッシュ:オンライン

公開 2018年12月21日

2012年の映画「シュガー・ラッシュ」の続編となります

ゲームの裏側の世界とインターネットの舞台裏を
覗いてしまう仲良し二人組の友情と冒険を描いています

子供達だけじゃなく大人も楽しめる
ディズニーアニメの最新長編作です

【公式サイト】
http://www.disney.co.jp/movie/sugarrush-ol.html

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
[ 投稿者:cari.jp at 13:03 | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/86.74/a00151/0000565679.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000565679.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら