掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年07月28日
トマト
トマトの原産地は、南米ペルーにあるアンデス高原といわれ、野生種のトマトがメキシコに運ばれました。ヨーロッパへは16世紀にメキシコから伝わりましたが、当時は有毒植物と思われていたため観賞用で18世紀に入り、食用に改良されました。日本へは江戸時代に伝来しましたが、青臭くて真っ赤な色が敬遠され、唐柿と呼ばれて観賞に用いられていました。

トマトの名は、メキシコ湾を望むベラクルス地方のアステカ人が膨らむ果実を意味するトマトゥル、と呼んだのが始まりと言われています。トマトは、イタリアではポモドーロ(黄金のリンゴ)、フランスではポム・ダムール(愛のリンゴ)、イギリスではラブ・アップル(愛のリンゴ)と言われていますが、昔からヨーロッパでは、値打ちの高い果物や野菜をリンゴと呼ぶ習慣があったようです。

トマト
: ナス科ナス属

トマト1-1
ミニトマトの花 (7月24日、佐久市で撮影)
トマト1-2

トマト1-3

トマト1-4
ミニトマトの実 (7月24日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
ミニトマト
すずなりになったミニトマト、小さな実が可愛らしいですね。私の菜園でも毎日赤くなった実を朝取って食べています。
投稿者: at 2017-07-29 13:55:25
萌さんへ
>私の菜園でも毎日赤くなった実を朝取って食べています
ご自分で育てられた新鮮なトマトを食す、美味しさも格別ですね。
投稿者: 良さん at 2017-07-29 18:33:44

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000535800.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000535800.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら