掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年01月08日
ヒドリガモ
ヒドリガモ(緋鳥鴨)は、ユーラシア大陸とアフリカの一部にかけて分布し、日本には冬鳥として飛来しています。湖沼や池、川、海岸などで水草や草の葉、茎、根、種子、海藻などを食べています。

雄は、頭が赤茶色で額がクリーム色、雌は、体全体が濃褐色の地味な色で、雄、雌とも嘴が短くて青みがかった色をしています。頭部に緋色の縁取りがあるので、ヒドリガモの名が付いたと言われています。

ヒドリガモ
: カモ目カモ科
: 体長 約49cm

ヒドリガモ1-1
ヒドリガモの雄 (12月30日、佐久市で撮影)
ヒドリガモ1-2
ヒドリガモの雌 (12月30日、佐久市で撮影)

ヒドリガモ1-3
ヒドリガモの雄(手前)と雌 (12月30日、佐久市で撮影)

ヒドリガモ1-4
ヒドリガモ (12月30日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
ヒドリガモ
雌のほうが体が少し小さく見えますね。穏やかな湖面に気持ちよさそうに泳いで見ているほうも穏やかな気分になりますネ。目もつぶらで可愛いですね。
投稿者: at 2019-01-09 10:28:45
萌さんへ
>目もつぶらで可愛いですね。
警戒心があまり強くなく、近くまで泳いで来てくれますので、可愛さが倍増します。
投稿者: 良さん at 2019-01-09 17:06:59

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000567424.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000567424.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら