掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年10月14日
ヤマボウシの果実
今日からブログを再開します。

赤くて丸いイチゴのような実が沢山なっている木を見つけました。ヤマボウシ(山法師)の実でした。ヤマボウシは、高さ5〜10mの落葉高木で、湿った土地で良く育ちます。初夏に花弁のように見える白い総苞を4枚つけ、その中心に淡黄色で小さな20〜30個の花を咲かせます。

果実は甘酸っぱくて食べられ、生食のほか果実酒やジャムなどに利用されます。ヤマボウシの名は、中央の丸い花穂を坊主頭に、四枚の白い総苞が白い頭巾を被った山法師を連想することから、付けられました。

ヤマボウシ(山法師)
: ミズキ科 ヤマボウシ
: 北海道・本州・四国・九州・沖縄
: 落葉高木
: 樹高 5〜10m
: 花期 7〜8月

実りの秋・ヤマボウシ1-1
ヤマボウシの実 (10月6日、佐久市で撮影)
実りの秋・ヤマボウシ1-2
ヤマボウシの実 (10月6日、佐久市で撮影)

実りの秋・ヤマボウシ1-3

実りの秋・ヤマボウシ1-4
ヤマボウシの花 (5月27日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000559937.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000559937.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら