掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月07日
エゴノキ
エゴノキ(野茉莉)は、日本全国の雑木林で見られ、5月〜6月頃に芳香のある白い花が下向きに咲きます。果実は楕円形で、熟すと果皮が破れて種子が露出します。

材は、緻密で粘り気が強いので、彫刻や玩具、将棋の駒などに利用されています。また、石鹸のない時代には、若い果実を洗濯などに使用していました。木の名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐいので、エゴノキと付きました。

エゴノキ 別名 チシャノキ(萵苣の木) ロクロギ(轆轤木)
: エゴノキ科エゴノキ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 落葉高木 
: 高さ 〜10m

エゴノキ1-1
エゴノキの花 (6月2日、佐久市で撮影)
エゴノキ1-2

エゴノキ1-3
エゴノキの花 (6月2日、佐久市で撮影)

エゴノキ1-4
ヤマガラはエゴノキの実が大好物です (2008年11月5日、軽井沢町で撮影)
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
エゴノキ
鈴なりに下を向いて咲いていますが、一つ一つの花がとても可愛らしいですね。犬の散歩道(雑木林で)で白い花を地面に見つけ、ふと枝を見上げると、このエゴノキの花が沢山咲いていました。花が落ちるまで気がつきませんでしたからハッとしてとても印象に残っています。
投稿者: at 2018-06-07 21:52:46
萌さんへ
>鈴なりに下を向いて咲いていますが、一つ一つの花がとても可愛らしいですね。
おっしゃる通り、花に目を近づけて見ると、とっても可愛くて美しいですね。
投稿者: 良さん at 2018-06-08 16:08:09

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000553550.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000553550.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら