掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

おしらせ

エントリーナビ←過去の文章はこちらから日付、カテゴリー別にお探しできます。

※すべての文章の整理の結果、いくつかの文章を削除しました。よって欠番が生じてますがご了承ください。

現在、メキシコにいますが、定期的に文章はお届けしておりません。

※大目には見ていますが、そのときの文章とほとんど関係の無いトラバや迷惑コメントは消去しますのでご了承ください。

2017年05月25日
【普通文章】0177 メキシコから2017年5月
 大変お久しぶりです。最後の更新から3年経ちました。

 まだ、メキシコにいます。

 ていうか、メキシコ永住権取って、住んでますw。

 年1更新とか言いながら、全然更新していないじゃんって、まぁ、そうなんですけど、ちょっとこのブログについて時々考えてはいました。


 もう、10年以上前に秋田に住んでいたときに書いていた文章をブログ化し、その後、NZや豪州のワーホリや学生ビザでの滞在を書いてきました。時々旅日記も書いてきました。

 しかし、それも10年近く前のことになり、新しいものでも5年以上前のもので、ここに書いてあることはかなり古い情報にしかならず、あまり使えないことも多々あると思います

 じゃあ、どうするか。このままブログを消してしまうのも一つの方法ではありますが、昔の記録として残していきたいと思います。

 ただ、もし、他でブログを始めた場合、そちらに記事をリニューアルして移行することもありますが、本体はこのまま残します。

 一度、いろいろと読み返して整理したほうがいいかもなぁ。

 次の更新はいつになるかな?では、また。


 で、メキシコはどうなんだよ!って方。それについてもどうするか考えていますw。
[ 投稿者:未定(みてい) at 13:19 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年03月14日
【普通文章】0176 メキシコから2014年3月
おひさしぶりです。相変わらず、メキシコにいますよお。

メキシコ文章を書くほどの余裕がないので、簡単な更新を年に数回するだけにします。

しばらくぶりにブログ来て、左側のスペースなどをちょっといじりました。とくに、時計は東京を残して、すべて消しました。

さて、先日、約9年半使ったパスポートを更新してきました。NZや豪州だけでなく、このブログでも書いたいろんな海外の旅先にも、一緒に行って苦楽を共にしたパスポート。もう、ボロボロです。

今回の更新で初めてIC付のパスポートになったけど、前から言われているけど、真ん中のページにあんなのつけて使いにくくないかい?

今後、どこまで汚くなっていくかわからないけど、これから10年間つかっていくつもりです。そして、古いパスポートはお疲れ様でした。


でも、こっちの身分証明書の番号が旧番号なので、あとまだ1年以上は使われることになるんだけどねww。


[ 投稿者:未定(みてい) at 06:12 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年06月24日
【おしらせ】近況報告!
おひさしぶりです。

1年以上更新していませんでしたね。

さて、台湾から戻ってきてから行方不明になっていましたが、昨年9月からなんと、

メキシコ

に、います。


まぁ、いろいろとあってメキシコに来たわけです。

ちなみに1年に1回程度、こうやって近況報告をしてつなげていこうと考えているので、今のところブログを書く予定はありません。大旅行したら、また復活するかも。

とりあえず、過去のNZやオーストラリア、ちょっとだけ台湾に住んでいた時のこと、東南アジアや日本国内の旅行について、いろいろと読んでくれれば幸いです。

では、また来年?

[ 投稿者:未定(みてい) at 12:51 | おしらせ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年06月07日
【台湾文章】0014 台北郊外散策「平渓線」
 台湾文章は今回で最後です。高雄から台北に移動し、台北の郊外の話をします。

 台北の話はいろんなブログに書いてあるけど、台北郊外の話はあまりない。そんなわけで、いつものように(?)あまり無い話をします。今回行ったのは、台北郊外のローカル線「平渓線」。そして、台湾も鉄道旅行が人気で、集集線や阿里山鉄道といった人気のローカル線があり、「黄色い本」にも載っている。この平渓線も台湾では非常に有名なローカル路線なのだが、なぜか「黄色い本」には載っていない。集集線や阿里山鉄道といった遠くの列車に乗りにいかなくても、日帰りで簡単に行ける平渓線のほうが、いいと思うけどね。

CIMG8947
旅の出発は台北駅。ここから急行列車「莒光号」で瑞芳駅へ向かう。

CIMG8950
1時間もしないで瑞芳駅到着。平渓線に乗り換えるが出発まで時間があるので、駅の案内所で色々とパンフレットをもらった。

CIMG8951
平渓線を乗るのに必要なのが、この一日乗車券。52元。単純往復するだけで元が取れてしまう。

CIMG8954
平渓線沿線の観光地図。平渓線は瑞芳から途中までは本線を走り、分岐して菁桐駅まで行く。今回は、まず、一気に全線踏破をして菁桐駅へ向かう。

CIMG8963
平渓線入線。日本のローカル鉄道のような列車。

 平渓線は、ゆっくりと川や山を沿うように走り、どんどんと山中へと入っていく。そして、瑞芳から50分ほどで終点の菁桐駅へ到着。

CIMG8969
菁桐駅。日本統治時代からある歴史のある建物。

CIMG8972
菁桐駅前。細い路地しかないところが、ローカルっぽさを出している。

CIMG8973
幸福のポスト。Love Letterはここに。

CIMG8975
菁桐は炭鉱の村だったらしい。しかし、選挙ののぼりがうざい・・・。

CIMG8981
菁桐名物の雞捲。チキンロールといっているが、チキンではないらしい。この食堂のオバちゃんとオジちゃんは日本語が話せたので、全部日本語で注文。「昔はたくさん日本人がいた」とオジちゃん。

CIMG8982
菁桐にあった顔出し写真板。なぜか和風・・・。「昔はたくさん日本人がいた」という名ごり?


 菁桐からとなりの平渓まで歩く。ずっと線路沿いを歩いていくのだが、道路と線路の境界があいまい。そして、線路を横断しなければ行くことのできない家もある。人が少ないので、それでいいのかもしれない。

 
CIMG8990
 平渓。小さな集落で、道路も狭い。観光客はいるが、それほど多くない。

CIMG8994
 線路は「禁止行人通行(人の通行は禁止)」という看板が色々と立っているが、「禁止行犬通行」にはなっていないようだ。

CIMG8997
 平渓駅。ここから再び列車に乗り、十分駅へ向かう。

 
 十分駅は、列車の交換が行われるので、沿線では一番大きいのかもしれないような駅だが、町の規模は菁桐や平渓とあまり変わらない、いやそれ以下かもしれない。

 しかし、この十分の町では、平渓線最大の名物があるのだ。


CIMG9002
なんと、路地を列車が走る。

CIMG9003
実は、この路地、十分の町のメインストリートである。町を抜けて走る列車の写真や映像は有名で、いろんなところで紹介されている。今回、平渓線に乗りに行ったのは、これが見たかったから。


 さて、十分には大きな滝があるので、それを見に行く。実際には十分のとなりの大華駅のほうが近いらしいが、大華駅から滝へ行く道が無く、線路上をあるかなければならないので(途中、トンネルもある)、大変危険。それ以前に「禁止行人通行」なので、歩いてはいけない。

 
CIMG9016
滝へ向かう道。線路を歩いて行けないとは言うが、もはや線路と言っても過言ではない道。

CIMG9020
十分瀑布という大滝。写真ではわからないが、かなり大きい。この川が山をぐるっと回って、台北市内まで流れているとのこと。


 再び、十分へ戻る。


CIMG9027
十分では、爆竹を付けた風船(気球?)をあげると願いがかなうということで、やっている人、というかグループが多い。しかし、打ち上げ場所は線路の上。線路が貫くメインストリートだが、一応「禁止行人通行」なので、入ってはいけないはずだが・・・。誰もそんなの守っちゃいない。てか、守っていたら道の反対側にも行けない。その辺がなんとなく台湾らしい。

CIMG9032
十分→幸福という切符がここでは売られている。「十分幸福」ってことなんだけどね。他にも色々と語呂合わせた駅名の切符も売っているが、こういうのって日本にもあったような・・・。


 平渓線は、もっとゆっくり回ろうと思えば回れるのだが、見たいものが見られたので満足。
 
 こんな感じで、台湾にもいろんな見所があるって話でした。ちょっと更新しなさすぎだったなぁ・・・。
[ 投稿者:未定(みてい) at 14:59 | 台湾文章 | コメント(0) | トラックバック(0) ]