掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

管理人よりのお知らせ
   ◇ ほぼにちブログは [U N I C R O]内の一つのコンテンツです。
   花の名調べに少しは役立つかもしれません。: U N I C R O -

   ◇ がん闘病と日々の日記のアネックス: Mag's Annex 最終更新は8月3日

   ◇ ヤマトとイッショにWe the Mag's Super family 最終更新は8月1日です

   ○ 梨音様(ピアニストレスの日常) のテンプレートです <(_ _)>

2006年07月15日
キダチアロエ
キダチアロエ
画像は拡大できません 360 × 480 のままです。

薬効は大きく分けて、便秘・消化不良など、内臓に効果を現す場合と、火傷・外傷・虫刺されなど皮膚疾患などに効果がある場合とがあります。薬は毒にも通じます。専門家に任せるべき処方には手を出さない方が無難。

それよりも庭の片隅でいいのですが、植えておけば緊急の役に立ちます。
俗に「医者要らず」などと言いますが、医者はやはり必要な存在でしょうね ^^;
[ 投稿者:mag at 14:05 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月11日
ナンテン(南天)
体調について、「今日は何点?」と訊かれたら、5月31日からの治療薬変更で熱っぽい毎日なのですが・・・
その中でも、今日はサイテー (ーー; ですう(泣)というぐらい最悪な状態で、つい一時間ほど前になり、やっと体が動くようになったほどで、始終38度以上の体温に悩まされていました。

ナンテンs

昨年アップした南天の花画像がイマイチ・イマニだったんですよ(笑)
といって、今年のも少しは「マシ!」程度で、自慢はできません ^^;

 ナンテン 喉あめ〜 ♪
なんて古めかしいCMソングをご存知でしょうか?
主として、気管支関係の病気に薬効があり、大手漢方薬メーカーや、地方地方の老舗漢方薬店で、他の原材料とあわせてイロイロな民間薬が作られています。

※ 参考になると推奨できるサイト様:
  e-yakusou.com ナンテン
  http://www.e-yakusou.com/yakusou/540.htm

【画像追加】: 6月28日・さくら公園北側の株
ナンテンs

まあ、本格的に咲いた花です(笑)
花色も葉の熟成度も、すっかり夏になっています
[ 投稿者:mag at 23:20 | 生薬漢方薬材料 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年05月13日
カタバミの薬効
カタバミ.jpg

* [ カタバミ(片喰) ] : Oxalis corniculata カタバミ科

どこででも見られる野草で、種類も幾つかあります。
園芸的に改良されたオキザリスもあり、南米原産の紅色をしたイモカタバミやベニカタバミ、在来のムラサキカタバミなど、見ていて飽きる事がありません。

以前のエントリーにも書いたのですが、「花」、「葉」ともに睡眠運動をするので、夕方近くには双方ともに閉じてしまいます。・・・ が、翌日の午前中には再び花も葉も開くのですが、それがまた遅い時間なので、意外にも「お寝坊」な植物のようですね(笑)

帰化種や園芸品種はどうなのか知りませんが、我が国在来の カタバミミヤマカタバミ には、寄生性皮膚病や虫刺されに治療効果があります。山歩きやハイキングをしている最中に毒虫などに刺された時、このカタバミの葉をすりつぶして生汁を患部にすりこむと一時的な効果があるようです。

とはいえ、スズメバチなどにはどうなのか? よく解析されていない面もあるので過信はいけません。同時に、マムシやヤマカガシといった蛇の毒に対しても治癒のデータはありません。効果があるのは、せいぜいアリの蟻酸やアシナガバチ、ゲジゲジといったところではないのでしょうか。
[ 投稿者:mag at 16:09 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

カレンジュラ
カレンジュラ.jpg

カレンジュラ,(カレンデュラ),またはキンセンカ
 学名では・・・ Calendula officinalis

この花は、ずっと、単なる観賞用の園芸草本だと思っていました。
幾つかの種類はあるものの、矮小化されたものや、切り花に適し背の高い「中安」(=画像のものです)、などがある程度でした。

ところが、人間・・・ 何事も調べてみないと真実が見えませんね。なんと、キンセンカことカレンジュラは、外傷やトビヒに薬効のあるハーブ草だったのです。
オレンジ色の花びらにはダメージを受けた皮膚や粘膜、毛細血管の修正を速やかに促すカロチンや殺菌作用、収斂作用があるタンニンやカレンデュリンが含まれるので、昔から擦り傷、切り傷、手あれなどに最も効果のあるハーブの1つとされています。
 出典 : アロマセラピーの世界へようこそ

皮膚疾患のほかにも、消化器の炎症や潰瘍に対しては内服が効果的だとか・・・
綺麗な花には毒があるなどと言いますが、カレンジュラについては、この言い伝えは当たってはいないようです。
※ 上記内容の参照先は、エンジェルズハートさんです。


いずれにしても、科学的に実証・蓄積されたデータが存在するのかどうかは不明です。飛びついて自己判断で薬効を求めるには無理があるかもしれませんので、その辺の判断は自己責任でお願いします。

※ キンセンカの管理方法 : 米村浩次の花の世界
 こちらは十分に信用がおけるコンテンツかと思います。
[ 投稿者:mag at 14:31 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月11日
銭葵
ゼニアオイ.JPG

ゼニアオイ [ Malva sylvestris ] アオイ科2年草
薬効は、下痢 せき・たん 口内炎 などに効果があり、葉や花を乾燥させて煎じて用いるようです。詳しくは、*[ e-yakusou.com. ゼニアオイ ] を参照して下さい。

それにしても不健康な色合いの花です(笑)
仲間の「タチアオイ(立葵)」が、いかにも真夏のイメージを体現しているかのように、陽気で健康的な花色をしている事を思うと、コイツはどうなんだ?と悩んでしまいます。

通常は6月から8月(9月)にかけて花を咲かせますが、今はまだ5月のはじめ・・・ 陽気が作用したのか、根付いた場所の日当たりがいいのか、早くから開花している、今朝の西東京でした。

クレア婦人の蒸しまんじゅう

近くには、「クレア婦人の蒸しまんじゅう」、製造直売所というお店がありました。ちいさいの・・・(笑) 一口大の蒸しまんじゅうで、お値段は税込み21円/1個 (^_^.)
まさか一つとか二つって注文はしにくいですよね。

お味ですが・・・・・・
想像力を働かせてみてくださいな (#^.^#)
不味いとはいいません。
[ 投稿者:mag at 13:20 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月08日
シロバナハマナス
シロバナハマナシ.JPG

「シロバナ」はさておき、「浜梨」と「浜茄子」はどちらが正しい? α~ (ー.ー")
「浜梨」と書いて「ハマナス」と読ませるのが正しいとかどうとか ( ̄~ ̄;)
因みに石川県の方言では「ハマナスビ」という語があるようです。
 出典: いしかわ樹木図鑑・ハマナス

シロバナハマナシ(白花浜梨)説は、こちらのサイトほか多数で見受けられます。
個人的には、どちらの呼び名でもいいような気がしますし、学名である [ Rosa rugosa ] の名前だけが確立していればいいと思います。


それにしてもハマナス・・・ いや、ハマナシでしょうか・・・
本来の繁殖地は海岸沿いの日本列島北部となっていますが、好事家が生垣などに植えるケースも増えてきて、おや?と、思うような街角で見る事もありますね。

ハマナスからローズ油が採れるって事ご存知でした?
いしかわ 樹木図鑑 「ハマナス」

花弁などを用いて、「月経過多」や「止寫剤」としても使われます。
e-yakusou.com ハマナス
[ 投稿者:mag at 13:24 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月13日
ツルニチニチソウ
ツルニチニチソウ.jpg

キョウチクトウ科の多年草。
ツルニチニチソウと、少し小型のヒメツルニチニチソウがある。

キョウチクトウ科とくれば、有毒植物では?と勘ぐるが、まさにその通りで、インドールアルカロイドを含んでいる。欧州では民間薬として降圧、催吐薬として使われたそうです(現在は知りません)
野草・野生植物図鑑 : ツルニチニチソウ より

現代の日本では、そういう薬効を求めるよりも他の用途に目が向いているようです。耐寒性があり、匍匐して増殖する繁殖力も強いので、ビル周りやビル内の平面床、あるいは道路脇の緑地帯などで、グランドカバープランツとしてよく使われますね。これも東京外環・大泉インターの出入り口で使われていました。
[ 投稿者:mag at 09:33 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ヨモギ
ヨモギ.jpg

ヨモギ どこででも見られる野の草。
セイタカアワダチソウと同じくアレロパシーを使うらしい。
ヨモギ餅、ヨモギ風呂、ヨモギ酒、煎じ薬と用途は広い。
モグサの原材料となる事は、今回初めて知りました。
出典:植物雑学辞典・ヨモギ

※ 薬効などは、 e-yakusou.com ヨモギ

ヨモギ餅・ヨモギ団子のレシピ

小さい頃ですが、ちょっとした行事でヨモギ餅を作るのが母の習いでして、もちろん多忙な母に代わって、ヨモギを摘んでくるのは子供達の仕事でした。姉と行った事もありますが、多くは町内の遊び仲間と連れ立ち、2キロほど東を流れる鴨川の土手に行ったものです。

もっとも、その辺りは民家も密集していて土手も綺麗ではなかったので、テクテクと川の上流(北)に向かい、超マイナーな地名ですが御園橋を超えて、更に北の通称「ダム」と呼んでいた場所近辺まで足を伸ばしたものです。ダムとは言うものの、簡易な堰があり、鴨川にしては深みがある水の一時貯留所のような場所でした。

今は、その辺りもどう変わっているのかは分かりません。もしかして住宅建設が進み、土手の草も植生が変化しているかもしれません。
[ 投稿者:mag at 09:05 | 生薬漢方薬材料 | コメント(0) | トラックバック(0) ]