掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年05月13日
コガラ・Ⅰ
コガラ(小雀)は、本州中部以南では低山から亜高山帯の樹林に、北海道では低地から低山の針葉樹林に生息する留鳥です。頭と喉は黒く、首筋は白くてベレー帽をかぶっているように見えます。羽は、灰褐色で胸から腹は白く、脇腹はやや褐色がかっていて、雌雄同色です。昆虫や節足動物、種子や実を食べています。

コガラは、枯れ木に穴を掘り、その中に樹皮、苔などを使って皿状の巣を作ります。4〜7月に5〜9個の卵を産み、メスが抱卵し、抱卵期間は12〜15日程で、雛は約18日で巣立ちします。 私が撮影に行った時には、雄と雌が交互に一生懸命、枯れ木の中に巣作りをしていました。

コガラ
: スズメ目シジュウカラ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 体長 12.〜13cm (雀・約14cm)

コガラ1-1
コガラ (5月8日、佐久市で撮影)
コガラ1-2

コガラ1-3
枯れ木に穴を堀り巣作りするコガラ (5月8日、佐久市で撮影)

コガラ1-4
コガラが枯れ木の穴で掘った木屑を捨てに (5月8日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
コガラ
巣作りの様子に出会えたのですね!雛が巣から飛び立つ時を想像しました。愛おしいものですね。
投稿者: at 2019-05-14 15:45:58
萌さんへ
>巣作りの様子に出会えたのですね!
運良く見つけ撮影する事が出来ましたが、巣作りの邪魔をしないよう、すぐに退散しました。
投稿者: 良さん at 2019-05-14 16:55:09

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000574571.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000574571.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら