掲示板お問い合わせランダムジャンプ

アコースティックマインド
マイプロフィール a_o_a-1cdGVuUAc.gif
2004年10月15日CD「WithTheWind...」発売。(完売)
アコギソロ・インストルメンタル CDです。
44歳でインディーズデビュー?!しました。より、2ndCD2007年海の日発売。

*約十一年間の音楽活動を通して知り合った皆様、ありがとうございました。
自主ライブ活動無期限停止。  ブログ定期更新停止。
*報告のみ更新。演奏依頼は、本名及び携帯番号をご存知の方からはお受けします。

powered by Google

http://www.faq.or.jp/index.html http://www.ypp.info/cresarabank/05_money/301.htm

2017年09月14日
覚書*マスキング
20140724-105905-39545353

覚書 
箱ごとに事情は違うし、屋外ならなおさら。ステージ上と会場で同時に自分がチェックできる訳ないじゃん。モニターはたしかに自己責任で決めて、外音は任すことになるんですが。

*ボーカリストがマイクやモニターの機能を知っていると音響家として心強いです。


PAを準備する立場から申せば、自分の声が聴こえなくても構わないと調整しているエンジニアは一人も居ません!
しかし現場ではボリュームを上げて欲しいという要求しか来ない不思議が存在します。」
そう。リハーサルで自分の声が聞こえないと、真っ先に言ってしまいがちなのが、
「声上げてください」なんです。
でも、耳がかゆくなるほどヴォーカルを上げてもらっても、解決しないときは解決しない。
・・・やはり声が出ていない・小さいと言うのは問題外とします。ただアマチュアライブを担当する事も多いので、最初からボーカリストのせいにはしません。
PAさんはモニター・システムの性能や限界を考慮しつつ、これで大丈夫だろう・・と合わせます。しかし聴こえない・・何が原因???
やはり、ある程度の声量は絶対大事。
でも、どんなに強烈な声で歌っても、聞こえない時は聞こえない。
どうしてか?
「一番の要因は「マスキング現象」。
マスキングとは何か別の要因で自分の声が邪魔されてしまう現象です。
舞台に自分一人しかいない状況で声を出せば、先ず聴こえないという人はいません。その時のバランスを0:100(要因:自分)とします。
そこへもう一名のボーカリストが加わると50:50に下がります。
4名のボーカルが居れば75:25と 1/4まで下がってしまいます。
マイクの音量(フェーダー)は一切触っていないのに、自分のマイクだけ1/4にされたように感じてしまうのがこのマスキング現象です。
この時の音量差は6dB(デービー)と覚えてください。これをミキサーのフェーダー目盛りに換算すると12dBも下がって聴こえるとなります。
まあ、、プロのボーカリストでも聴こえませ〜ん!と要求してくる状態・・
要するに「このモニターなんとかして〜!」とクレームが飛び交う最悪な状況と考えていいでしょう。」
12dbも下がって聴こえる!!!
どんなに声を出しても、音量上げてもらっても、聞こえてこない原因は、
マスキング現象にあるんですね。なるほどです。
[ 投稿者:赤猫トム at 11:25 | 音楽 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/84.84/archives/0000538711.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら