掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2007年11月27日
環2
ひさびさに神奈川に戻ってきています。仕事でチャリで環状2号を通りました。戸塚方面から新横浜をすぎ、師岡町のあたりまで。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 00:09 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月02日
事故
本郷台駅近くの道で、今朝事故があった。
大船・笠間〜(谷戸としての)小菅ヶ谷方面の通り道<新橋-第一下水処理場間>で
自動車も抜け道として利用するため交通量が多いが、一部自動車がすれ違えない区間があり、その狭いところで、男性が倒れていた。救急車が到着するところだった。
自分は、すぐ去ってしまったので、詳細は不明だが、大きめのバイクが近くに置いてあり、破片が散かっていた。いつも、我が物顔にこの道を通り抜ける車が多く、地元民などの歩行者とかちあうことも多く、常に危険にさらされている。
狭い区間が短いので、通る車も多いのかも知れないけど、どうか、通り抜けは避けてほしいと思う。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 20:05 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年10月18日
ひかれそうに
 県道、腰越大船線の山崎跨線橋から大船方面に進んだところに、県道が直角に曲がる交差点がある。山崎跨線橋から大船方面への県道は左折(優先道路)、その他、直進する道と、踏み切りを越えて右折する道がある。
 17日の朝、私は踏み切り側から大船方面に向かい右側を歩き道路を横断中に、山崎跨線橋から直進してきた車が突進してきた。直前で気がついたがどうすることもできず、ドキッとしたが、私の手前で急停止。近くにいた自転車の女性が、「危ないわね」と同情してくれた。
 その自動車は、おそらく大船方面からの自動車の流れ(優先)のみを確認し、自動車が来ないのでOKと思い直進してきたのかも知れない。雨が降っていて私も安全確認を怠ったのも原因だが、運転にはもっと責任をもってほしい。
 運転手の謝った表情が見受けられないところから、「歩行者はどけ!」という警告的な走りだとしたら、とんでもないが、そうでないことを祈る。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 17:04 | その他 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年09月15日
選挙結果
 去る9月11日、夜の8時のニュースを聞き、絶望的な思いがした。なんだか、日本全体に対して不信感を抱いたような・・・。でもそういう事実の結果なのでしょうがない。でも、インターネットで、「未成年”模擬”衆議院総選挙2005 未成年模擬選挙ブログ 」を見て、少しだけ安心した。傾向は実際の選挙に似ているが、そこまで自民に偏っていない。また「各政党別の投票理由(抜粋)」を読むと、かなり考えている。投票した20歳以上の大人がみなこのようにまともに理由を述べられるのだろうか。
 自分もまだ若いつもりだが、今後さらに若い力を期待したい。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 01:03 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年09月14日
自転車はじゃまか? <総括編>
 自動車と自転車が同じ道路を通る割にはスピード差があると、こういう問題が起きてしまう。自動車から見ると、自転車は邪魔だ。自転車がいなければスムースに通れると思われる方も多いと思う。というかそれが普通かも。でも、それだけではないと思う。
 自動車が圧倒的な数走り、たまに出くわす自転車。邪魔になるのは当然だが、それってけっこうわがままなような。もともと自動車なんてなかったんだし、限りあるエネルギーをぼんぼんつかって、おまけに排気ガスの有害ガスや二酸化炭素とかもポンポン出しちゃって。ときには一人や二人しか乗っていないのに、でかいずうたいして道を占領してる。
 それと比べたら、自転車はなんて環境にやさしく、周りの人々にやさしいか。自転車から見たら、自動車がいかに邪魔か! 自動車しか乗らない人はわかってない! 自動車がなければもっと早く危険な目にも会わず、スムースに、有害排気ガスも吸わずに走ることができるのに。自転車から見たら自動車は邪魔。お互い様なのを、もっと認識してほしい。自転車が走っていたら、必ずしも抜かさなくてもいい。自動車を運転するということは、環境や周りの人に与える影響がかなり大きいのだから、乗る前にもう少し考えてほしいです。

 もちろん自転車と歩行者との関係も同様。自転車で歩道をけちらすのは問題外。

 行政には、もっと歩行者や自転車がスムースに走行できる整備を期待します。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 00:21 | 自転車は邪魔か? | コメント(0) | トラックバック(0) ]

自転車はじゃまか?<具体例:警笛>
 警笛を鳴らす理由は、おおきく2つあるだろう。

 一つは、今から追い越すから、注意してくれてと警告。でも鳴らさなくても安全な時期を選んで抜かすのがまともな追い抜き方だと思う。

 もう一つは、邪魔だからどけ!と警告している。これは話しにならない。

 いずれにしても、通常に道路の左端を走っているだけで警笛を鳴らす行為は、自転車運転手の気持ちを考慮していないし、かえって自転車の運転ミスにつながる可能性もあるし、はたから見ても恥ずかしいし、自ら危険をな行為を開始することを警笛で知らせるのは違法だと思う。 やめて!
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 00:03 | 自転車は邪魔か? | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年09月13日
自転車はじゃまか? <自動車の反応編>
実際に自転車を抜かそうとする車の対応もさまざま。
以下の<安全>か<危険>は、近づいてくる自動車の音(察知編参照)でおおよそ区分できる。


<安全タイプ>
・対向車がなくなるまで、追い抜かない
・対向車がいないときに(いなくなってから)、自転車から距離を充分において、スピードをあげすぎずに追い抜く

<危険タイプ>
・無理に短距離で抜こうとして急加速する
・邪魔だ!と言わんばかりに・・・
 警笛(<具体例:警笛>参照)をならしたり
 すれすれを通ったり
 なかには幅寄せをくらうことも

