掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2008年08月12日
json_decode っていつ使うの?
json 便利だねぇ、と実感しつつ、ふと、考えてしまった。
json_decode って、いつ使うのだろう、と。
だって、json_encode された結果を、呼び出すのはフツー Javascript だし、結局、使う場面が無いのではないか、ということなのだ。
と、ここまで考えてきたら、もう一つ、思い当たった。
fsockopen 等である。
これなら、TCP/80ポートを介して、接続して、結果を溜めた変数を json_decode で復元できる。
ただ、フツーに Javascript で書いたほうが、俄然カンタンなので、やはり、json_decode は、出番の無い関数なのだろう、との結論に達した。
[ 投稿者:あでゅさす at 15:12 | コンピュータ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
通りすがりです。
JSONってキャッシュファイルに使ったり、何かの設定の保存フォーマットとして使うと便利だと思いますよ。そのときにjson_decode使ってます。
投稿者: yoshifumi1975 at 2008-09-06 06:47:18
Re:無題
yoshifumi1975さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
そういう使い道もあるのですね。
たしかにAjaxの延長線上でしか使わないのではなく、機能として備わっているものを利用するというスタンスならば、何でもアリなわけですよね。ちょっと目からウロコでした。

自分の場合、古いタイプなので、これまでは、
require '設定ファイル.php';
とかして、その中で、
設定値=値
等とされていたのを読み込んで、利用することが多かったのですが、json形式で、

  設定値:値
}
として置けば良いわけで、それを、読み込んで、json_decode にかけるのは、たしかに楽チンですね。
今後の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
投稿者: あでゅさす at 2008-09-06 09:18:46

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/83.56/a01531/0000250538.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/83.56/archives/0000250538.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら