掲示板お問い合わせランダムジャンプ

アコースティックマインド
マイプロフィール a_o_a-1cdGVuUAc.gif
2004年10月15日CD「WithTheWind...」発売。(完売)
アコギソロ・インストルメンタル CDです。
44歳でインディーズデビュー?!しました。より、2ndCD2007年海の日発売。

*約十一年間の音楽活動を通して知り合った皆様、ありがとうございました。
自主ライブ活動無期限停止。  ブログ定期更新停止。
*報告のみ更新。趣味としての演奏は行ってます。

powered by Google

http://www.faq.or.jp/index.html http://www.ypp.info/cresarabank/05_money/301.htm

2009年08月11日
意外さ しかし再開
cbee140b8021bc03_o

1979年夏
自分が19歳の夏休みは「opus.1310」をマスターすることに専念していたなぁ。


それまで知らなかったオルタネイト・ベース。
そこにメロディーを入れていくのに 約一ヶ月かかった。
ギターを覚えはじめた14歳のとき、高三文化祭までの17歳のとき、
そして19〜22歳の間が一番 弾いていたでしょうね。

19歳のときは、おかげでギター演奏を覚え直した、というくらいの感覚でした。
その後ベースを一年ほどやっていたことも、音楽の組み立てを知るのには役立ちました。
ただ、すべて自己流だったことは、良かったのかどうかはわかりません。
かといって、クラシック習うつもりはなかったし。

おそらく自分の唄とギターの絶頂期は22歳の頃だった と思います。
ストロークのノリをコントロールできるようになったのが、その頃。
それまで気がつかなかった感覚を、ようやくつかめたのです。
あの頃の自分にはもう及ばないでしょう。
ただし比べれば、現在のほうが技や知識は増えているんですが。

25歳のポプコン予選終えたあとで、自分の中で、もうこれで歌いきった感があり、家庭事情や母の病気もあり、86年からは演奏中断してました。

再開したのが98年から。ライブ復活が99年秋。
「十三夜東山」は、このライブのために作ったのです。

上田や長野で歌う場所を得て、
2002年秋からアコナイト、2003年FPD初出場、2004年が初CD。
ココが二度目の絶頂期でしょうね。

「ソーラン節」を唄いはじめたのが2001年秋だったと思います。
現在の形にするのに一年位かかりましたが。

そう、ライブ活動復活してから、今年で十年です。


[ 投稿者:赤猫トム at 23:59 | アコギ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
そうですかぁ
今年で音楽活動10年
2001年秋から・・・
まさしく同じ時代を違う道で刻んでいたんですね。
2001年秋は脱サラ独立の秋でした。
そして1979年夏、オーパス1310
あの下宿から・・・
時は流れて2009年はフンガーピッキング
と言うキーワードでトムさんと再会
縁は不思議なものですねぇ
さて、これからの10年、どんな時をお互い刻むんでしょうか。
共に良い時間を過ごしたいですね。
投稿者: ササン at 2009-08-12 10:21:13
ありがとうございます
関西に行ってみたいんですけど、いつになることやら。
当分無理でしょうから。
投稿者: 赤猫トム at 2009-08-15 10:44:16

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/84.84/a11667/0000292520.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/84.84/archives/0000292520.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら