掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

管理人よりのお知らせ
   ◇ ほぼにちブログは [U N I C R O]内の一つのコンテンツです。
   花の名調べに少しは役立つかもしれません。: U N I C R O -

   ◇ がん闘病と日々の日記のアネックス: Mag's Annex 最終更新は8月3日

   ◇ ヤマトとイッショにWe the Mag's Super family 最終更新は8月1日です

   ○ 梨音様(ピアニストレスの日常) のテンプレートです <(_ _)>

2006年07月31日
オオアワダチソウ
オオアワダチソウ1s

オオアワダチソウ(大泡立草)
学名 :Solidago gigantea Ait. var. leiophylla Fern. (Compositae)
晩秋に咲くセイタカアワダチソウと異なり、嫌う人は少ない。
北アメリカ原産の多年草。明治年間(19世紀後半)に観賞用に渡来して
庭園に植えられたが、逸出して盛んに繁殖し今では雑草化した。

オオアワダチソウ2s

セイタカアワダチソウ同様、蜜は格別に甘いようですぐに虫が飛んでくる。
近くの農家では庭先にミツバチを飼っているが、この花の蜜は甘くてよいらしい。
[ 投稿者:mag at 22:27 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月10日
ホウキギ(箒木)
ホウキギs

ホウキソウ(箒草)、トンブリ、ジフ(地膚子)などの別名もあります。千年ほど前に中国より渡来した帰化草ですが、当初は利尿効果を持った薬草として移入されて使われたとあります。収穫して乾燥させた草は、名前の通りに「箒」の材料として使われていたそうです。

※ 参考にできる画像を載せたサイトはこちらが良いと思います。
 Kochia属hokigiホウキギ・hokigusaホウキグサ

ホウキギ2s

一枚目の画像ですが、近くにある(現在のところは)分断された都道予定地です。買収を終えた土地は、こうして水分をカットするビニールシートを敷き、雑草の繁殖を防いでいるのですが随所から草が(笑)

それで遠かったのですが二枚目の画像を撮って確認してみたところ、養生シートを繋いだり、地面に固定させる為の金具の根元から生えていました。まあ、生き物の芽生える力・成長する力というのは凄いものです。
[ 投稿者:mag at 15:55 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年07月03日
トキワツユクサ
tokiwa1s
 6月29日撮影分:西東京市  ※ [MAP]
ツユクサに良く似た草と茎
でも花はまるでツユクサとは似ていない
原産地は南アフリカらしい
遠い異国の地では日陰地などが好きらしい

tokiwa2s
 花の可憐さに思わず庭に移植してしまいがち・・・
でもやめておくに越した事はない
根付きは早い(水に漬けておくだけで根が出る)し
大繁殖して陽光をさえぎる結果を招きます
[ 投稿者:mag at 18:19 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年05月09日
カナダオダマキ
カナダオダマキ.jpg

昨年は行方不明になっていたカナダオダマキ・・・
今年はクレマチスの根の脇でそっと開花していた。
開花したのではなくて、開花していた、という言い方がより正しい咲き方だ。

在来の苧環や西洋オダマキ、アメリカオダマキなどよりもうんと小さい。
花も小さければ葉も小さい・・・
そして葉の色も何故か、くすんだ紫色をしている。

oNLINE植物アルバム: アクイレギア・カナデンシス
[ 投稿者:mag at 08:06 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年05月08日
大甘菜
オオアマナ_02.JPG

明治維新以後に渡来してきた帰化植物です。
日本在来の「アマナ」に比べ、個体が大きいところから「オオアマナ」とされる。

ユリ科植物で、学名を: Ornithogalum umbellatum という。
別名に、「ベツレヘムノホシ(ベツレヘムの星)」、との名もあるそうです。
 出典: 植物園へようこそ・オオアマナの項

オオアマナ群生

オオアマナ_01.JPG

たしかに・・・ ベツレヘムの星などと言われるとそういう気もしてきます。
が、そういう話はブログにはそぐわないので又の機会に  <(_ _)>

関連する画像データ: 赤塚植物園
[ 投稿者:mag at 18:31 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月22日
テンニンギク
QXd5h9ea.jpg

|これ・・・ 何でしょうね???
とお尋ねしてたら、杏さんからお答えを頂きました。
「テンニンギク」 ことガイラルディアでした。
どこかから逃げ出したのか、誰かが植えたのか?
杏さん ありがとうございました(ぺこ)

画像クリックでは別の画像が開きます(720 x 540pic)

JR臨海線東京テレポート駅近くの遊歩道脇・・・
セイタカアワダチソウやススキに紛れて咲いていました。
野草というより園芸種の花でしょうが、とんでもない場所です(笑)
斜面で、よく陽光のあたる場所でヌクヌクと咲いています (^^♪

東京テレポート

[ 投稿者:mag at 21:38 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年11月28日
スイセンノウ
hG72aL7X.jpg

これが正真正銘のスイセンノウの冬越しの姿です (^^♪
一昨日はビロウドモウズイカをスイセンノウとしてしまいました <(_ _)>
関連したエントリー:11月26日

間違いのご指摘をコメントで頂き、慌てて近くのスイセンノウを確認しに!
ぜんぜん違います (^^;
画像のは花の咲いた時期に確認しているので正真正銘のものです。
あらためて、スイセンノウ冬越しの姿としてアップします。

[ 投稿者:mag at 10:35 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月26日
ビロウドモウズイカ
スイセンノウ.jpg

11月28日追記:
当初、下のようにアップしたのですが、HIROさんから違いをご指摘いただきました。
* ビロウドモウズイカ と訂正いたします <(_ _)>
とにかく大きいロゼットで葉も大きく、株の大きさは30センチ程もあります。
別名で「ニワタバコ」とも呼ばれる帰化植物でした。
以下、アップした原文です。

人気のない道でまったく唐突に出会った草
ぼてっとした感触、ネルのような毛羽立った感触
どう考えてもスイセンノウとしか思えない

遮蔽物がなく陽光に恵まれていそうな場所です
耐陰性もあるが、やはり日の光が好きなようです

花の時期は5月前後・・・
今年の春のエントリーはこちらです

[ 投稿者:mag at 11:19 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年11月12日
吉祥草 猫の額の庭の花
hhh02xip.jpg

15.11.'05:追記
吉祥草(キチジョウソウ)と呼ぶそうです。
フォト日和の りおさん からご指摘いただきました。
関連したアーティクル: [ 吉祥草 ]

7月〜9月にかけて散々撮ったヤブラン
さっき、ふと門扉から玄関に向かう私道で見つけました。
二株ほどに小さな花茎をつけて咲いています。
一株には花後の黒紫色の実がなっていました。

ヤブラン_2.jpg

まるで気がつかなかった花です
時折は猫の額の庭にも予定外の花が咲くものですね。

[ 投稿者:mag at 15:37 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(5) | トラックバック(1) ]

2005年11月10日
サフラン
サフラン.JPG

クロッカスの仲間では珍しい秋咲きの花・サフランです。
プランターや花壇で咲いているのは特に珍しくもありませんが・・・
公園の芝地で唐突に咲いているので驚きました _| ̄|○
誰かが球根を植えたのでしょうが、よく踏まれもせずにいるものです。

役立つ花で、薬用・染料や香料にも使われます。
そのせいか、「ヤクヨウサフラン」とも呼ばれていますね。

[ 投稿者:mag at 11:26 | 渡来後野に逃走した草木 | コメント(0) | トラックバック(0) ]