掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年04月16日
桜便り、第十便
佐久市田口にある蕃松(ばんしょう)院は、古くは明法寺といわれた曹洞宗の古刹です。天正11年(1583)に、小諸城主・松平康国が父、依田信蕃の菩提を弔うため居館(田口城)跡の現在地に移し、蕃松院と改称しました。参道の両側にある多行松(たぎょうしょう)は、根元から多数の枝が分かれ、独特の樹形をした珍しい松の木です。

蕃松院の桜1-1
蕃松院 (4月8日、佐久市で撮影)
蕃松院の桜1-3
蕃松院の山門 (4月8日、佐久市で撮影)

蕃松院の桜1-2
蕃松院の本堂 (4月8日、佐久市で撮影)

蕃松院の桜1-4
蕃松院の多行松 (4月8日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000550608.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000550608.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら