掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年10月08日
エゴノキの実
所用により、明日から暫くブログを休ませて頂きます。

エゴノキは、日本全国の雑木林で見られ、5月〜6月頃に芳香のある白い花が下向きに咲きます。果実は楕円形で大きな種子を1個含んでいて、熟すと果皮が不規則に破れて種子が露出します。

材は緻密で粘り気が強いので、彫刻や玩具、将棋の駒などに利用されています。木の名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ので、エゴノキと付きました。

エゴノキ 別名 チシャノキ(萵苣の木)、ロクロギ(轆轤木)
: 北海道・本州・四国・九州
: 落葉高木 

実りの秋・エゴノキ1-1
エゴノキの実 (10月4日、佐久市で撮影)
実りの秋・エゴノキ1-2
エゴノキの実 (10月4日、佐久市で撮影)

実りの秋・エゴノキ1-3
エゴノキの花 (6月2日、佐久市で撮影)

実りの秋・エゴノキ1-4
ヤマガラ(山雀)はエゴノキの実が大好物です (2008年11月5日、軽井沢で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
エゴノキ
犬の散歩道、雑木林なのですがこのエゴノキがあり下向きに咲く花を楽しみながら散歩しました。ヤマガラはえぐみを好んで食べている?人とは違う感覚なのでしょうね。
投稿者: at 2018-10-11 14:51:07
萌さんへ
>ヤマガラはえぐみを好んで食べている?人とは違う感覚なのでしょうね。
おっしゃる通り、ヤマガラは人間とは違った味覚を持っているのでしょうね。
投稿者: 良さん at 2018-10-14 17:14:10

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000559624.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000559624.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら