掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月17日
建物に不具合が出たら(マンション編)
雨漏りやサッシの建て付け不良、床の傾きなど、どんなに維持管理に気を配っても、住んでしばらく経つと、どこかに不具合が出ることがあります。住んでいる人に落ち度のない場合は、売主側がどこまで対応してくれるのかが問題になります。 買うときに注意深く点検したにもかかわらず、見つけられなかった欠陥を「隠れた瑕疵」といいます。 民法の原則では買主が瑕疵を発見してから1年以内であれば、売主に対して損害賠償や契約解除を申し入れることができることになっています。このことを「売主が瑕疵担保責任を負う」といいます。https://elh-esq.com/if-a-problem-occurs-in-the-building-apartment-version
[ 投稿者:"高齢者住宅財団の家賃債務保証制度とは、高齢者世帯 at 17:10 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.89/a05327/0000562923.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.89/archives/0000562923.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら