掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年04月11日
映画「ジャック・サマースビー」(その2)
GYQk7ekt.jpg

映画「ジャック・サマースビー」(その2)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 07:13 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月10日
ジャック・サマースビー
iGScinD4.jpg

映画「ジャック・サマースビー」(Sommersby)は1993年のアメリカ映画です。南北戦争終結直後の1860年代の南部テネシー州の小さな村。南北戦争に出征していた農園経営者のジャック・サマースビーが6年ぶりに戻ってきます。戦死したと思っていた妻のローレルや村人たちは困惑を隠せません。ジャックは喧嘩で人を殺した容疑で逮捕され、裁判にかけられますが、ローレルが彼が本物の夫ではないと裁判で証言したことで大きな波紋が巻き起こります。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/




[ 投稿者:小太郎山 at 08:27 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月09日
映画「ミッシング」(その4)
ylgtGYvW.jpg

映画「ミッシング」(その4)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:32 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月08日
映画「ミッシング」(その3)
1ynGGhqg.jpg

映画「ミッシング」(その3)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:30 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月07日
映画「ミッシング」(その2)
8VjszOkY.jpg

映画「ミッシング」(その2)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:15 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月06日
映画「ミッシング」
7aTMkwAU.jpg

映画「ミッシング」(The Missing)は2003年のアメリカ映画です。19世紀末のニューメキシコ州。医者のマギー(ケイト・ブランシェット)は娘のリリー、ドット、恋人のブレイクとともに平穏に生活していました。ある日、20年前に家族を捨てたマギーの父親サミュエル(トミー・リー・ジョーンズ)が帰って来ます。町へ出かけたブレイクとリリーは襲われ、リリーが誘拐されてしまいます。マギーはサミュエルに協力を依頼し、犯人の行方を追い始めます。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 05:22 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月05日
映画「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」(その3)
YQYsrwRp.jpg

映画「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」(その3)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:21 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月04日
浜離宮恩賜庭園の菜の花
WVHYLiMk.jpg

今日は休みで浜離宮庭園へ行って来ました。花見のつもりでサクラを見に行ったのですが殆んど咲いていなくて期待外れでした。代わりに菜の花を見て来ました。
ついでに築地場外市場へ寄って来ましたが、いやもうすごい人出で細い路地はまともに歩けないぐらいでした。外国人観光客が半分くらいでしょうか。お昼どきにランチを食べに行くのはちょっと無理だと分かりました。
[ 投稿者:小太郎山 at 17:36 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

映画「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」(その2)
AopKSmey.jpg

映画「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」(その2)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 05:56 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月03日
映画「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」
W9v0Arjz.jpg

映画「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」(A Night to Remember)は、1958年のイギリス映画です。タイタニック号の映画は沢山作られていますが、こちらは英国の俳優
ケネス・モアが主演で二等航海士を演じています。当時としては革新的な演出で高く評価され、タイタニック号を題材にした作品では、最後のモノクロ映画と言われて
います。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:44 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月02日
映画「アンナ・カレニナ」(その6)
V8CunpSa.jpg

映画「アンナ・カレニナ」(その6)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:33 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月01日
映画「アンナ・カレニナ」(その5)
gp6lwsXA.jpg

映画「アンナ・カレニナ」(その5)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 08:48 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月31日
映画「アンナ・カレニナ」(その4)
XvE0ZIx7.jpg

映画「アンナ・カレニナ」(その4)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 09:06 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月30日
映画「アンナ・カレニナ」(その3)
JbQvmR5Q.jpg

映画「アンナ・カレニナ」(その3)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 07:10 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月29日
六郷水門のマーク
RzCFj4Gy.jpg

インパクトの強烈な六郷水門のマークです。水門にかかる橋の欄干に付いています。


[ 投稿者:小太郎山 at 11:58 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

六郷水門
iUBr4HnV.jpg

昭和6年建造の有名な水門です。多摩川の堤上に堂々と座っています。以前にビールメーカーの宣伝ポスターにもなりましたね。多摩川もこの辺りまで下ると潮の干満で水位が変わってくるようで川岸に干潟が出来ていました。


[ 投稿者:小太郎山 at 11:51 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

映画「アンナ・カレニナ」(その2)
9sHOsa2t.jpg

映画「アンナ・カレニナ」(その2)です。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 09:08 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月28日
羽田大谷の若炊あさり
bXzm1jne.jpg

これが今日買い求めた大谷政吉商店の若炊きあさりです。こちらのお店の商品はどれもオススメなのですが、やっぱりアサリの佃煮が一番ですね!


[ 投稿者:小太郎山 at 20:03 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

大谷政吉商店の佃煮
K8arW5Yr.jpg

今日は友人と二人で多摩川を下って羽田までサイクリングしました。羽田では佃煮の老舗、大谷政吉商店へ寄ってお土産の佃煮をいくつか買い求めて来ました。創業120年の味は御飯が進んでしまい、食べ過ぎになりそうな病み付きの美味です。最近はネットでも買えますが、直接お店へ行って買うのは楽しいですね。二人でお店に入ったらお茶までご馳走になりました。ありがとうございました。




[ 投稿者:小太郎山 at 19:58 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

映画「アンナ・カレニナ」
cBGAJJRx.jpg

映画「アンナ・カレニナ」(Anna Karenina)は1948年のイギリス映画です。ロシアの文豪トルストイの小説を映画化した作品で、ヴィヴィアン・リーが主演しました。1870年代のロシア、政府高官カレーニンの妻であるアンナは、兄夫婦の争いを仲裁するためにやってきたモスクワで若い貴族ヴロンスキーと出逢い、恋に落ちます。文豪トルストイが描いた手法は、その人物の心理までを表現するという一流のリアリズムだそうです。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/



[ 投稿者:小太郎山 at 06:52 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]