掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2013年07月27日
ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)は平地の池や丘陵地の湖沼に生息し、アキアカネなどの赤トンボより一回り大きなトンボで、翅の付け根が褐色、成熟した雄は全身真っ赤になり、雌は橙色をしています。

トンボの名にある猩々は、赤い髪の毛を持つ中国の想像上の霊獣で、「体は、狗(いぬ)や猿の如く、声は小児の如く、毛は長く朱紅色で、面貌人に類し、よく人語を解し、酒を好む」そうです。他に猩々の名が付いているものには、植物のショウジョウバカマ(猩々袴)やポインセチア(猩々木)、ショウジョウバエ(猩々蝿)などがあります。

ショウジョウトンボ
: トンボ目トンボ科ショウジョウトンボ属
: 北海道南部・本州・四国・九州
: 体長 41〜52mm

ショウジョウトンボ1-2
ショウジョウトンボの雄 (7月9日、佐久市で撮影)
ショウジョウトンボ1-1

ショウジョウトンボ1-3
ショウジョウトンボの雄 (7月9日、佐久市で撮影)

ショウジョウトンボ1-4
単独で打水産卵中のショウジョウトンボの雌 (2012年7月9日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
ショウジョウトンボ
何とも言えない、いい赤い色のトンボですね。
ショウジョウって名前はよく使われますね。
投稿者: トミー at 2013-07-28 08:18:21
ショウジョウトンボ
頭から尻尾まで本当に真っ赤なトンボですね。
猩々の名の由来も面白く読みました。
投稿者: at 2013-07-28 10:21:50
トミーさんへ
>何とも言えない、いい赤い色のトンボですね。
赤トンボは色々いますが、ショウジョウトンボの雄は一番赤くて美しいトンボですね。
投稿者: 良さん at 2013-07-28 15:42:11
萌さんへ
>猩々の名の由来も面白く読みました。
中国の文化や言葉が日本に伝来、日本にとって中国は切っても切れない長い歴史がありますね。
投稿者: 良さん at 2013-07-28 15:47:11

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000421051.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000421051.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら