掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年01月28日
ある友達がいて

ある友達がいて、私はそれは愛情と友情の間の感情を介するのだと思って、あなたはたまに静かに彼を思って、彼を思い出す時、心の中が暖かくて、1部の美しい、1部の感動があります。は憂いや悩みの時、あなたは彼を思い出して、あなたがあなたのそばにいてほしい、慰めてあげて、あなたに理解して、あなたは彼に訴えないから、あなたは恐らく自分の悲しみを妨げると彼は穏やかな生活。



あなたは1首の歌のため、1種の色、彼を思い出して、彼の真摯さを思い出して、彼の執着を思い出して、彼のそれではかつて経験したことがあることを思い出します。この友人は、あなたの人生を大切に、生命の彼の愛のため、あなたは彼があなたの過ぎたのはとても良くて、彼はちゃんと自分の世話をして、再会したとき、彼は彼に教えて欲しい君が幸せだ。


あれらの世俗の観念で、あなたの心の中でため、彼の存在が無力で、ただあなたは心の奥でこの人に設置された1か所の小さな空間、静かにしがみつくあの美しい思い出と、最初からあなたは知っていて、あなたたちの間ではない愛情は、恋は冒涜するしかないこの感情、これは1種の友情。これは一体どうしたことなのか?あなたは多くの年を考えていたが,なかなか見当がつかない。



あなたたちは連絡して、この長い一生の中で、あなたの扉に集まった時何万に一つだけあるかも知れないが、お互いの心の中にも保留に1部の心遣い、1部の指示で、たとえ天地の果てまで彼に行って、たくさんの年を過ぎても、たとえ会う時は、すでには人非物も非ましたあなたは、そんな深い覚えてその人を、もう十分。

[ 投稿者:hisls at 00:48 | 朋友 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/85.10/a04921/0000546359.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/85.10/archives/0000546359.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら