掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年04月15日
桜便り、第九便
新海三社(しんかい・さんしゃ)神社は、大きな杉の木に囲まれた山の麓にあり、佐久地方三庄三十六郷の総社です。古くから武神として武将の崇敬が厚く、源頼朝による社殿再興の碑や武田信玄の戦勝祈願の願文も残されています。東本社、中本社、西本社があり、この三つの神を奉るところから新海三社と呼ばれています。

三重塔と東本社は、室町時代の建築で、国の重要文化財に指定されています。三重塔は、お釈迦様の骨や舎利塔を安置する仏教的なものですが、明治時代の神仏分離まで神宮寺というお寺が一緒にあったため、三重搭がそのまま神社に残されています。

新海三社神社の桜1-1
新海三社神社 (4月8日、佐久市で撮影)
新海三社神社の桜1-2

新海三社神社の桜1-3
三重塔と桜 (4月8日、佐久市で撮影)

新海三社神社の桜1-4
東本社(手前正面)と三重塔 (4月8日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000550586.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000550586.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら