掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年01月06日
トビ
トビ(鳶)は、九州以北に生息する翼と尾の長い大型の鷹で、一番身近にいる猛禽類です。体の色は、褐色と白のまだら模様、眼の周りが黒褐色で、殆ど羽ばたかず上昇気流を利用し尾羽で巧みに舵を取って滑空しています。滑空しながら餌を探し、動物の死骸やカエルやトカゲ、蛇、魚など生きている小動物を捕食しています。

トビ
: タカ目タカ科
: 体長 雄59cm 雌69cm 
: 翼長 150〜160cm 

トビ1-1
トビ (12月30日、佐久市で撮影)
トビ1-2

トビ1-3
養魚場で死んだ魚を食べるトビ (12月30日、佐久市で撮影)

トビ1-4
高い木にある巣の中に巣立ち間際のトビの幼鳥二羽 (2012年6月12日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
トビ
確かにトビが空を飛ぶ姿を思い出しますと、悠々と飛んでいるようですが、餌を探す緊張感のある飛び方と思わされますね。幼鳥の時から眼光の鋭さも感じますね。
投稿者: at 2019-01-06 20:22:01
萌さんへ
>幼鳥の時から眼光の鋭さも感じますね。
お前は何をしているのかと、私に鋭い視線を向けていますね。
投稿者: 良さん at 2019-01-07 16:59:36

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000567232.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000567232.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら