掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

管理人よりのお知らせ
   ◇ ほぼにちブログは [U N I C R O]内の一つのコンテンツです。
   花の名調べに少しは役立つかもしれません。: U N I C R O -

   ◇ がん闘病と日々の日記のアネックス: Mag's Annex 最終更新は8月3日

   ◇ ヤマトとイッショにWe the Mag's Super family 最終更新は8月1日です

   ○ 梨音様(ピアニストレスの日常) のテンプレートです <(_ _)>

2006年08月02日
夏の花は大きい!
カボチャs

カボチャ(南瓜) 今は蕾だがそれでも大きい。
やがて花の下部が丸く膨らんでくる ^^;
そして、黒皮栗かぼちゃが姿を鮮明にしてくる。

これは江戸時代末期に導入された西洋かぼちゃでして、やがて名前も日本かぼちゃと改められるようになります。市場では、殆どがこの種類が値段を決めますね。
野菜図鑑 「かぼちゃ」 :100万人の野菜図鑑より



続きを読む ...
 
[ 投稿者:mag at 20:58 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年07月28日
真夏日までもう少し
ドアs

東京郊外の北多摩では朝から蒸し暑い。
梅雨空が戻ってきたかのように蒸し蒸ししている・・・
そのわりに気温は大して上がっていないようです。

街道沿いの書店へ雑誌を買いに出たついでに散歩をする。
あるお宅のドア前には子供用のチャリが3台も並んでいた。
生活臭が濃くていいですねえ ^^;

花の名知らず (よく知らない園芸種の花です ^^;)



続きを読む ...
 
[ 投稿者:mag at 15:57 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(5) | トラックバック(0) ]

ムクゲ (槿)
ムクゲ1s

学名;Hibiscus syriacus : 木々の移ろい
アオイ科フヨウ属に分類される。
お隣、大韓民国の 「国花」 に定められている。
日本の桜と同じ程に愛されている花なのでしょう。

単・八重・八重もどき・・・ と様々な花の形態があります、
僕は蕊が出る花の中心部が色付く、この大きな花が好きです、
淡いピンクの花びら、ワイン系の色、そして淡雪のような蕊の色・・・
何もかもが一日で花を完結し終える体制に恵まれているようで ^^;

ムクゲ2s

同じ花のイメージですが、こちらは多産系統の品種のようだ。
その分、花自体は小さくて、上の画像のものと比べて半分程度です。
でも数で勝負ですよね! (笑)

   === おまけ ===
ムクゲ3s

半八重咲きというか、八重咲きモドキというか、とにかく単咲きの花ではない。
花びらの厚みも単咲きの種と異なり厚めである。
[ 投稿者:mag at 08:10 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年07月27日
白いオオイヌタデ
オオイヌタデs

下のエントリー (オオケタデ) で、オオイヌタデの名前を挙げたので、ついでにオオイヌタデもエントリーしておこうかと思います <(_ _)>

オオイヌタデは白い個体と薄いピンク色の個体とがあります。オオケタデのように太い茎は出さないので背の高さにも制限がありますが、それでも1.5メートル近くにまで大きくなるものもあるようです。

野原や空き地でも生育しますが湿潤地(池の中の浅い部分)などでも繁殖ができるという凄い繁殖力があります。昨年のエントリーですが、関連した記事が自ブログ内にあります。

※水浴びするオオイヌタデ 2005年08月29日
[ 投稿者:mag at 18:28 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

オオケタデ
オオケタデ_1s

ヒマワリが写りこんでいますが、背の高さで変わらない点を考えてもらえば、オオケタデがいかに背の高い草本かという事実に気付かされます。計測した事はありませんが2メートル近くにまで達する個体もあるようです。

アカマンマと呼ばれるイヌタデや、少し大きいオオイヌタデなどとは異なり、このオオケタデはマムシの解毒作用があるとして移入されてきた草本のようです。詳しい事は、※ 植物雑学辞典・オオケタデ で閲覧してください。

オオケタデ_2s

花は思いのほか綺麗な花の集合体となります。
よく近づいて観察してみて下さいね。思わず数輪の花茎を手折って家に持ち帰りたくなる事でしょう(笑) 色の紅さにあやかって、オオベニタデの別名もあります。
[ 投稿者:mag at 18:14 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年07月24日
スイレンとハス
スイレン1s

スイレン2s

スイレンは「水 ノ 蓮」で「水蓮」かと思えば、実は「睡蓮」なんですね。花は睡眠運動をしていて、夜中の「未の刻」頃から開花を始めるという事で「睡」の文字を冠せられたり、昔の時刻のを言い表わす「羊草」と呼ばれたりしたようです。もっとも羊草と言われたのは、スイレンではなくて「ハス(蓮)」の方ですが ^^;

ハスs

葉が完全に水中から浮き上がってしまっています。
ハスとスイレンの見分け方は、葉で調べれば簡単です(笑)
[ 投稿者:mag at 14:39 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年07月23日
やっと見つけた夏の花!
ヒマワリ1s

鮮やかなオレンジ・イエローは命の強さ
太陽に向かって対峙するその姿勢は生命力
真夏の太陽と向かい合う姿に感動する

何度か、ひ弱なヒマワリは見ていたが、これ程強そうな花に逢ったのは今年初めてなので、思わず時間ををかけて何枚か撮ってみた(半分以上が手ブレと被写体ブレで使えませんでした ^^;)

ヒマワリ2s

画像上部(ヒマワリの後ろ)に見えるナイロン・ネットは鳥よけのネットのようです。ネットで守っている作物は、保谷特産の「保谷梨」(笑) たしかにね・・・ カラスにオナガ、椋鳥、四十雀と次々ですからねー ^^;

にしても、南向きが一輪に西向きが二輪とは?
太陽が出ないから方向に迷っているのかも > ヒマワリ
[ 投稿者:mag at 11:42 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月22日
ルコウソウ -1
ルコウソウs

去年は散々に画像をアップしてしまったルコウソウ
今年は最初から見続けようと(笑)
今の段階で発芽から約10日間ほど経過しています。
最初の日が2〜3日間ほど不明でして <(_ _)>
高さ約20センチ、これから他の植物やフェンスに絡みつくだろう

ということで、「芽生え〜成長」の過程 -1でした。
[ 投稿者:mag at 23:36 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月13日
槿
シベ


思わずのけぞってしまうほどの悪鬼の表情です
・・・ でも、まだ悪魔・悪鬼と言えどもベビーっぽい ^^;

花


本当は、最近になりようやく咲き始めた「ムクゲ」の花。
槿、毎朝、次々に咲くので人の目には理解できないでいるが一日花。
大きくても小さくても、単でも八重でも、花は一日で終わる。
日本の国花「桜」もいいけれど、韓国の国家・「槿」も素晴らしい花だ。
[ 投稿者:mag at 16:07 | 季節の花・盛夏~初秋 | コメント(0) | トラックバック(0) ]