・バス 
 どうも乗客を乗せているせいか強気な運転手が多い。バスがバス停ごとに停車すると、自転車の走行と何度もバッティングしてしまうことがある。狭い道でバスが自転車を追い越しすぐバス停。バスの後ろで待っていると排気ガスが激しいのですかさず追い越すと、また、次のバス停直前で追い抜き停車。そのバスをまた追い越す・・・なんてことも。

 自分は、「ここでバスを抜かしても、すぐに抜かされてしまい、バスに追いつくことがない」と判断した場合は追い越さない。また、「ここでバスを抜かせば、それ以上抜かされることはない」と判断できることもあり、その場合は追い越します。
 そのどちらにも当てはまらないときにバトルになることも。今、バスに追い抜かれそうだが、この先道が渋滞しているのが目に見えているとき、「抜かさないで」の意思表示でわざと中央寄りを走ることがある。するとバスの運転手さんは2人に1人くらいの高い割合で、たかが自転車ごときに敵対心を抱くのか、警笛をならして、右車線いっぱい使って追い抜こうとする。さすがに中央線より右にでて追い越しを阻止することもできないので、バスに抜かされてしまうが、こういうときは、たいてい数十秒後にはバスに追いついてしまう。
 今回は特定のバス会社を上げるのは避けますが、けっこうすれすれを通るバスもあり、あまりにもひどい場合はバス会社に連絡し、改善しなければ公表したいです。

・タクシー
 これも、けっこうシビアな追い越しをすることが多い気がする。お客を乗せているので急いでいるのか、自分の収入がかかっているから急ぐのか、自分の運転の腕に自信があるのか知らないが。
 こちらもすれすれ追い越し、追い越し後すぐの停車が目立つ。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 23:48 | 自転車は邪魔か? | コメント(0) | トラックバック(0) ]

自転車はじゃまか? <察知編>
 いつも思うことですが、自動車が当たり前のように走る中、自転車を車道に走らすと、お互いにぎくしゃくした走行になってしまいます。
 法的には自転車は車道の左側を走ることになっている。で、実際に走ると、交通量が多くて道幅が狭いところや、車道が2車線のところなど、走りにくく危険で怖いところが多い。また、自動車から見ても、スピードの差がありすぎて、抜こうとするが、同方向を向いて走っている自転車のすぐ脇を通り追い抜くのは怖い。もちろん自転車に乗っている人のほうがその何倍も怖いのだが自動車の運転手はそれほど気にしていないかも知れない。もちろんそうでない運転手もいるだろうが、両極端。

 自転車で左端を走っていて、後ろから車が近づいて来ると、警戒する。目視しなくても、音である程度の危険を察知することができる。

・エンジン音で車体が大きいトラックやバスか、あるいは乗用車かある程度判別できる。大型車が近づいていれば、それなりの対策を講じる。

・エンジン音の高低である程度スピードを察することができる。加速しているかどうかもわかる。急に加速する車は対向車が来る前に一気に追い越そうとしていたり、下手な運転手が多く、たいてい危険を伴うので注意が必要。逃げた方が得策かも知れない。

・音が急に近づいていれば高速で走っているので、注意。この場合、エンジン音よりもタイヤの音の方が大きいかも。

・改造してマフラー音が大きければ、もちろん注意。

・最近は道路の中央線に凸凹がついていて、そこを車両が走行すると音が鳴る。自動車が近づいてくるときにこの音がしたら、たいてい自転車からかなり離れてくれている。

・警笛を鳴らす車もいる。こういう車には要注意。自転車に敵対心をもっていたり、相手を思いやる気持ちが少ない。詳細は、<具体例:警笛>をご覧ください。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 23:12 | 自転車は邪魔か? | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月01日
4 笠間(笠間十字路) 工事状況
 笠間交差点の戸塚駅よりの車道の拡幅工事が、一旦完了しました。路面の表示が新しくなり、7月13日報告の写真で設置されている赤コーンはなくなりました。現状では、道幅が広がっただけで、車線数は増えていない。しかし、戸塚駅方面側からの流れで、原宿交差点方面への右折車をかわすゆとりが増えたと思われます。ただし、島状部分は狭いままなので、大船駅方面への右折は以前のまま。(調査日:7月30日)
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 20:08 | 自転車に冷遇交差点 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年07月27日
事故 気をつけて!
 昨夜23時ころ、自宅前で車が建物に衝突する事故があった。急な上り坂を上りきれないタクシーが、バックした際、狭い交差点の向かいの家(うちの向かい)の角に激突したようだ。激しい音とともに、水道が破裂した。幸いけが人はいなかったようだ。少なくとも大けがはなし。

 タクシーは、エンジンを切った状態でバックしたため、ブレーキがかかりにくかったというような、会話が少し聞こえたが、詳細不明。確かにエンジンが作動していないと、油圧がかからず、フットブレーキがあまりかからない車がある(かもしれない)。自分も過去に停車中の軽トラックを数メートル移動しようと、エンジンをかけずにギアとサイドブレーキを外したら、フットブレーキはほとんど効かず、足の力で止めたという記憶がある。落ち着いて、ギアを入れるなり(ガクンとなるだろうが)、エンジンを始動できれば、問題ないのだろうが。

 とにかく、この坂は日常的にスリップ音が聞こえるほどの急勾配。慣れない車は通行をご遠慮願いたい。
 ちなみに、被害にあった家は、私が去年の3月に引越してきて以来、2度目の災難。前回もタクシーが別の位置に激突した。
[ 投稿者:FM YAKOHAMA at 00:20 | 自転車に冷遇交差点 | コメント(0) | トラックバック(0) ]