掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月19日
シジュウカラ
シジュウカラ(四十雀)は、平地や林、市街地に生息する留鳥で、頬が白く胸から腹にかけて黒いネクタイをしたような帯があり、背中は緑がかったグレー、首の後ろに白い模様があります。植物の種子や果実、昆虫やクモなどを食べています。

樹洞や石垣の隙間にお椀型の巣を作りますが、巣箱など色々な場所でも巣を作っています。春になると縄張りを作り、単独、もしくはツガイで過ごし、それ以降は数羽から十数羽の群で行動しています。鳥の名は、シジュウカラ一羽で雀が40羽分の価値があることから付いたと言われています。

シジュウカラ
:スズメ目シジュウカラ科
:全長、約15cm

シジュウカラ1-1
水浴びをするシジュウカラ (5月12日、軽井沢で撮影)
シジュウカラ1-2

シジュウカラ1-3
水浴びをするシジュウカラ (5月12日、軽井沢で撮影)

シジュウカラ1-4
シジュウカラの母親に餌を貰っている巣立ったばかりの雛
(2007年6月1日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000531578.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000531578.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら