掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年02月04日
冬の泉洞寺
軽井沢町にある泉洞(せんとう)寺は、中山道の宿場町だった追分宿にあり、慶長3(1598)年に開基された曹洞宗の寺院です。境内の裏には頬に手をあてた半跏思惟の石仏があり、作家の堀辰雄が石仏の素朴な姿に心をひかれ朝夕に散歩したと言われています。この石仏は地元の人から歯痛地蔵と呼ばれ、親しまれています。

軽井沢町は、カーリングが盛んな町ですので、泉洞寺には氷環慈石地蔵尊(通称・カーリング地蔵)が建立されています。カーリング地蔵は、カーリングストーンの上に乗り、氷を掃くブラシを持っています。8日から始まる平昌冬季五輪に、カーリング男子代表のSC軽井沢クラブが出場(試合は14日から)しますので、今から楽しみです。

冬の泉洞寺1-1
冬の泉洞寺 (1月29日、軽井沢町で撮影)
冬の泉洞寺1-2
泉洞寺の本堂 (1月29日、軽井沢町で撮影)

冬の泉洞寺1-3
氷環慈石地蔵尊(カーリング地蔵) (1月29日、軽井沢町で撮影)

冬の泉洞寺1-4
堀辰雄が愛した半跏思惟の石仏 (1月11日、軽井沢町で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
冬の園城寺
冬のお寺シリーズ拝見しています。訪れる人も少ない静寂な冬のお寺の撮影も良いものと想像しています。梅雨のあじさいや一万本もの萩の圓城寺、
行ってみたいお寺です。
投稿者: at 2018-02-06 17:00:02
萌さんへ
>梅雨のあじさいや一万本もの萩の圓城寺、行ってみたいお寺です。
ご案内致しますので、是非、お出かけ下さい。お待ちしています。
投稿者: 良さん at 2018-02-06 17:11:20

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000546775.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000546775.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら