掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

管理人よりのお知らせ
   ◇ ほぼにちブログは [U N I C R O]内の一つのコンテンツです。
   花の名調べに少しは役立つかもしれません。: U N I C R O -

   ◇ がん闘病と日々の日記のアネックス: Mag's Annex 最終更新は8月3日

   ◇ ヤマトとイッショにWe the Mag's Super family 最終更新は8月1日です

   ○ 梨音様(ピアニストレスの日常) のテンプレートです <(_ _)>

2006年08月02日
夏の花は大きい!
カボチャs

カボチャ(南瓜) 今は蕾だがそれでも大きい。
やがて花の下部が丸く膨らんでくる ^^;
そして、黒皮栗かぼちゃが姿を鮮明にしてくる。

これは江戸時代末期に導入された西洋かぼちゃでして、やがて名前も日本かぼちゃと改められるようになります。市場では、殆どがこの種類が値段を決めますね。
野菜図鑑 「かぼちゃ」 :100万人の野菜図鑑より


芙蓉s
 アメリカフヨウ
これからは、このハイビスカス属植物の季節になります。草本、木本とありますが、例えばムクゲは木本で、フヨウやタチアオイなどは草本で多年草です。育てる側にすれば、移植が大変な木本よりも、草本の方がちょっとした場所の移動には便利かと思います。

朝鮮朝顔S
 ※ チョウセンアサガオ e-yakusou.com
木立性のチョウセンアサガオもあり、そちらは花の咲き方が下向きだし、少し花の形も異なります。日本では華岡青州が外科手術の全身麻酔剤として初めて利用した事で有名になりました。

その後、
深山に分け入って草根実を採取し、空き地に薬草を栽培して、鳥や動物に与えて薬効を記録して、みずから及び母や妻にも与えて薬効を調べた。その結果、母は死に、妻は中毒性の失明で目が見えなくなった
という、何だかトホホな話もありますが(出典:e-yakusou.com チョウセンアサガオ)、熱心さも程々にでしょうね^^;

[ 投稿者:mag at 20:58 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
夏の花はすごい
magさん、
暑くなりました。
チョウセンアサガオは昨年隣の家にありましたが、丈夫さが普通じゃないですね(^^;)
いかにも真夏の日差しに耐えるという強さを感じさせてくれます。
しかし、薬効の実験というのは、されたくないです~。
投稿者: ミントのみん at 2006-08-03 21:54:26
かぼちゃの花
ウリ科の中でもかぼちゃの花は大きそうですね。
実の成長も楽しみですね。
チョウセンアサガオって元気ですよね。
投稿者: えむり at 2006-08-04 07:46:29

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/86.31/a07492/0000141034.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/86.31/archives/0000141034.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら